2019-02-02

職場の人間関係で疲れた時の対処法!社会で生き抜く術を探ってみよう

あなたの職場の「人間関係」は良好ですか?現代社会って厳しいですし「会社」という組織の中にいる限られた人たち「先輩」や「後輩」など。

学校と違う点は「上司」や「部下」といった立場が存在することですね。当然ながら年齢も違いますし幅広い人間関係というものを要求されるワケです。

あなたの職場の人たちと仲良くできていますか?中には上下関係が厳しかったり「派閥」のようなものが存在して気を遣ってしまうこともあるんですよね。

そういう時は家に帰った途端「疲れた~」と思わずため息とともに呟いてしまったり。人間関係ってとにかく悩みが多いのが特徴。

そこで職場の人間関係に疲れてしまっているあなたに「ベストな対処法」と「疲れを防ぐ」といった視点から考えてみたいと思います。

悩みポイントと対処法として

  • 職場では人間関係に振り回されてしまう
  • 職場の人間関係が複雑!もう透明になりたい!
  • 職場の人間関係で疲れないための対処法

よくあるケースと対処法。例えばこんな状況の時はどうやって対処したらいいの?という部分で答えを探していきましょう。

スポンサーリンク

職場での人間関係に振り回される時は?

周囲に「この人って振り回されてるよな~」って思うような人はいますか?実は私は完全に振り回されやすいタイプで悩みは多かったです。

巻き込まれる人は疲れやすい

職場ならではの「あるある」とも言われる「振り回されて」しまうタイプの人はどうしたらよいのでしょうか。あなたは周りの雰囲気に巻き込まれたと思うようなシーンはありますか?

周囲を見てみると人は客観的かつ冷静に「あの人って」という風に見る事ができます。不思議なことに「あなた自身」はどうですか?と聞かれた時って考え込んでしまいますよね。

なんとなく職場で「この人たち」といると「疲れる」という自覚は「ぼんやり」とした幻想のように思えます。でも振り回されて疲れ切っている人を見分けることができる。

比較しながら試してみよう

そこで試してみたいことは「あなたの状況」との比較です。比べてみることで「あなたが振り回されていた」という確信が沸き起こってきて。腹も立つでしょう。

それは周囲に対して?気づかなかった「あなた自身」でしょうか。客観的にわが身を振り返るってとても難しいんですね。特に毎日のルーティンとして職場に存在するワケですから。

振り回されないためのポイントとして

  • 仕事以外に夢を見つける
  • 職場はお金を稼ぐ場所という割り切り
  • 人間関係で疲れたら休んでみる
  • 周囲と目的が違うことを自覚する
  • 人間関係が苦手だと気づく

夢と現実

誰にだって大なり小なりの「夢」があるもの。そのために就職したワケですから。周囲の人たちと考え方が違うことは当然です。あなたも周りも「違う夢」を抱いて働いているから。

  • 夢のために働く行動を褒めてあげる
  • 夢のために努力できていると自覚してみる
  • 仕事に生きがいを求めているのか確認してみる

あなたの「努力」は誰かが見ています。ちゃんと評価してもらえるはず。安心して「夢」に向かって行っても良いんです。働いている「あなた自身」を褒めてあげましょう。

省エネする方法

職場の先輩や上司に「話を合わせる」という風潮があることに「違和感」があると「悩み」につながりがち。そんな時は「あなたが」仕事に生きがいを求めてるのかどうか。

単純に「あなた自身」が思っていることを「あなたの基準」で着々と進めていきましょう。仕事に生きがいを求めて働く人もいることを認めつつ「あなた」は違うということ。

  • 疲れないためには周囲についていく必要は無い
  • 夢がある人と働く目的が違うことに気づく
  • 疲れないために無理して合わせる必要はない

「目的」が違う人たちと無理をして合わせようとすると本当に疲れます。多少の周囲の反感はスルーしようと割り切って「あなた自身」が疲れのモトを省いてしまいましょう。

疲れるのは自らを追い込んでしまうから

お昼の休憩のときなど先輩に誘われる時「断る」ということが出来なくてツラい。これって「あるある」です。どうしても人は集団的な行動の法則に従ってしまう生き物。

人気のお店に人が並んでいると「つい気になって」最後尾に並んでしまう。心理的に人は操作されるんですね。好きでもないお店に並ぶのと同じで先輩たちの後についていってしまう。

