2019-03-06

吹奏楽の楽器による性格の違い!経験者あるあるから相性をズバリ紹介

吹奏楽は基本的に「木管楽器」「金管楽器」「パーカッション」の編成です。今回は、吹奏楽の楽器と性格の「あるある」を中心に、経験者だからこその目線で語れることを、ズバリご紹介しましょう!

 

 

今回は吹奏楽の楽器全般を出来る限り網羅するため、私自身も含め、他の楽器経験者にも協力を要請。結果、思った以上に収穫を得られました。

 

人の性格が楽器の影響を受けるなんて、ちょっと普通は考えないことですよね。でも吹奏楽を体験することで眠っていた個性が「突如、目覚めた!」という「あるある」も・・・。

 

吹奏楽の楽器で悩んでいるあなたへ!「気になる楽器はあるんだけど・・・」「今の楽器との相性ってどうなの?」という気持ちに、ピリオドを打ちませんか?

 

目次から気になる楽器に、ダイレクトに飛べますので覗いてみませんか?「やっぱり、思った通り!」「イメージが変わった!」そういう些細な気づきで、不安を解消してしまいましょう!

 

個性は、もともとあなた自身の中に潜んでいるもの。それを楽器が引き出してくれるとしたら、スゴイですよね。楽器を演奏しようとしている、または演奏しているあなたはとても感性が豊かな人。

 

感性って繊細でもありつつ、時に大胆なもの。「知りたい」「興味がある」という好奇心も、楽器演奏には必要なこと。あなたの吹奏楽ライフが、より輝けるように気持ちを込めて記事にしました。

 

それでは、気になる目次から行ってみましょう!

 

 

 

ボクたちも『あるある』を語るよ!

 

 

吹奏楽の楽器と性格って、知れば知るほどハマる!から気を付けてねっ

 

スポンサーリンク

吹奏楽の楽器と性格の関係は「あるある」だった

 

 

小学校から始めたり中学校や高校で吹奏楽部に入部したり、スタート地点は違うけれど、基本的に楽器を手にした日から人生が開花する!といっても過言ではありません。

 

  • 楽器を経験すると、あらゆる感性が花開く!

 

楽器との出会いで、人の性格や印象が変わっていくこと。それはごく自然なこと。吹奏楽というアンサンブルの中で演奏するうちに、内なる変化に気づきます。

 

感性が変わった瞬間の「あるある」は以下のとおりです。

  • 隣の楽器が、聴こえるようになった
  • 曲調に、気分が左右されるようになった
  • アンサンブルの調和を、意識できるようになった

 

感性が開花すると、気になることが出てきて感情も揺さぶられるように・・・。それは、音色や音楽の「深さ」「味わい」に目覚め始めた「証」だからなんです。

  • 開花した感性は楽器の影響を受けるごとに「個性がワンランクアップ」していく

 

感性のランクアップあるあるとは、どのようなものがあるのでしょうか。

  • 隣の楽器の音程が、気になる
  • 曲調に、気分を合わせられるようになる
  • アンサンブルの調和を、意識しながら演奏する

 

開花した感性は、どんどん湧き出てきます。それらを「才能」や「能力」だと評価されることも!でも「あるある」をよく見てみると、ごく自然に「段階的な気づき」があることが分かります。

 

  • 楽器の影響が人に与える性格と個性は「無限大」

 

ランクアップと共に、楽器は確実にあなたに「アプローチ」します。性格が「変化」したり「個性」が表面化してきます。思わぬ「楽器の影響」によって、時に困惑することも?

 

以下に吹奏楽における楽器の影響が無限大となる「あるある」をご紹介しましょう。

  • 隣の楽器が、周囲の楽器に拡大していく
  • 曲調によって、喜怒哀楽の表現が可能になる
  • アンサンブルの調和のために、音の関わり方を考えるようになる

 

無限大「あるある」のすべてに、ある日「突然変異」することはありませんからご安心を。ただ感性は、残念ながら人の目で確認することができないのです。

 

感性の成長に、速度の違いがあることは大前提です。音色に感情を揺さぶられる「激動」と、楽器に心とらわれる「感動」は、常に同時進行で大きく育まれていきます。

 

 

 

最初は違和感や抵抗感があったりするけど、いつのまにか楽器に愛着が。これって『あるある』?

