2018-10-06

サックスの種類や違いって?人気の理由は初心者に優しいから!

経験してみたり体感してみて初めてわかることってありませんか?音楽や楽器の演奏経験から得られることって本当に沢山あります。楽曲は普段スマホで聴いたりしていますか?

 

 

歌や曲を聴いただけで思わず涙が出てしまったり感情を揺さぶられるような体験をしたことないでしょうか?感動体験というのは長い人生の中で私たちのライフスタイルに大きな影響を及ぼします。

 

普段何気なく生活していても常に音楽と密接に関わって生活していることに、お気づきでしょうか?「音楽」すなわち文字通り無意識に音を楽しんでいるんですね。

 

音に親しむ、とでも言いましょうか。好きな歌がある!お気に入りの曲がある!一生に1度は熱い想いに浸るような楽曲との出会いってあるもの。ココロに響いた曲を歌いたいからカラオケに行きます。

 

楽曲の伴奏などが印象に残ったなら演奏するために楽器店に行ったり。私たちはコトバを話すように音や歌で表現したくなるイキモノなんです!

 

アルトサックスとの出会い

 

楽器との出会いって本当に素晴らしいもの。そしてとても不思議な魅力があるんです。簡単そうに見える楽器ほど難しいと言われますがアルトサックスに出会ってみて確かに「なるほど」でした。

 

いろんな楽器を演奏体験してきましたが中でもアルトサックスは初心者に本当に優しい楽器です。ただアルトサックスの見た目は、なんだかゴツゴツしていて難しそう。

 

構造的にも複雑だったり精密にできているとわかるんですけど。演奏してみると人気のワケがわかります。

 

スポンサーリンク

サックスって種類や違いがあるの?

 

 

チャレンジしてみたい楽器などで検索してみるとアルトサックスって「人気ランキング」に入ってます。定番で初心者に優しいからでしょう。初心者に優しいということはどういうこと?

 

つまり「興味だけで始めても誰でも簡単に演奏できる」ということなんです。

 

サックスは主に4種類

 

一般的に見かけるものだけで4種類もあるんです。多いと思いませんか?たとえば、フルートやクラリネットって、普段1種類だって思っている人案外多いんです。もちろんフルートやクラリネットにも種類はあります。

 

サックスという楽器は以下のとおり主に4種類。

  • バリトンサックス
  • テナーサックス
  • アルトサックス
  • ソプラノサックス

 

よく見かけるサックス4種類とは音程が低い方からバリトン、テナー、アルト、ソプラノが一番音程が高くなっています。音程が4種類ということで早くも気が付いたあなたは素敵です!

 

そうなんです!オペラ歌手や合唱などの歌い手さんたちのパートと同じなんです。サックスは私たち「人間の声に一番近い楽器」と言われていてとても身近に感じられます。

 

歴史を紐解けば、よくわかりますが見た目からも構造が工学的で、かつ複雑ということもポイントです。フルートやクラリネットが1種類が定番だと思っているあなた!

 

フルートだってバス、アルト、ソプラノなどがありますしクラリネットもバス、ソプラノという種類があります。きっとサックスだって1種類だと思っているかもしれませんね。

 

もしかするとアルトサックスが、なにかと目立っているせいかもしれません。基本的に目立ちたい人が演奏する楽器なんて言われたりしてますけど。(ちょっぴり心外)

 

かといってテナーサックスやソプラノサックスが「マニアック」ということではないんです。

 

憧れから始めるタイプ

 

人気バンドのボーカルの後でテナーサックス吹いてるイケメンに憧れて。人気歌手のコンサートに行ったら美声をもつ歌手がソプラノサックスで何曲か演奏していたから。

 

そんな場面に遭遇して興味があって同じ楽器を始めたい、と希望する人だっています。ちなみに私の場合はアルトサックスが定番だと思っていたので何も考えずに始めたワケですが。

 

初心者に優しいから、趣味にしやすい!

 

近年大人を対象にした音楽教室は、どんどん全国に広がっています。楽器経験者としてはとても微笑ましくて嬉しいことです。楽器を試しに吹きたいと思ったら、ぜひサックスなどの音楽教室をのぞいてみてください。

 

体験レッスンは基本的に無料なので申し込んでみませんか?続けたいって思ったら、さらにお得な方法だってあるんです。新しい人生の1ページにいかがでしょうか?

 

簡単に楽しく音楽を始めるきっかけにサックスはピッタリ!

 

サックスの歴史をのぞき見!

