2018-12-07

食品・洗剤のストックしてます?在庫を持たないシンプル生活!

食品や洗剤などの日用品、ストックがないと不安になりませんか?我が家は在庫が無いと不安だらけでした。毎日使うものだからお出かけついでに「つい」買ってしまう。

大家族でもないのに「大容量が安い!」に飛びつきます。まだ家のどこかにストックがあったかな?この「あったかな?」と思うのはお値打ち品を見つけた時についつぶやいてしまうんです。

帰宅してからシンクの下を確認すると、まああるんですけど。だいたいまだストックがあるというのに買ってしまうという悪循環。実は無くなってから買うという発想がなかったんです。

発想がなかったからこそ起こるべくして起こった奇怪ともいえる現象が。とうとうシンク下がストックで溢れかえる事態に!使う頻度をはるかに超えてしまったノンフィクションなお話。

スポンサーリンク

食品や洗剤の詰め替えって便利

近年メーカーの企業努力でエコロジーが進化しています。どんな商品もスリム化やコンパクト化、濃縮化!すごいですよね。いつも買っている洗剤がある日リニューアル!

「ほー!こんなにコンパクトになって・・・」

「濃縮タイプなのに、こんなに安い!」

デザインにも工夫があったり魅力的に見えます。ストックが増えてしまう原因のひとつです。便利!って思うとついカゴに入れてしまう。

「お徳用!詰め替え」という文字弱すぎるんです。本体じゃないからお値打ちって思うんです。カラクリにはうすうす気づいているんです。

毎週同じ商品がお値打ち価格の定番!目玉商品の常連!いえ、わかってるんですけどね。「おひとり様、1パック限り!」ん?なんですって。

じゃあ買わないとってなるんです。本当はストックって要らないんですよね。ほとんどの消耗品に関して使用する分量を把握していませんでした。

生活の実用品

実用品は読んでそのままの意味です。実用的な品物ですから使うために存在すること。案外忘れてるって気づきました。必要な分だけ生活に困らない分だけあればいいんです。

使うということ

毎日使うからこそ無くなったらどうしようって不安です。使うために消耗品は存在するんだから当たりまえ!当たり前のことさえも見失うことってあるんです。

大事に取り置きしておくためのコレクションでもないこと、わかってるつもりなんですけど。使うために消耗品は存在するだってこと忘れないようにしたい。

スポンサーリンク

ストックする必要性って?

食品のストックの場合非常食の缶詰とかインスタントだったりお水もそうですよね。必要性を考えてみると災害の季節になった時慌てて買いに行くと大変!

売り切れって状態に遭遇することが。だからこそその時からちょっとずつ買って保存するというクセがついたのかも。洗剤のストックの場合はいずれ使うから。

必要性から考えるとシンプルに安いから買ってしまうというクセ。そんな時どうにかならないのだろうか。シンプルに考えるとちょっとムダなモノって多いかもしれません

。ムダの基準ってどのラインだろうって考えてみるんですけど。そもそも「すぐに必要」なのか「あまり必要じゃない」という部分なんですね。

本当は不要な買い物もしているんじゃないかなんて考え方をちょっと変えてみると。不要なモノっていわゆる無くても困らないモノだってことが分かってきたんです。

生活の必需品?

どうしても必要なものという視点で考えてみると食品関係はハズせないなって思ったり。必需品の基準って何でしょうか。

  • 調味料
  • インスタント
  • 缶詰
  • 非常食に使える乾物
  • お米

こうして見てみると必需品に見えるけれどどのくらいストックするのかって目線で見るとけして常に大量に必要というわけじゃなさそう。

必需品だって思うけど基準はやっぱり収納?

無かったら困る

日用品で無かったら困る!ってなるものを考えてみると。

  • キッチンペーパー
  • トイレットペーパー
  • ティッシュペーパー

毎日料理する場合キッチンペーパーってすっごく便利。トイレから出られなかったら困るし。鼻水だけじゃなくてペットを飼っているとペーパー類ははずせない。

ぜったい無かったら困るものって結構かさばる。

家庭なのにお店レベルの在庫?

たいてい「ストック」なんて言いますけど我が家の場合在庫レベルなんですよね。もう定期的に棚卸しとかした方がいいレベルっていうか。

ちなみにごく一般家庭なので小売店でもないですし、ましてネットで売るとかそんなこと考えたこともありません。どっちにしても使うから、いずれ使う時は訪れるとか考えたり。

未来のことなんてわからないのに、明日のことさえ見えないのに理由をつける時は大げさでもなんでもなく「1年先」くらいのことを買っておこうなんて思うクセ。

改めて「理由を捨ててみよう」という考えに至ったんです。

購入は、使う頻度とタイミング

使う頻度を分析してみることにしました。要するに頻度チェック項目を作ってみたワケです。

  • 毎日使う
  • 毎週使う
  • 月に数回使う
  • 年に数回使う

毎日使うけれど意外に減らないのはシャンプー類。ストックの分量が業務用だからという理由もありますが。毎週必ず食べるストック食材は食べない時があると劣化することが判明。

月に数回使う漂白剤やカビ取り剤など特殊洗剤は基本的に使わない日が多いのでいつまでもストックがある状態。年に数回しか使わないのは衣替えの時期のモノだとわかりました。

クローゼット用のシートや虫よけなどストックがいつまでも使われないままで、これも劣化していきます。

まとめ

ちょっとしたコツをつかめばお買い物上手になれそうな気がしてきました。要するに把握って大切なんです。

  • 無くなる時期をはかる
  • 買う段階になったときに考える
  • 出来なければメモすること
  • ストックのメモを見えるところに貼っておく

現在どのくらいのストックがあるのかということですよね。ストックを絶賛消化中!それくらい買いだめしていたんですね。在庫って本当にいらない!

ミニマムに生きることを特別意識しているわけではないんです。ただ在庫が多くて使いこなせなかったり消費期限や賞味期限が到来して捨てるというエコじゃない事態になってしまう。

ここはしっかり反省!シンプル生活を目指す、もうシンプルオンリーです。

スポンサーリンク