そして余計に疲れてしまったり。できれば声をかけてほしくないしスルーして・・・。という願いもむなしく一度お誘いに乗ったら習慣化してしまうのが職場の人間関係そのもの。

もしかして、あなたの人物像って

お金を稼ぐための職場として「割り切ろう」と決めて就職したけれど。結局日々を振り返ってみると「割り切れない自分自身の姿」に気が付いてしまいます。

割り切って断ればいいじゃないか!というもう一人の「あなた」もいるはずなんですけど。

  • 基本的に人との関わりは嫌いじゃない
  • 人との関わりが大切な時もあることを知っている

今の職場を選んだあなたは業務での人との関わりを重んじる人。逆に人が好きだからこそ。そういう魅力は「いつでも」良好な人間関係が築けるという自信にもつながって。

「私は大丈夫」と気づかない間に自己暗示をかけているワケです。

職場の輪の中という仲間意識

仕事以外の「ランチ」や仕事の後の「食事会」などがあると無理に付き合う必要はないんじゃないか、と思いつつ状況的に「全員参加」という雰囲気に負けそうになって。

実際参加してしまうことも。少なくとも与えられている仕事をキチンとこなしていれば基本的に「問題ない」と言えます。だからムリな人間関係の構築をする必要はないのです。

時々休日に会社の仲間で交流会があったりして誘われることもあります。でも毎回断るようにすると誘われなくなっていくんですが。会社の仲間として「輪の中」に入れないことがネックに。

違和感との抵抗感

いわゆる「浮いて」しまうんですね。休日明けで特に仲間の交流会の翌日は職場の雰囲気が「昨日はお疲れさま~」という仲間モードなので馴染めないことに違和感。

非常に気まずくなります。交流会に参加したメンバーは休憩時間にも前日のイベントの話題で大盛り上がり。「食事会」や「交流会」などでプライベートな質問をされることって抵抗感が。

同期や周囲の人たちは「何でも話している」様子ですが果たして無理に「輪の中」に入ってまで話す必要があるのか疑問です。周囲の言動を見ていると、本当は「もっと会社に溶け込む努力」をした方がいいのだろうか。

そんなことも考え始めました。正直なところ、仕事に不満がないので、最初の「夢のために割り切る」という決心が崩れそうです。

スポンサーリンク

答えは見えている

お悩みに対して「ココがポイント」として、ステキな点が見えたので、本人的にも答えって見えているんだと思います。ただ、気が付く視点の問題で。

  • 自分自身が決めた目標を見失いかけている

非常に、モッタイナイ!ことなんですね。いろんなことに気持ちが向いてしまうのは、仕方がないとしても、悩む予定になかったことに「時間」と「労力」をかけています。

  • 状況に左右されるのは、人間のサガ?

でも、ある程度は「仕方がないこと」だと自分自身を「納得させる」ことが、重要です。周囲に振り回されてるな~、という自覚があれば、それで十分なんですね。

自覚することもなく、周りの考えに「毎日、懲りずに振り回されている人」の存在が、いかに多いか、一度、見渡してみましょう。気づきは、明日を変えるチカラになってくれます。

「今後」と向き合う

  • どうしたいのか?わが身に聞いてみる

自覚があって、振り返りもできる場合は、あと一歩「踏み出す」だけでいいんです。だからこそ、気が付いたわが身を、褒めてあげましょう。褒めてあげたら、聞いてみましょう。

