2018-12-11

節約して貯金する方法!少し変わった方法で楽しく意識改革しよう

節約というと、どうしても堅苦しいイメージがありますよね。それに上手に節約しながら貯金する方法を探すと、やはり節約という部分に注目してしまう。

貯金することを忘れるという事態になりかねません。節約も貯金も超苦手。お金って空から降ってこないかな~なんて、のんきに構えているのですが。

銀行口座はマイナス状態(トホホっ)ちょっとした気のせい?もとい、気のゆるみや油断が招くんですよね。困ったものです。宝くじでも当たらないかな~。

口癖のように言う人って周りにいませんか?宝くじ買わないのに!ですよ。もちろん1枚宝くじ買って億単位のお金が手に入ったら「困る~」なんて言う人いませんよね。

「節約」を徹底的にやってみよう!と決意表明したところで「なんだかな~、つまんな~い」となってしまうのは、私だけでしょうか?

鬼のように節約にこだわらず、あくまでも人間らしく人との関わりを大切にしながら、なおかつ健康的に健全に節約と貯金できる方法があったら良いですね。

スポンサーリンク

少し変わった方法とは

節約のことを直球的な視点で考えると、とても苦手な分野なので変わった方法がないか手当たり次第探してみました。

  • 食費を節約するために、友人や人間関係を見直す
  • 日用雑貨費を削減するために、ゼロ円運動をする
  • 物々交換の進化系に挑戦してみる

今回は上記の3点に注目してみました。そして、やってみることで節約が実感できるのかどうかを検証してみようと思います。

スポンサーリンク

田舎の友人掘り起こし作戦

「田舎」なんてひとくちに言っても、いろんな想像ができてしまいます。どこかの番組でも衛星カメラから山奥の秘境に一軒家を探すとか。

ちょっと例が極端ですが本当にシニアになった時このあたりの地域はどうなってしまうの?という集落や離島に嫁いだ同級生。ご縁あって田舎という自然豊かな場所。

あえて移住した先輩たち。もともと仲良くしてもらっていたのに離れてしまうと、ついつい連絡が途絶えがち。そういえば従妹が牧場をするとかで引っ越していったり。

今あえて都会から離れる傾向があるのは私の周りだけの出来事でしょうか?いえ、現実に田舎への移住って進んでいるんですよね。

実践してみた

元気かな~?しばらく連絡してないな~なんて思いたった日にこそ連絡して見る時!もちろん仲良くない友達だっていますけど。思い切って連絡してみました。

ひと昔前なら田舎に住む親や親せきが野菜や日用品を仕送りしてもらうなんて本当に当たり前の時代でしたから今更ながら、とっても恵まれていたんだなんて。

そんなことを、つくづく思ってしまうんですけど。ありがた~い存在も今やすっかり要介護世代に。

ブームにのった?のれた?