 

 

それって運命『あるある』だよ!出会えた楽器に感謝しないとねっ

 

スポンサーリンク

吹奏楽における「木管楽器」と性格

 

 

  • 木管楽器の大多数が構造上、音程(周波数)高めでキラキラ感がある
  • リード楽器特有の味わい深さと個性がメロディラインを奏でる
  • 木管楽器は共通して、やわらかい音色であたたかさがある

 

フルートの性格と個性

 

 

構えた時にすっと「右に伸びた腕と指」が、最右端のキーを押さえるので、全体的な構図が美しいフォルムに仕上がります。メロディーを奏でる楽器なので華やか。

 

経験者にあるあるの要素

  • アタマの回転が早く、即断できる
  • 先頭に立って、曲の流れをつくっていく勇者
  • メロディラインが多く、感性が豊か
  • 見た目が繊細で、音色にも心にも美しい華を持っている

 

見た目は「おっとり」なんですが、アタマの回転は早いタイプ。賢さというよりも「判断力」や「計算力」は確かなもの。軽やかにこなすのは、音色の影響でしょう。

 

華やかに美しい旋律を奏でるので、内面の美しさが研ぎ澄まされます。アンサンブルでは、高い音域の「ピッチ」を安定させるために試行錯誤。キラキラと演奏しつつ、実はアタマがフル回転中!

 

 

 

シルバーの楽器って指紋がすぐついちゃうし錆びやすいから、お手入れは欠かせなかったよ!

 

 

どうりで・・・。キラキラしてたわけだ~!

 

 

大会の時他の学校も同じだったから、フルート『あるある』じゃない?

 

向いている性格

  • 常に楽器はピカピカ「キレイ好きな人」
  • 高音域で、こまかいパッセージをこなす「デキル人」
  • 話かけやすい雰囲気の「おっとり系の人」

 

オーボエの性格と個性

 

 

木管楽器の中でもギネス級に音を出すこと自体が、とても難しい楽器です。独特な「癒し系」の音色は、ソロパートを演奏することも珍しくありません。

 

音が簡単に出ないのは、特殊なリード(ダブルリード)や楽器の構造が影響しています。「演奏できる」ところまで到達すれば、誰もが感動するソロプレーヤーになれます。

 

経験者にあるあるの要素

  • 基本、一定型の努力タイプ
  • 音色が独特なせいか、個性的なタイプが多い
  • 演奏への取り組みが「ひたむき」で、それが逆にチャーミング
  • お手製リードを作る「職人技」を習得している

 

先輩がソロ演奏すると、上手でステキだったことを思い出しました。後輩のWさんが音出しに苦戦していたので、やっぱり「高難度」楽器なんだと痛感したものです。

 

曲の第一音が出ない!となった時、焦って緊張するしで大変だったと思います。落ち込んだと思ったら翌日にはケロっとしていて、ほんと憎めないキャラって感じ。

 

音量とピッチの安定が常に課題だったイメージが、今でも印象に残っています。特徴ある音色なので、ソロの曲では美しい音色を保ちつつ、抑揚ある旋律を求められます。

 

 

 

いつも冗談ばっかり言うタイプだったし、失敗しても打たれ強いというか・・・。なんか不思議ちゃんキャラ?

 

 

あの度胸はすごいって!不思議系の個性持ってないと絶対務まんないし、それってオーボエ『あるある』だって!

 

※オーボエならではのソロの魅力は「吹奏楽」にとって重要度がとっても高いポジションにあるんです。役割について下記のリンクで詳しくご説明しています。

 吹奏楽でのオーボエの役割って?ソロも最高でアンサンブルに大貢献!