  • 結論は見えている

目をそらしてしまってる、そんな状況なのかもしれません。業務内容として、仕事の面で不満がないのは、最高に相性のよい職場だと言えるでしょう。

ただ、どこに行っても「人」は存在します。

割り切り方と身の振り方を模索

夢にどのくらいの「目標設定」をしているかにもよりますが、おおむね「1~3年」「5年」「7~8年」といった期間に区切って再度「夢」と「目標」を照らし合わせましょう。

このケースの場合、最初の悩みの項目にもあるように「辞める」ということも決めています。後どれくらい「割り切る」のかという期限がわかれば身の振りかたがわかるはず。

頑張るかどうかは自分次第

突き放しているわけでは、ないんです。「ココがポイント」から、わかるように、とても強い人なんですね。ですから、出来ないことって無いはず。「諦める」という選択肢も、当然持っているんです。

誰にも、進路を決める権利はなく、あなた自身が決めることです。ですから「夢」に向かって頑張ることが、あなた次第だということを、もう一度考えてみると、どうでしょうか?

「割り切り」も期限付きだと、案外クリアしやすくなると思いませんか?

スポンサーリンク

職場の複雑な人間関係の中で透明人間になる

次のケースは、控えめさんです。友人に起こった出来事でもあり、お悩みさんは、こういう「古き良き日本」の風習的な要素を、感受性としてお持ちなんですね。

お悩みの状況として

  • 周囲に同化するのが得意
  • 会社では、目立たないようにしている
  • 社会に出て、仕事と人間関係という両立で疲れた
  • 嫌われることは、絶対に避けたいタイプ
  • 疲れて、何もかも面倒になってしまった

職場は、学校の推薦もあって、流れに逆らわず「就職」しました。人間関係は、もともと、周囲と調子を合わせることが苦痛じゃないし、むしろ「合わせる方が楽」でした。

合わせることで、嫌われる要素が少なくなるという「メリット」を信じていて、できるだけ、普段から目立たないようにしています。それは、学生時代からのクセでもあるんですけど。

透明人間になりきれない

めだたず、人間関係をうまく構築することは、得意だったはずなのに、社会に出たら、年齢も性格も、いろんな人がいて、いつの間にか、仕事よりも「人に気を遣うこと」に集中するようになりました。

なんだか、最近、疲れるな~、なんて思っていたら、仕事も思うようにはかどらないし、どうしたんだろう?と疑問さえ持つ始末。一体私に、何が起こってしまったんでしょう?

嫌われることを恐れていたから、常に気持を「張りつめていて」「緊張状態」をキープしているんです。周囲と合わせることに一生懸命だったけれど、もう、疲れて、ヘトヘトです。

疲れたから割り切る

社会人になったことだし、いっそのこと「割り切ろう」と思ってみました。でも時すでに遅し。もう疲れ切ってしまって、どうにかなってしまいそう!

なんだか、すべてのことに対して「面倒」だと思うように。目立たないように気遣うことや周囲に同化したりするのは疲れることをしているんだ!ということに気付いたんです。

でもクセって簡単に直せるようで直せない。

  • いろんなことを「意識」するようになった

いままで、あまり意識しないで、過ごすことができたのに、最近、人間関係に疲れた!と意識するようになってから、取り繕うような時間さえ、もはや今では、苦痛になってしまいました。

社会人になったからなのか理由はわからないけれど、プライベートもすごく疲れるんです。友人と楽しく話すことも普通にできなくなって何だかぎこちなくなってしまったんです。

最近は休日に友人と会話することも楽しくなくなってしまって、会うことも「苦痛」だと思うようになってしまいました。

答えはみつかる

ポイントを整理してみましょう。悩みを振り返るうちに自らいろんな「問題意識」が出てきて、自分自身の性格や性質といった部分に発見があったことは成長だということなんです。

ポイントとして

  • 学生から社会人へ、アタマの切り替え
  • 働くということは、仕事をするということ
  • 緊張感を保たなければいけないワケ
  • 嫌われないようにするのは、クセだった
  • 社会人としての大変さ