 

 

1840年ごろ日本でいうなれば江戸時代末期になります。ベルギー人であるアドルフ氏という人が発明したのがサックス(サキソフォン)です。年号で見ても歴史的にもかなり新しい楽器とされています。

 

バロック音楽の時代が1600~1700年代までという歴史からみても一目瞭然です。ちなみにバロック音楽の時代に主役だった楽器は古楽器とも言われます。バロック時代の楽器を例に挙げてみましょう。

 

  • オルガン
  • チェンバロ
  • バイオリン(ヴァイオリン)
  • オーボエ
  • ファゴット
  • リコーダー
  • フルート

 

バロック時代の楽器ですが何種類ご存じですか?全部わかる!というあなたは真面目に音楽の授業を受けた人ですね。バロック時代の楽器は幼少期や学校の吹奏楽部に入ってから経験する人が多いです。

 

なぜなら早い時期に始めないと上達することが、むつかしい楽器たちだからです。その点サックスという楽器はバロックと比較しただけでも100年~200年の差があること。

 

歴史が新しいイコール進化した楽器という式が成り立ちます。進化した時代につくられたからこそ演奏しやすいというのは理にかなっているんです。

 

工学的な精密機器?

 

ヨーロッパ地域で工業の中心であるフランスのパリが製造拠点でした。まさに理系頭脳満載の楽器だと言えるでしょう。サックスよりも古い楽器と比べてみましょう。

 

歴史を紐解けば見えてきます。形や構造が「改良され続けた楽器」は歴史が長いと言うことになります。現在製造されている楽器とほぼ変わらない精密度であるサックス。

 

演奏のお手軽さに注目すると圧倒的勝利なのも納得でしょう。歴史が新しいというのも、ひとつの理由ですし木管楽器の仲間でありつつ当初から金属で仕上げられた楽器でもあります。

 

金管楽器との「橋渡し」をすることのできる仲人さんのような楽器としても大活躍です。アンサンブルの時には、木管楽器と金管楽器の融合にとっても役に立っているんです。

 

木管楽器ならではの、やわらかい表現も得意です。金管楽器のようなダイナミックな音色も兼ね備えているんです。だから一度吹いてみると音の表現力の幅広さに圧倒されるはずです。

 

もはや魅惑の楽器と呼ばずにはいられません。

 

サックスの歴史的な悲劇

 

歴史的に新しい楽器なので残念な点があります。クラシックオーケストラの譜面の方が古いことなんです。だからクラシックの世界ではサックスという楽器の出番が極端に少ないんですね。

 

クラシックを作曲した著名人たちがサックスの存在を知っていたらどうなったでしょう。きっとセンセーショナルを巻き起こしたに違いありません。表現力で優れているから。

 

人の声と対等に勝負できる楽器という特徴が証明してくれるでしょう。ですから声で自在に表現するオペラなどには、かなり影響を及ぼしたかもしれませんね。

 

サックスという楽器が歴史の面だけで見てみると悲しい現実が浮き彫りになってしまいます。新しい楽器であるがゆえに歴史的にクラシック音楽との関わりは浅いのです。

 

これは歴史的な悲劇と言えるのではないでしょうか。

 

演奏したくなるワケとは?

 

サックスは自在に表現できる楽器として有名になります。大陸をわたってアメリカに上陸するのです。JAZZ、ロックなど新しいジャンルの音楽と相性が良いことが証明されます。

 

そしてオールマイティな活躍ぶりを発揮していくのです。著名人がこぞって独自の表現法や技法を編み出していくことになります。そのおかげでサックスはカッコイイ楽器として定着するのです。

 

魅惑の楽器として栄光への階段を着実に上り詰めていくことになります。プロの演奏家が感情豊かに表現しているのを聴いたりすると思うことがあります。

 

古代から様々な開発を重ねてきた楽器には大変申し訳ない、とも思うのです。どうしても歴史の古い楽器がかすんでしまうんですね。サックスの最大の魅力は気持ちの向くままに表現できる楽器だから。

 

この楽器の人気が不動なのには、それなりの理由があるのです。魅力に取りつかれる人が続出する楽器を体験してみたいと思いませんか?

 

個性を表現できる

 

軽いノリでも始められます、なんて言い過ぎでしょうか。表現の幅が個性を物語るのに最適な楽器といえば納得できるでしょうか。今日お試しでサックスという楽器を演奏してみませんか?

 

参考記事はコチラ ⇒ 今日からすぐに演奏可能!管楽器イチ押しサキソフォン

 

サックスという楽器の魅力は無限です。一度演奏してみればその魅惑の力に引き込まれる人たちの気持ちに納得できるはずです。経験した人がなるほど納得と感じることができる楽器、それがサックスの魅力なのです。

 

スポンサーリンク

ソプラノとテナーは個性派!