 

 向いている性格

  • 努力の人は、音色に対して「真剣勝負できる人」
  • 音色が独特なので「個性的でチャーミングな人」
  • 高難度楽器と向き合う「チャレンジャーな人」

 

クラリネットの性格と個性

 

 

特徴的な音色は、木管ならではの温かみのほかに「深み」も「味わい」もあります。音色は全体的に軽く、低音部も独特です。強弱が加わると、温かみや深い味わいがさらに個性的!

 

低音域から順に、バスクラリネット・アルトクラリネット・ベークラリネット・エスクラリネット。一般的によく見かけるのが、ベー管のクラリネットです。

 

経験者にあるあるの要素

  • 大所帯なので、協調性タイプが多い
  • 人数が多いので、取りまとめるリーダーは「しっかり者」に引き継がれている
  • 音色の味わい深さのせいか噛めば噛むほど的な、おいしいキャラがいる
  • 大所帯で鍛えられるので、コミュニケーション力は高め

 

かなりの大所帯です。パートの中でも、低音域のバスクラから高音域のエスクラまでバリエーション豊か。パート練習だけでも、かなりの音の厚みと迫力です。

 

注目すべきはパートリーダーです。毎年、確実にしっかり者が選ばれて引き継がれていました。高音域のエスクラが参加すると、急激に華やかになるのも特徴的。

 

 

 

大所帯『あるある』だと思うんだけど、譜面が1番から5番くらいまであったりでもう大変だった!

 

 

ピッチの問題はさておき・・・(笑)。チームワークはとても良い感じに見えたよ~

 

※クラリネットは大所帯でもありつつパートごとに役割があります。下記のリンクにて詳しく以下にまとめました。

 吹奏楽におけるクラリネットの役割!全体とパートごとにまとめたよ

 

 向いている性格

  • 大所帯をまとめる「リーダー的要素を持つ人」
  • いろんなタイプがいるので「協調性ある人」
  • 大所帯の誰とでも「打ち解けられる人」
  • 音色に近い「味わい深い人」

 

ファゴットの性格と個性

 

 

オーボエと同じく2枚のリードで音色を奏でます。2枚のリードというだけで、もう職人技だと思ってしまいます。実際の音色は、落ち着きがあるのにどこか愉快。

 

音程が低めということもあって、少しコツコツ感のある「歯切れのよい」音色が魅力的ですが、奏者はどうでしょう。楽器のイメージ通り個性の人なんでしょうか。

 

経験者にあるあるの要素

  • 少しあわてんぼうさんタイプ
  • 落ち着きが無いと思われている
  • 音が軽快なので、いつも楽しんでいるキャラ
  • 楽器もめずらしく1人でも貴重な存在

 

いつも、なぜか慌てているイメージが定着していた「個性派キャラ」のSさん。音色も個性的で「スタッカート」のイメージが強く、目が合えばニコニコっと陽気でした。

 

おまけにスキップがうまい!定期演奏会のステップも、楽器の長さに負けじと張り切っていたのを思い出して、思わず笑ってしまうんですけど。とにかく明るくって何気に天然系?

 

 

 

クラパートとの練習が『あるある』じゃない?確か・・・

 

 

そうだったね。よくバスクラと一緒にいるのを見かけたよ

 

 

うん、ちょっと目を離すといないってことは、あったけどね・・・

 

 向いている性格

  • 音が愉快なので、いつも「楽しく明るい人」
  • ちょっと変わってても、音色と同じ「個性のある人」
  • この音色があるとないでは大違い「合いの手が上手な人」

 

サックスの性格と個性

 

 

クラリネットの次に、音域の広さがある楽器が勢ぞろいしていること。低音域のバリトンからテナー・アルト・ソプラノまで、ほぼ全域の音程を網羅しています。

 

アルトサックスが中心で、基本的にとても演奏しやすい楽器です。少しのコツさえつかめば、音色のコントロールは「歌う人」を超えるくらいの「表現力」があるのがすごいところ。

 

経験者にあるあるの要素

  • どんな曲でも、目立つ金管系の木管タイプ
  • 自在に音を操れるので、自己主張してしまう
  • つい、譜面をアレンジしてしまう場合がある
  • 吹奏楽の中では、表現力がずば抜けている

 

