2018-10-24

職場で突然無視された時の対処法!嫌なヤツはあなたより深い闇の中

頑張って働いているのに「報告」だってキチンとしてるのに「無視」されたら本当にツラいですね。意味も分からず「どうして?」なんて思ったりして悩んでしまいます。

 

 

新人のころステキでとても親切だった先輩が半年くらい経ったころから「なんだか冷たい・・・」勘違い?なんておもっていたらデキる後輩は「徹底的」に攻撃する人で・・・。

 

まさか尊敬していた先輩が周囲を巻き込ん突然始まる「無視」という壁!もうウワサは広がるばかりで仕事のモチベーションが急降下!「無視」の壁でココロはズタズタでもう泣きそうになります。

 

「無視」という汚い手口のウラには「相手側に問題」があるんです。しかも相手は「異常なほど『不安』」になっているという実態を、ご存じでしたか?無視された側は悪くないんです!

 

突然「無視」された時はどうしたら良いのでしょう。実は考え方の角度をちょっと「変えてみる」ことや意識の方向転換」だけで案外スッキリしてしまうことがあるんです。

 

今回はツライ状況から一刻も早く抜け出す秘訣を考えていきましょう。

 

スポンサーリンク

職場での無視!遭遇した時に仕事への影響度合いとは?

 

 

「職場」という限られた空間での「無視との遭遇」ほどショックなことはありません。何がどうなったのか衝撃が大きすぎて困ってしまいます。仕事にはどのような影響があるのでしょうか?

 

仕事がスケジュール通りにすすまない可能性

 

仕事上では基本的にコミュニケーションが必要です。所属する部署にもよりますが独走態勢で仕事を進めることはとても難しいことでしょう。特に決裁が必要なのにもらえないという事態が。

 

肝心な場面で先輩や上司からの無視は仕事に影響します。仕事が滞ってしまい最終的にあなたが追い込まれてしまうかもしれません。なんとか防ぎたいものです。

 

職場の雰囲気が変わり、暗くなること

 

あなたが「気にしていない」と思っていても実は「無視される」ことで受けるストレスはかなり大きいんです。気が付かないうちにココロがズタボロになっていたなんてことも。

 

職場の雰囲気は職場の人「全員」で作り上げているもの。そんな中ひとり・・・ふたり・・・と「ストレス」を感じるようになるとどうなっていくのでしょうか?

 

不思議な「伝染現象」がおこることがあるんです。すこしずつジワジワと広がっていく伝染現象は「職場の雰囲気」もまるごと飲み込んでしまいます。あっという間に広がっていくんです。

 

人間関係にはすでに亀裂が生じてしまって職場での居心地がとても悪くなってしまうことも・・・。誰が発端なのか分からないままなんだか暗い職場に変貌してしまいます。

 

スポンサーリンク

あの人はなぜ、突然無視するの?

 

 

きっと何か「理由」があるはずです。ここで「あの人が無視する理由」の可能性としていくつかポイントを挙げてみましょう。

 

  • 話す価値がないから
  • あなたの存在を認めていない、透明人間だと思っているから
  • あなたの仕事の進め方に不満があるから
  • 黙って仕事をしているだけだから
  • イライラしているから
  • 仕事が出来過ぎるあなたに嫉妬しているから

 

ここで注目すべき点は「嫉妬」です。人は時々自分自身が到底持つことができない「憧れ」や「ステキ」だと思うことの存在を知ります。その事実を認められないから「ステキ」だと言えないんです。

 

意外に多い嫉妬

 

仕事ができる事自体とても良いことなんです。でもあくまでもその場所は「職場」なんです。余計な感情を呼び起こすようなことはできれば避けたいもの。

 

あなたのことを透明人間だと思って「無視」しているなら相手のことも透明人間だと思ってしまいましょう。「嫉妬」しているから認めたくないんです。少し目線が変わりませんか?