職場の悩みである「人間関係」で、どうして疲れてしまったのか、状況を順番に追っていくと、必ずその中に答えは見つかるものです。このケースの場合、ポイントに挙げたような内容です。

学校という小さな敷地から、職場のある広い世界「社会」に飛び出したので、当然戸惑うこともあるでしょう。でも、大人なんですから、アタマや気持ちの切り替えも、とても大切です。

授業料を支払っていた「学生」とは違って、お給料という対価をいただいて働くことは、職場という世界の中での「人間関係」も当然含まれるということです。

大人になるということ

嫌われることを恐れていて緊張感をキープし続けることは以前からの「クセだった」ことにも気づきがあります。疲れた~とか苦痛だ!と思うことは色んなことを意識し始めた証拠。

いろんな「気づき」という波が一度に押し寄せてきたら、普通誰でも疲れます。意識することで気にしていなかったことさえ「苦痛」に感じることもあるでしょう。

職場が社会という大海原でまだ出発したばかり

乗り越えるからこそ成長できるんです。今まで生きてきた人生の道を振り返って案外スムーズに進んできた場合、ちょっとした山が目の前に現れてもビックリするものです。

毎日必ず何かに気づくわけではないですが、少しずつ「今日は、なんだか違うかな」というような小さなことの積み重ねなんですね。成長し始めたら次の発見まではそう遠くないはず。

透明人間にならなくても良くて。いつも「誰か」の影に隠れたり、そんなことをしなくても自分自身をもっと「前に」出せるようになれるんです。

素の自分自身に気が付いたら、人間関係と仕事の両立が可能になっているかもしれませんね。

職場の人間関係で疲れた時の対処法

職場の人間関係って、すごく面倒だと思うんです。それまでは何とも思っていなかったのに、面倒だとしか思えない。人と関わること自体が本当に面倒すぎて困ってます。

お悩みの状況について

  • 職場では、好きなスポーツ競技も楽しめない
  • 新人でありつつ、職場の雰囲気になじめない
  • 先輩に取り入るような性格でもない
  • 職場で、孤高の人でも構わない
  • 集団行動が苦手

職場での社内恒例懇親会や交流会では、結構「好きなスポーツ競技」があったりするんですけど、職場のことなので本当は関係ない!という顔をしたかったんですけど。

社内では新人という位置づけということもあって渋々ながら参加することに。予想通り楽しくないんです。それどころか盛り上がる周囲に、ついていけない。

職場の人って同じような思考を持つ人が何人かいるのかと思って「期待」してしまったんですけど。それさえ後悔するほど何が楽しいのか理解できません。

正直な気持ち

笑いのツボが違うのか、むしろ「違和感」なんです。同期は先輩に向かってはしゃいだりして、なんだかアピールしているみたい。明らかに好かれようと努力しているみたいです。

普段の同期の姿を知っているから、努力の姿を見ても美しいとは言い難いし、どちらかというと痛々しく思ってしまうんです。何より私自身が気分悪くなってしまって。

孤独が好き、というワケではないけれど「ヒトリにしてほしい!」と思うことが。周囲が気を遣ってくれるのか声をかけてくれるんです。

でもそういうことをされると、こちらも気を遣わないといけないというか。正直ストレスです。集団行動は苦手で、最近周囲が騒がしいので拒絶反応が出てしまいます。

「なれ合い」みたいな感じも、何がいいのか全く理解できません。どうして、そこまでして「職場の人間関係」を良好に保とうとするのか。

周囲に合わせることって誰が決めたというわけでもないのに当たりまえ!という雰囲気まであってホントに疲れるから、もう逃げたいです。

大人対応のウラの本心

職場では仕事モードの時で「大人対応」を心がけるようにしています。それでも、やっと休憩時間になった!と思って気づくんですよね。

周囲に合わせるほどにココロが、カラッカラに乾ききってるという事実に。

もう限界!?