定期演奏会が毎年あって、第一部はコンクールの課題曲を含めた超定番クラシックで、第二部はポップスやビッグバンド系の曲で構成されていました。

 

第二部の時は、顧問の先生公認で多少のおふざけはGO!というわけで、ソロという名の「スタンドプレー」がほぼ全楽器パートに、まんべんなく与えらるんですが・・・。

 

本番の時、リハには無かったまさかの暴走が・・・。合わせるパーカッションも必死?リハを知らないお客さんが十分に楽しめたワケは、暴走くんが超絶上手かったからです。

 

時間の関係でスタンドプレーができなかった「とある」パートメンバーは激怒したとか・・・。止められなかったパートリーダーのKさんは「お詫び行脚」に。

 

 

 

これは『あるある』問題でしょ~。完全に独走してた!あ、もとい「独奏」?(笑)

 

 

言わないで!今や黒い伝説とさえ言われてるの!

 

 

ノリノリだったよ~!楽しければ結果オーライじゃない?

 

 向いている性格

  • 楽器の音色が、自由自在なので「自他ともに認める自信家の人」
  • 楽器に、表現力があるから「自己主張したい人」
  • 楽器の性質上、リンクしやすい「個性と自己陶酔力がある人」

スポンサーリンク

 

吹奏楽における「金管楽器」と性格

 

 

  • 金属製のマウスピースが基本
  • 基本的にくちびるの振動で音色を奏でる
  • とにかく音が大きいこと
  • ベルが大きい楽器ほど低音域で響く

 

トランペットの性格と個性

 

 

金管楽器の中でも、旋律の美しさとパキっとした流れを作るのが得意な楽器です。楽器名が曲名になるくらい超スタンダード。お子様用「プラ製ラッパ」もあって、誰もが親しめます。

 

こじんまりとした楽器からは、信じられないくらい大きな音が。耳をつんざく勢いとパーンと弾かれたような音。そして、ものすごく遠くまで届く透き通った音色が特徴。

 

経験者にあるあるの要素

  • サバサバしていて、打ち解けやすい
  • 慌てるのが得意
  • 言いたいことをはっきり言う
  • 白黒ハッキリする
  • リアクションが、わかりやすい

 

打ち解けやすいのは、楽器と同じく透明感のある癒し系「キャラ」が必ず存在したから。当時Rくんは「アイドル的」存在感を、いかんなく発揮していました。

 

Rくんの場合、ジョークもわかるし演奏もうまい。それにマスコット的キャラクターだと言っても過言ではないでしょう。今に例えるなら、ゆるキャラ系。

 

 

 

悩みとか全然ない感じだし~

 

 

ちょっ!なんか恨みでもあるわけ?

 

 

ないわよ!ちょっと羨ましいだけよ、いつも清々しい顔しちゃって

 

 

なんだよー、っもう!(と言いつつ嬉しい)

 

※マスコット的存在のトランペットの魅力はパートの役割からも見えてきます。詳しくは下記リンクよりご覧くださいませ。

 吹奏楽はトランペットの役割はソロだけじゃない!各パートで真相解明

 

向いている人

  • 打ち解けやすい「気取らない人」
  • 透明感ある音色、そのもの「少年の心を忘れない人」
  • 目立つ音で、曲を明るくできる「明朗快活な人」

 

ホルンの性格と個性

 

 

金属の管が丸くて「コロン」としたフォルムが魅力的です。マウスピースは金属製でとても細いタイプ。金管楽器で一番難しいと言われている楽器で、ギネスにも認定されるほど。

 

控えめに後ろ向きになったベルからは、なんとも言えない「馴染み系」かつ「癒し系」のフンワリとした音が・・・。木管楽器とも相性が良くて、調和するために存在するようなステキな楽器なんですね。

 

経験者にあるあるの要素

  • 知的でインテリ系なタイプ 
  • 物静かで、かつ寡黙
  • 馴染むので違和感がない

 

アンサンブルの度に思うことは、その独特な音色。木管との掛け合いでも、馴染み感が半端ないことです。先輩は確かにインテリ系で超真面目。

 

音色が普段のアンサンブルに完全に馴染んでいるので、安心していると・・・。「グリッサンド奏法」で突如目立つ時は、逆に新鮮で楽器の概念を覆します。

 

 

 

たしか、アフリカンシンフォニーだったっけ?「突然変異」するヤツ!

