2018-12-01

親友の作り方って?女子「あるある」で友情以上の人を選ぶポイント

親友、作りたいですか?実は、親友の作り方には、意外な盲点があったりします。親友をつくるには、どうしたらよいのでしょうか?イマイチな、人間関係から抜け出したいと思いませんか?

 

 

女子が、長期に友情を保つのは難しいといわれています。どうして?って思いますか?女子同士の友情は、幻なんじゃないかっていう人もいます。あなたの親友は大丈夫ですか?

 

スポンサーリンク

なぜか友情がイマイチ? 

 

女子ならではの悩みって、結局のところ、女子にしか解決できません。だからこそ親友には何でも話せます。それでは親友の定義とはどんなものがあるのでしょうか。

 

  • なんでも相談できる
  • ピンチの時に助けてくれる頼もしい存在
  • いつでも、頼れる存在
  • だれよりも大切な存在

 

あなたには、本当に親友と呼べる人はいますか?親友と呼べる人がいないことに、不安を感じたりしてますか?イマイチな友情関係だ、なんて思っているのは、実はあなたなんです。

 

親友と呼べる女子がいたとしても、なんとなく、違和感だなって思う時、ありませんか?イマイチな人間関係だからこそ、勘違いな親友が誕生しやすいんです。

 

思春期の学校という狭い世界から、抜け出せていないから・・・。違和感を感じるのは、当然です。

 

親友の作り方?

 

そもそも、親友という考え以前に、女子同士の友情って、なんだか難しいって思いません?女子ならではの、人生が背景にあるからなんですね。友達として、一緒にいられる期間がほんと~に短いです!

 

なぜ友情の期間が短くなってしまうのでしょうか。そのキッカケとなるのは主に次のような人生における節目となることが多いようです。

 

  • 進学
  • 就職
  • 結婚
  • 子供
  • 家族

 

もちろん男子にも人生の転機という時期はやってきます。でも女子には環境の変化が多すぎるんです。特に結婚です!それ以前にも女子ならではの「あるある」だってあります。

 

イマイチ・・・なんて思いつつも、相手を慎重に選んだつもりなのに、やっと掘り起こして、成立した友情なのに・・・。結婚が、友情を疎遠にするキッカケとなる一番の理由、と言えるのは当然の流れでしょう。

 

スポンサーリンク

女子の友情あるある?

 

親友だと思っていたのに、今度結婚するという「彼の存在」を全く知らなかった。実際、私の周りでよく聞く「疎遠キッカケあるある」です。女子ならではの、人生上の環境の変化です。

 

よく考えると「親友」って言ってたのは、ほんとだった?本心だった?なんて、相手に確認したくなりませんか?あなたの、親友の作り方は、正しかった!と言えるのでしょうか?

 

嫉妬?

 

女子は、どこかアタマの隅っこで、常に周りの女子には、負けたくない!っていう気持ちがあったりします。女子同士ならではの、感情であって男子には決してわからない世界・・・。

 

女子の場合、恋人がいる、いないに関してもココロが読めないことが多いんです。友情を築き上げても、ココロは閉ざしたまま。これって、ものすごく「親友」を作りにくくしている構図です。

 

親友になりにくい理由が、こんなところにも、あんなところにも・・・。気にしてしまえば、あらゆるところに転がってます。思い切って、友情から人を見る目を見直してみませんか?

 

もうひとつ、厄介なことがあります。女子というイキモノって、有益な情報共有がある時、強い結束力を発揮するんです。また、友人にも拘わらず、助けるに値するかどうか、冷静に値踏みしたりするんです。

 

しかも、その行動すべてが、無意識に行われる・・・。ちょっぴり、女子ってコワい・・・、なんて声が聞こえてきそうですが、事実、この事態って、とても残念で悲しいことです。

 

利害優先?

 

せっかく、そこには確かな友情が存在するはず・・・なのに、利害関係が優先されるんです。なにより、利用されたり、ある時は利用したり、を繰り返すんです。

 

お互いの友情以前に、人としての信頼はいずこへ?っていう話です。もはや、本末転倒的な・・・!親友の作り方を誤解している女子が、多発しています!相手の人柄を、見直す方が早いかも?

 

絶対的な信頼

 

もし、本当に「親友」だと、お互いが認めるとしたら・・・。条件として、たったひとつ「絶対的な信頼」が不可欠要素なんです。女子の友情は、人生の進路を選択する時、ほぼ確実に弊害がうまれます。

 

  • バリバリのキャリア人生を選んだ時
  • 結婚を選んで、遠くに嫁いでいった時
  • 結婚して、子供を育てている真っ最中の時
  • 独身で、実家に残ることを選んだ時

 

それぞれの生活環境がすべてを左右してしまうんです。それまで、あんなに仲良かったのに、なぜ?周囲の人は、事情がわからないので不思議に思うでしょう。

 

親友って、作ろうと思っても、そうそう簡単にできるものじゃないんです。

 

信頼関係の確立

 

親友って、基本的に、信頼関係が確立した状態なら言える状態なんです。仮に、信頼関係が築けたとしましょう。昨日、今日の話では無理です。考えてみたら、すぐわかることです。

 

信頼関係を構築すること自体、それ相応の年月を共にしないと、難しいんです。相当年数を、共有時間を持った状態で、経過しないと、確信に変化しないんです。

 

友情がうまれて、親友までの過程は、もう「簡単」なんてコトバで片付くものじゃない!とてつもなく、遠く長い道のり、ということであって、それ自体が必須事項です。

 

深い友情がうまれることさえ、友人レベルでも難しいんです。

 

スポンサーリンク

親友を作るベストな方法

 

実は、親友なんて、そうそう簡単に作れないってことは、重ねて記してきました。ただ、客観的に見て「親友なんだね」と思えるようなケース・・・。これは、本当によく見かける光景です。

 

自分中心に物事を見ると、友情という側面ってあまりにも複雑で難解!でも、自分のことを、客観的に見ることができれば、判断は容易になる?その可能性がある、ということなんです。

 

女子ならでは才能って?