 

 

少しだけ込み入ったお話になってしまうかもしれませんが。サックスという楽器への興味がわいてきた!というあなたへ。ソプラノとテナーという種類の楽器のことです。主に持ち替え楽器としてステージに立つ人が多いのですが、それには理由があるのです。

 

持ち替え楽器のカラクリ

 

基本的にリコーダーを学校で習うように比較的簡単に覚えることができます。同じ運指つまり「キーを押さえる位置」のことです。基本的に4種類のサックスという楽器の共通点は当然運指となります。

 

ですが音程のキーがソプラノとテナーが同じなのです。「b♭」ドイツ語で「ベー管」と言います。ピアノや鍵盤楽器をご存知の方には簡単すぎる記号ですね。

 

ドレミファソラシの中の「シのフラット」ということです。鍵盤楽器では「実音」と表現されますが「シのフラット」となります。では実際に演奏するときにはどうなるのでしょうか?

 

譜面上「シのフラット」がドレミの「ド」となるのです。音階練習では基点となる「ド」から演奏するので鍵盤楽器とは違う楽譜になるのです。「ド」の音は鍵盤楽器で実音で「ド」となります。

 

同じ「ド」でもサックスは移調しているから楽譜が異なるんですね。ソプラノとテナーはキーが同じ。運指をそのままに楽譜も音の高さを除けばそのままで持ち替え楽器として使えます。

 

音域としてはソプラノは高くテナーは低く演奏できるのです。欲張りさんにピッタリと言いたいポイントです。

 

個性そのものがメリット

 

自在に演奏する技術を身に着けたら、もっとできることがあります。曲の雰囲気でソプラノとテナーと使い分けることも可能なんですよね。ですがポイントとして注目したいことがあります。

 

ほとんどの楽曲では長年研究された歴史をあなどれない、というべきでしょうか。ソプラノに向いている曲テナーに向いている曲それぞれの音域を活かせるからなんです。

 

すでにメリットを活かした楽譜がたくさん出版されています。楽譜から好みの曲をチョイスするだけでよいのでラクラクですね。ソプラノは人の声よりも高い音域も含んでいます。

 

高音域での抑揚やアドリブを演奏すると目立つしカッコよく決まります。テナーは人の声よりも低い音域を含んでいます。オペラのテノールのイメージが近いですね。

 

ダンディで落ち着いたイメージやアドリブもオトナな感じに決まります。ちなみにアルトとバリトンのキーは「E♭」です。ドイツ語で「エス管」といいます。

 

鍵盤楽器の実音でドレミの「ミのフラット」のことです。やはり移調しているのでアルトとバリトンの「ド」の音は「ミのフラット」となります。

スポンサーリンク

 

まとめ

 

 

人気と言われるポイントは以下のとおりです。

  • 人の声に近いこと
  • 人が発声する音域に限りなく近いこと
  • 人の声のように抑揚がつけられること

 

人が歌って表現しているジャンルは、どんな種類があるでしょう。JAZZ、ポップス、歌謡、民族音楽など沢山ありますね。そのすべてに「シンガー」「歌手」とつけてみましょう。

 

ジャズシンガー、ポップスシンガー、歌謡曲は、演歌歌手など人が声で表現する音楽のコトバになりますね。

 

人の声よりも表現力豊か?

 

人が声で表現する楽曲を、そのまま演奏できるのがサックスという楽器の特徴なんです。演奏してみると見事に調和することがわかります。サックスという楽器の最大の特徴を活かせるジャンルと言ったら!

 

本当にすごいと思わざるを得ません。人が声で表現する音楽を歌詞で伝えるのとは別格にはなりますが。表現力とは歌詞で伝える感情と音域を最大限に使うことです。

 

いち早く音をミックスしてみたりすることをアドリブや即興と言います。言葉よりも伝わる感情表現の方法があるからヤミツキになるんですね。

 

無限の可能性を秘める楽器

 

主にジャズだと思われがちなサックスですが、そればかりじゃありません。魅力あふれる音域や種類を知っていけば歴史を重んじることも大切にしている楽器なのです。

 

そして新たな息吹を吹き込むという意味でジャンルを問わずに表現することに無限の可能性を感じるのです。自己流我流といったコトバを多いに活用できる楽器でもあります。

 

なにより自由に演奏して新たな表現力を開拓できる楽器は魅力の塊だと言えます。

スポンサーリンク