  • とにかく、職場から逃れたい!
  • もう、職場を去りたい
  • 終業後は、とにかく早く帰りたい

集団行動には特徴みたいなものってありますけど、まさにそれで。会議室に行くときさえ周囲の歩幅にあわせてゾロゾロと歩いていくんです。

仕事中なのに、そういう行動って何だかイヤです。職場での集団行動は他にも。まるで同じ「笑いのツボ」があるみたいに一斉に笑ったりするんですけど。

その笑いのツボって理解できませんし、すごく抵抗感があるんです。

性格がジャマしているのか

幼なじみや家族は私のことを「さっぱりした性格」ということを知っているので、違和感が起こったりすることはないんです。むしろ好きなように言動を起こしても問題は無く。

もともと人の話を冷静に聞いているつもりでも無意識にスルーしたりしてしまうので、性格的な部分もあるとは思います。基本的にわが道を行くタイプ。

人に調子を合わせることを基本的に考えていません。同期にも、つい本音が出てしまったときに私の態度が「ドライで冷たい」と言われて少しずつバレていくんでしょうね。

気を付けながらも疲れる悪循環

仕事モードの時には、頑張ってますけど。やっぱり、職場には先輩や上司がいるので、冷たい態度にならないようにとか「失礼」なことをしないように気を付けています。

取り繕ったりするときは性格上キツいですし一番ツラい部分です。職場で、それも「業務時間帯」では興味がないことなのに最近は興味があるフリをしてしまったり。

面白くもないものに面白い!というリアクションをしてしまうことさえ、もういい加減に疲れています。

解決の糸口はあるのか

  • 好きなスポーツでも、場所や状況が変わると楽しめない

好きなスポーツなら、宣言してしまう方がスッキリしそうですね。でも楽しめないなら、それは仕方のないこと。職場という異質な環境に置かれると慣れていないので思考が分散。

  • 職場の人間関係のために、媚びる必要なし!という答えが出ている

性格を自己分析できるということは、自他を含めて客観的な見方ができるということです。この客観的な見方というものは、なかなか正しくできないものです。

客観的視点から得た「違和感」はポジティブにとらえることができれば、ひとまわり成長できる「キッカケ」になりそうです。周囲を見て媚びていたりする姿に「疲れる」のは。

  • 他人さえも、わが身に置き換えてしまう「優しさ」「思いやり」

同期の気持ちに共感できないと通常なら思ってしまうでしょう。でも、どうして気分が悪くなるくらい「苦しい」のでしょうか?それは同期に対する視点が優しさになっているから。

  • 仕事モードの時、大人対応ができること

慣れないうちは、苦しいでしょう。たとえ、もう何年も勤めている職場だとしても気づきの時が来れば苦しみというより「葛藤」が始まるんです。

ビジネスだと割り切ることが勉強だとわかっていますよね。

まとめ 

職場で人間関係に対して「疲れた」と感じるのは、社会人である以上誰もが通る道。だからこそ同じような「お悩み」が並んでしまいがちなんですね。

ひとつひとつ、じっくり「疲れた」ことに向き合ってみると疲れの要因が微妙に違います。

今回のポイントとしてまとめると

  • 目標がある場合は、期限を決めて、焦点を定める
  • 自分自身と向き合うことを忘れずに
  • 職場は、社会という大海原
  • 立ち向かう壁は、人間関係が関わることも多い
  • 性格を自己分析できていれば、わが身を貫くことができる
  • 優しさや、客観的視点は大切なこと
  • 大人対応を模索しながら、成長を目指す

職場の人間関係というのは永遠の課題なのかもしれません。課題が困難かつ難解だからこそ、疲れてしまうんでしょう。疲れるというのは考えている証拠。

アタマを働かせて工夫しようとします。また無意識に自己防衛をするのも当然のことです。自分を守りながら社会の常識や不条理なこと、いろんなことに対自していくんです。

どんなに悩んでも、必ず答えは見つかります。まずは自分自身を信じてあげましょう。

※今回お悩みを聞いた人物に関しまして、個人を特定できないよう配慮する観点から内容を少し編集しています。

スポンサーリンク