 

あなたの仕事の進め方に明らかな問題があるならアドバイスしてもらえるよう「会話」を試みましょう。ただし無理は禁物です。相手の神経をムダに「逆なで」する必要もありませんから。

 

「無視」の状況を見かねてこっそり声掛けしてくれる人だっているはずです。「中立的立場」を好んで貫く人だって必ず存在するものです。いっそのこと受け身になってみるのも方法です。

 

単なる仕事ができないと「言いふらしたいだけ」「見下したいだけ」という場合もあるので少し慎重になりたいところ。少し周りの様子を観察してみましょう。

 

寡黙を貫くか、話しかけるのか

 

「無視」そのものよりもただ黙って「もくもくと仕事をする」ということを貫いている人ビジネスライクが当たり前だと考える人もいるものなんです。そっとしておきましょう。

 

イライラの「原因」があなたである場合もし心当たりがあったら説明する機会を伺いましょう。「誤解」があるのかもしれませんし話し合うチャンスを狙って声をかけてみましょう。

 

仲良しだったのに無視された?

 

 

相手側に「何かのきっかけ」で「怒りの気持ち」が沸いてしまったのかもしれません。そして怒りはそのまま「しこり」となってココロにとどまっているのかもしれません。

 

もしあなたにとって仕事上とても大切な人だとしたら解決する方法を模索してみましょう。根気強く時間をかけながら「解決」に向かっていくしかないでしょう。

 

ただし「一生仲良し」というくらいの存在なのかどうかを今一度考えてみる必要はあります。生涯の友はそう簡単に見つかるものでもありませんし逆を言えば相応の相手ではなかったのかもしれません。

 

代替案を考えてみる

 

会社の組織の中を見直して仕事上「代替可能か」どうかを考えることも必要な場合もあるでしょう。代替とはつまり「代行できるポジション」にいる担当者のことです。

 

代替の存在によってあえて勤務時間を「無駄」にしなくても良い場合もあります。「ご縁もここまで!」と思ったらさっさとビジネスライクに切り替えてしまいましょう。

 

知りあい程度の人に無視された場合

 

知り合い程度の人に無視されるというシュチュエーションにおいて考えられる人物像をご紹介しましょう。

 

  • 極度の人見知りな性格だった場合
  • そもそも人間関係どころか、人を信じていない場合

 

この場合「あなた」ではなく「相手」の問題でありそもそも悩む必要さえないんです。無理な「親切心」から関わろうとしてしまうと逆に「ストレス」が増幅してしまうかもしれません。

 

要注意人物だと記憶しておきましょう。相手の都合に合わせる必要もありません。ここは黙って「スルー」してあげるのも配慮であり優しさだと考えるのが正解でしょう。

 

スポンサーリンク

職場の人に無視されたときの対処法

 

 

何かのキッカケで誤解されたままなのかもしれません。そう思ったときはまずは「いつも通り」にすることが大切です。いつか相手に伝わると信じて必要になったとき話しかけてみましょう。

 

基本マナーの挨拶から

 

原因に心当たりがない場合は気にせず「挨拶」を続けてみましょう。時間が解決してくれる場合もあります。どうしても仕事に支障が出てしまう時はビジネスライクで話しかけるのが良いでしょう。

 

仕事の話のついでに「無視された理由」を聞いてみるのもひとつの方法です。「ついでに」と言っても、なかなか難しいかもしれませんから無理はしないようにしましょう。

 

相談する・仲介してもらう

 

仕事に影響が出るけれど面と向かって直接なんて「無理」と思うのも仕方のないことです。ツラい思いをしているのに「なぜ?私だけ」なんて思ってしまうかもしれません。

 

違和感や抵抗感がある場合思い切って「他力本願」なことをしてみるのも方法です。だいいち「困った時」「悩んだ時」こそ上司や先輩の「力量」が試されるんです。

 

職場にはいろんなタイプの人が存在する場所なんです。だからこそ組織の「上下関係」をぜひ有効活用してみましょう。信頼できる「同僚」がいれば一度相談してみるのも良いことです。

 

職場の人間関係を、少しラクにするために

 

 

あなた自身が業務上のミスをしていないかどうか振り返ることも大切です。あなた側にミスがあったり業務や仕事上で「影響」が及んでしまう可能性がないか確認しましょう。

 

万が一の確率だとしても仕事は基本的に「ダブルチェック」が大切です。あなた自身に仕事上本当に「ミス」はなかったのか今一度「原因」について考えてみましょう。

 

働きやすさを意識する

 

ビジネスマナーだと割り切って挨拶を一定期間続けてみること。なによりあなたが選んだ職場だからなんです。あなた自身が働きやすい環境にしようという気持ちになることも大切です。

 

ただし相手の顔色をうかがうばかり・・・ということにならないように注意しましょう。肩の力を抜いてみると「案外気にするほどのことも無かった」ということに気づくかもしれません。

 

お悩みのあながにはコチラの実体験記事もオススメです。 ⇒ 職場でしんどい、限界だと思ったら逃げよう!体験してわかったこと

 

職場の人間関係が過酷な場合、転職を考えてみる?