 

 

あ!わかった~、アレだ!パオーンってヤツだ

 

 

グリッサンドか~、あれ超気持ちいいんだ!

 

 向いている性格

  • インテリ系楽器同様「知的な人」
  • 人知れず超高度楽器に挑む「寡黙で努力な人」
  • 音色が馴染むので「違和感を感じさせない人」

 

トロンボーンの性格と個性

 

 

金管楽器の中で古典的要素、つまり歴史的な原型をとどめている楽器といえばコレ。ベルよりも長いスライド管は、構えると中低音の音色のカッコよさと相まってステキな楽器。

 

ほぼ「耳で聴き分ける」という奏法。「音感」を鍛えることで演奏していて、マウスピースとスライド管に付属的なキーは飾り?と聞きたくなるほど。駆使しているのは「耳の音感」というスゴ技!

 

経験者にあるあるの要素

  • 言うことも行動もしっかり 
  • 少々のことでは動じない

 

尊敬できる点は、やはり耳のチカラ!練習中は、とにかくちょっとしたミスも見逃さないですし、的確に指摘されます。しかもすべて正しいことなので、文句のつけようが無い・・・。

 

コンマスと言えば、いつでも神経質でカリカリしているイメージがあるんですが、コンマスがCくんだった時は怖くないし穏やか。やる気を引き出すのが上手でしたね。

 

 

 

そっか、今更だけど納得。耳が超イイって『あるある』だったのね!

 

 

どうりで・・・、音感鍛える楽器ってだけあるわ~

 

※耳のチカラが発揮できるトロンボーンの役割については下記のリンクにてご紹介しています。

 吹奏楽でトロンボーンの役割は低音域のリーダー的ポジションだった!

 

向いている性格

  • 楽器が古典的なので「しっかり者で動じない人」
  • 耳で聴いて音作り「天性のカラオケ好きな人」
  • 音色の特徴どおりの「ほんわか系で天然な人」

 

ユーフォニアムの性格と個性

 

 

チューバよりひと周り小さな楽器です。吹奏楽やマーチングバンドなどで無くてはならない存在!金属製のマウスピースも程よい大きさで、男女問わず振り分けが行われる楽器です。

 

オールマイティになんでもこなせる楽器だということは、ご存じですか?主役はトランペットだけじゃない!リズムや伴奏だけじゃない!旋律と甘い音色の感覚に「超衝撃」。

 

経験者にあるあるの要素

  • 個性キャラ
  • サポートタイプ

 

確かに個性派だったかな・・・と記憶しています。譜面も一定のリズムにとどまらず、メロディラインを奏でるのは魅力的です。オールマイティなので、当然サポートも得意。

 

 

 

先輩が「超絶技巧」してたのを目撃したことがあって・・・

 

 

ええ!どうだった?

 

 

アーティキュレーションのすごさに絶句した!

 

向いている性格

  • メロディからバッキングまでこなす「根っから真面目な人」
  • 音色の特徴から「空気感のある天然系の人」
  • オールマイティな譜面に対応できる「マイペースな人」

 

チューバの性格と個性

 

 

金管楽器の中で一番目立つその大きさに、すれ違う人も二度見してしまうような「ずっしり感」たっぷりの楽器です。マウスピースも大きく楽器も大きいので、深く地響きのような音が魅力。

 

大きなベルを持つ「チューバ」は楽器自体が迫力ですが、音の迫力は「低音好き」にはたまらないです。車に低音スピーカー(ウーファー)を設置する人にもオススメ。

 

経験者にあるあるの要素

  • 懐が大きい
  • 細かいことを気にしない
  • サバサバしている
  • 内に秘めているものがある
  • エネルギーが半端ない

 

懐の大きさイコール「音色の深さ」という公式が成り立つイメージです。細かいことを気にしないのは、楽器の大きさに比例するのでしょうか。音の響きも演奏する姿もステキです。

 

 

 

今だから言うけど、先輩カッコよかったよね!