 

実は、女子ならではの「才能」があるってご存知でした?

  • 観察力
  • 洞察力
  • 直感力

男子なら「そうそう、あるよな」なんて、思わずうなづける部分もあるかも・・・。潜在的な能力だって言えます。女子は、天性の才能で、性別問わず客観的に観察する力を備えています。

 

女子力が高い男子も、近頃はいますが・・・。女子は、元来、嫉妬するイキモノだと言われるとおり・・・。嫉妬する気持ちは、常に相手を観察しているからなんです。

 

女子は主観で、自分よりも上回るモノや才能に嫉妬します。また、コンプレックスを見つけてしまうと、見下したりしてしまうことだって、あります。そんな女子が、親友を作ろうなんて、1万光年早いのかも・・・。

 

考えれば、考えるほど、気の遠くなる話に思えてきます。

 

尊敬と尊重

 

女子が、お互いに親友という形を成立させるためには、ズバリ申し上げましょう。ポイントは「尊重と尊敬」にあります。繰り返しますが、お互いに同じポイントを持つ必要があります。

 

そうすれば、友情以上の何かを、つかむことができるんです。その何か、というのも人それぞれですけど、例えば、相手に対して尊敬の気持ちが生まれたとき、尊敬に付随する価値に気が付く、といった具合です。

 

相手の価値に気づいてこそ、親友なんだと確信できるんです。尊重?尊敬?なにそれ、って思ったあなたへ!友人の女子が、とっても素敵な長所を持っているのを見つけたら・・・。

 

次にすることは、できるだけ沢山、相手の長所をかき集めましょう。今こそ、女子ならではの、観察力を発揮するときです。自己中心的に観察力を使うのではなく、親友を探すなら、その女子の友情の中にある「いいね!」を探すんです。

 

「いいね!」と「boo!」

 

友情を深めたいと思う女子をみて思うこと・・・。

「マネしたいな」
「そういうとこ、素敵なんですけど」なんて思ったら、チャンス到来!親友の最有力候補に決定です。

 

同時進行で、すべきこともあります。

「なんかそういうとこ、イヤ!」

そうです!嫌だって思った時にどうするか、なんです。友情を深めたいなら、まずは、はっきり相手に伝えてみましょう。相手の反応は、どうですか?はっきり言えば、言うほど相手の反応は、わかりやすいでしょう。

 

観察力や洞察力を発揮するときです。相手も友情を深めたい、親友になりたいって思っていたら、嫌だっていうメッセージを受け止めてくれるでしょう。これが、正しい親友を探す方法、イマイチな人間関係から脱出できる唯一の方法なんです。

 

正しい親友の作り方 

 

女子は、お互いに素直になれる瞬間を待っています。きっと、相手が友情を深める相手なら、素直になれるはず!尊重できる意見交換ができるはずです。まずは、言いたいことを言ってみましょう。

 

褒めるところは、ストレートに伝えること、ここもポイントです。嫌いな側面も、遠慮せずにどんどん言ってしまいましょう。もう、イマイチ、アレかな・・・なんて思わないハズですから。

 

一緒に成長しよう

 

親友と呼ぶには、まだ早いかもしれない。まだまだ、年月が必要になるかもしれない・・・。でも、嫉妬深い女子も成長するんです。学生気分で、トイレも一緒に行こう!・・・まだそれ、続けますか?

 

学生にありがちな、行動パターンに、変化が起こるはず!変化が成長したとき、だからです。なんでも一緒!なんて考えから抜け出した瞬間、新たな「大人の親友」という形になります。

 

本当の望みは?

 

一方は、結婚しました。一方は、仕事でバリバリキャリア積んでます。まったく別の環境においても、親友という形が続くこと、本当は望んでますよね。望み通りの親友という形を、いかに続けるのかがポイントです。

 

結婚して、子供がいる場合どうしても家族が優先です。仕事をバリバリしている場合、職場の愚痴を聞いてほしい時、同じ立場じゃないことに、最初は葛藤を感じるかもしれません。

 

環境の違いが問題になったとき、どうしますか?その状況を乗り越えるために、どうしたらよいでしょう。

 

デメリットを逆手に

 

環境が違う分、一緒に行動する時間も限られてきます。通常は、環境の違いに我慢できなくて、もう一緒にいられないって思うでしょう。時間が合わないことで、せっかくの友情に亀裂が入ってしまうかも?

 

実は、環境の違いが理由で、なんて思わせておいて、逆手に取って状況を利用してみるんです。なかなか会えないからこそ、適度な距離感を楽しむんです。そして、友情を確固たるものにしていきましょう。

 

まとめ

 

一番大事なのは、なによりも相手への理解力です。相手から理解してもらうことも、しかり。親友に対しては本来、観察力も洞察力も嫉妬も必要ないんです!

 

なぜなら相手の長所を見続けることが大事だからです。そこで親友への大人的対応方法をご紹介いたしましょう。

 

  • 尊敬できる部分を大切にすること
  • 尊重する気持ちを持つこと
  • 相手に配慮すること
  • 最低限の敬意を払うこと

 

いい関係を保つことで、親友と呼べる日がやってきます。そして親友と呼べる時間が1日、1カ月、1年・・・、という風に続いていきます。

スポンサーリンク