 

 

上司や先輩に相談してみたけれど結局「うやむや」にされてしまったという場合はどうすればよいでしょう。代々先輩から後輩へ引き継がれている悪い習慣があるかもしれません。

 

そういった場合は職場環境に「馴染めるのか」「馴染むまで努力できるのか」ということをよく考えてみましょう。悪い習慣にも良しあしがあります。悪いと思っていた社風と相性が良い場合もあるからです。

 

ただもしもあなたの「常識の範囲」を越えていたらストレスが蓄積されていく可能性があります。理解しがたい事実が判明してきた場合一度立ち止まって考えてみましょう。

 

退職や転職をお考えの場合こちらの記事もご覧ください。 ⇒ 職場の「いじめ」で退職したいと言う前に!一度考えたいこととは?

 

転職を視野に

 

良い意味で「転職」という手段だってあることを忘れないようにしましょう。無理に馴染む必要もないですし職場は「今ここにある場所だけ」ということもありません。

 

転職先で今までの経験が認められるような会社だと給料のベースアップも望めます。「資格取得制度」「報奨金」などあなたの得意分野にチャレンジする機会もあると考えてみましょう。

 

希望する職種や業種を調べる

 

人材不足と言われている昨今です。あなたが原因不明の「無視」に苦悩している間にできることは沢山あるはずです。人生の働き盛りの時間には限りがありますから少しでも無駄を省いてしまいましょう。

 

休日にあなたの希望する職種や業種など他社について下調べをしてみましょう。時には良い気分転換になるでしょう。ただし人間関係だけに期待を抱くのは、やめましょう。

 

どこにたどり着いたとしても結局「職場環境は人がつくるもの」ですから変わらない可能性だってあるんです。会社という「組織」に所属する以上は常に人が存在し続けることは覚えておきたいものです。

 

まとめ

 

職場で起こる「無視」されたという事態を「ケースごとに対処法」を考えてみました。ある日突然「わけもわからず」無視されてしまったら誰だってビックリします。

 

  • 突然無視されるのには、相手側に理由がある
  • 業務が滞らないように、代替え案を検討してみる
  • 理由が分からない間、ビジネスライクと挨拶は忘れずに
  • 相談できる人を、見つける
  • 職場環境を観察しながら、働きやすさを考えてみる
  • 転職を考えて、気持ちを切り替える方法もある

 

誰だってツラい思いをするはずです。でも無視をした側から少し角度を変えてみてみるとそのウラには「嫉妬」や「憧れ」「羨ましい」という気持ちがあることがわかってきます。

 

無視してくるなんて嫌な人!と思うのも事実ですが実は嫌な人ほど「大きくて深い闇」をかかえていて嫌な人にならざるを得ない理由があるのかもしれないということも推測できます。

 

嫌だけれど本当は「かわいそうな人」だという風に考えると心底憎めないとも考えられませんでしょうか?「無視」するのには何かワケがあるんです。

 

あなたは悪くない!

 

あなたは決して悪くないんです。あなた自身に明確な心当たりが無い以上は。なぜあなたが悪くないのか理由をいくつか挙げてみましょう。

 

  • あなたは、ただ一生懸命に仕事をしているだけ
  • 先輩や上司を上回る「仕事術」を知っているだけ
  • あなたは、働きやすい環境を求めているだけ

 

「悩みつくして」ここまで読んでくださったということからあなたは無視された「原因」を探し求めているのではないでしょうか?それもあなた自身の保身のためではなく会社のことまで考えている・・・。

 

業務に支障がでたらという心配までしているあなたに無視されるような要素がどこにあるのでしょう。「すぐに立ち直って!」「元気を取り戻して!」なんてことは言いません。

 

「ゆっくり」で良いと思うんです。あなたが職場環境や周囲のことに「配慮できる」素晴らしい人材であることは間違いないのですから「少しずつ」自信を取り戻しましょう。

 

いつか「自然な笑顔」になれる日がくると信じています。この記事がお悩みのあなたに少しでもお役にたてれば幸いです。

スポンサーリンク