 

 

うんうん!低音&リズムの曲『あるある』でシビレまくり~

 

 向いている性格

  • 楽器の大きさと同様に「どっしり頼れる人」
  • 縁の下の力持ち的な譜面をこなせる「サバサバ系な人」
  • 音の大きさでアンサンブルを支える「エネルギーを持つ人」

 

コントラバスの性格と個性

 

 

吹奏楽では「金管楽器に分類」されるんです。もともと低い音域をカバーするために、コントラバスが起用されていました。現在もバンドスコアにコントラバスラインがあるのは、その存在意義です。

 

唯一の弦楽器であり金管楽器のような「大音量」で勝負するのではなく、弦楽器ならではの独特な響きで「渋すぎる低音域」を演奏します。特に注目したい点は「ピチカート奏法」。

 

経験者にあるあるの要素

  • いつも誰にでも、とっても優しい
  • 背が高い人が多い傾向にある
  • お先にどうぞ的思考の持ち主
  • もめ事の仲介役になることがある

 

楽器の特性上、身長が高くて腕が長いと演奏にとても有利です。憧れの先輩が「モデル体型」でした。性格も良くて見た目も完璧な先輩に「秘訣」を聞いてみたかった・・・。

 

面倒見が良いのは性格のせいなのか・・・。パート間の対立の時には、ピリピリムードの中に堂々と仲裁に入って、瞬く間に穏やかな空気感に変えてしまうんです。

 

 

 

実は、その先輩は魔法使いでした~

 

 

美しすぎる魔法使いって・・・。ちょっと、映画の見過ぎよ!

 

向いている性格

  • 弦をひき、はじく二刀流「優しさと冷静さを持つ人」
  • 楽器の特性上、背が高く「落ち着きのある人」
  • 低音楽器をカバーする役割から「頼れる存在の人」

 

吹奏楽における「パーカッション」と性格

 

 

  • とにかくリズム感
  • シンバルなど肝心な時の一発勝負にかけている
  • とにかく音が出るものは、すべて楽器扱い
  • ドラムでリズム、マリンバで旋律などオールマイティ

 

パーカッションの性格と個性

 

 

基本的に、管楽器の後側にズラリと並んでいるのは打楽器たち。パーカッションを経験するとわかることは「叩けるもの」「音が出るもの」はすべて楽器!として考えている点です。

 

経験者にあるあるの要素

  • ハキハキしている
  • とにかく元気!
  • すばやく動ける
  • 超活動家タイプ!

 

忍者級の横移動は、活発なイメージにつながります。叩くだけでなく掛け声も担当するので、基本的にパート全体が明るい!毎日繰り返す練習で、疲れ切っていてもハキハキしている・・・。

 

 

 

いつでも元気って『あるある』じゃない?一体どこにエネルギーためてるの?

 

 

元気のモトはね、みんなからもらってる~

 

 

うわ~、元気のモトが吸われていく~

 

 向いている性格

  • 多種類に対応できる「冷静かつ素早い動作ができる人」
  • 広いスペースを自由自在に動ける「活動的な人」
  • リズムの主導権を握る「責任感と明るさを持つ人」

 

まとめ  

 

  • 楽器の徳塗油には性格に影響するほどの「あるある」があった
  • 楽器の魅力や相性はアンサンブルで段階的に気づいていく
  • 楽器の魅力は、そのまま性格に影響しあっている
  • 影響を受けるのは楽器の「特性」や「特徴」にポイントがある
  • 正確は楽器の性質に対応して似ていく

 

「新しい音の世界」は見えてきそうですか?吹奏楽とは、その文字のとおり「吹いて」「奏でて」「楽しい」ものです。純粋に吹奏楽ライフを満喫しよう!と思い立ったあなたへ・・・。

 

アンサンブルの一体感に「感動する日」と出会えることを願ってやみません。この記事が、お役に立てましたら幸いです。

スポンサーリンク