物々交換って、ひそかにブームなんです。その流れにのってみるつもりで先日牧場に引っ越した従妹に連絡を取ってみました。

本当に久々すぎて、ちょっと最初はぎこちなかったものの何度か連絡するうちに牧場がいかに大変か自然の素晴らしさだとか、いろいろと教えてもらいました。

ありがたいことに話しが盛り上がってくると「こんどウチの生産品食べてみてよ」なんて言ってくれるじゃないですか!いやーよかった、思い切って連絡してみて。

本当によかったって思った瞬間でした。物々交換が前提で申し出るつもりだったんですが、その日は何も言いませんでした。後日、冷蔵の宅配で大きな荷物が届きました。

なぜこんなに大きいの?不思議に思いながら恐る恐る箱を開けると、さすがは牧場主です。チーズやバターなどの乳製品が一式とハムなどの加工品も入っていてビックリ。

すぐにお礼の電話をしたんですけどね。

「いいから、食べてみてよ。感想聞きたいからね」

もう涙が出てしまいました。ありがたいです、バターなんてお高くて買うのに躊躇する時代ですから。実際、手作り感が満載で牧場からの贈り物を、たっぷり堪能。

後日、連絡したときに、もちろん美味しかったという感想を伝えたんですけど。

秘密の話

従妹は、ちょうど牧場について悩みを抱えていたんです。相談にのってほしくて牧場の生産品を送ってみた。というのが従妹の本心だったことが分かったんです。

相談にのることで従妹の役にたてるのなら。ということで一緒に解決できるように考えたり出来る限りのことをしました。

内容は大きな声で言えるようなことじゃなかったので割愛させていただきますがタイミングよくお役に立てた、ということは「ありがとう」という言葉で、実感しました。

これはこれで成立の仕方としてはアリだと納得したんですけど。

人とのつながり

話がそれてしまって、本題とは離れてしまいましたが仲良くなってみると意外なことにぶつかるものです。何が起こるかわかりません。

物々交換を申し出るにしてもタイミングは大切ですし、むしろ相手が望んでいる場合もあるということです。

食費を節約するために、友人や人間関係を見直す

離れてしまって音沙汰がなくなってしまった同級生にも連絡してみましょう。知り合いや友人が皆無だとか全員都会暮らしだとか、そういう場合はネットを利用してみたり。

SNSのチカラはスゴイですから。ネットで本音を言うのは、すごく簡単です。顔が見えないからですけど。でも物々交換が目的なら対応もおろそかにはできないはずです。

ちょっとした気遣いで相手が心開いてくれることがあるはずなんです。

応援する気持ち

ちょっとした知り合いに田舎野菜を買って送って!なんて簡単に言えることじゃないです。ただ牧場の場合も農業の場合も悩みってあるものなんですよね。

いろんな話をするうちに何に困っているのかな?遠くから応援できることないかな?それだけでいいんです。気持ちが伝われば相手は喜んでくれますし。

お互いに助かることならWIN-WINですよね。きっかけは何だって良いと思います。最終的には節約という目的が果たせれば良いわけです。

相手も喜ぶことがあれば取引が成立してしまうんです。

嗜好を探る

相手が喜ぶものは何もお悩み相談ばかりじゃないでしょう。都会で今こんなモノが流行っているとか情報を交換しながら、どんな話題に興味を持つのか観察してみるとか。

物々交換のお返しの品物を探すのも楽しさになるはずです。ちょっとした小物やグッズかもしれないですし。常にアンテナを張ってみて!

お互いが物々交換に価値を見いだせればOKですよね。私の場合は、ご縁のあまりなかった親戚を掘り起こしました。あなたは古い友情か親戚なのか?

それとも全く新しい友情を掘り起こすのか。

相性もコミュニケーション次第

きっと、あなたにピッタリの相手はいるはずですから昔のアルバムとか年賀状だとか連絡できるところから順番に当たってみることをオススメします。

なかなか新鮮な感覚がありますしね。信頼関係を築くことは簡単ではありませんが社会で生きていくためにコミュニケーション向上は必須です。

ステキな取引を目指すためのポイントは以下の通り。

  • 人間関係を見直すこと
  • 旧友、遠い親戚、新しいご縁を大切にする
  • ムリな人間関係は、築かないこと

楽しく節約するために必要な要素は上記のようなことだと分析してみました。人とのご縁、つながりに夢を託すことって良いことです。

肩のチカラを抜いて関われる理想の関係ができれば幸せに一歩近づけます。

古風で美しい

田舎の友人掘り起こし作戦で生活費が節約できるという発想は物々交換という古風な考えが根底にあります。その中でも「食」は生きていくために必要なもの。

そういった重要で必需品的なものに焦点を絞って工夫すれば、かなり削減できます。

スポンサーリンク

日用雑貨費を削減するために、ゼロ円運動をする

ボックスティッシュは、ついついまとめ買いしてしまいますが都会に住んでいる場合駅やビル街などでポケットティッシュが配られる機会は多いでしょう。

ポケットティッシュは、ありがたく貰うことにしましょう。

ティッシュをゲット作戦

いままで無視していたあなたも節約を一歩進めるためにポケットティッシュを差し出されたら素直にいただきましょう。だいたい、いつも配っている場所は決まっています。

気にしていないだけで、ちょっと周りに注意すると定位置があるはずです。

時間を見つけて、ひたすら歩く

一か所じゃないはずなので、できるだけ歩くようにしましょう。楽しく歩くことで足腰が鍛えられるという健康面でも良いですしね。

ポケットティッシュを配る場所を把握するためにも頑張って歩きましょう。

目標設定するのも楽しい

一回りすると、いくつくらいポケットティッシュがもらえるのか数えてみるのも楽しいでしょう。今日はいくつもらえるかな、なんて考えながら。

楽しく歩いて遠慮せずにもらってしまいましょう。

収納の仕方

貰えたポケットティッシュは中の紙を使い切ったボックスティッシュのケースを改造して収納しましょう。箱の上部をハサミなどで切り取ります。

ポケットティッシュは銀行で良く見かける形式ですが横向きで縦にキレイに並んでいますから、ちょっぴりマネしてみて収納します。

限りなくゼロ円を意識

ポケットティッシュは案外紙質が向上していて使いやすいです。でも、お客さまにポケットティッシュを出すのに抵抗がある場合もありますよね。

ボックスティッシュをお客さま用に用意しておく方法もあります。普段は使わないという部分はポイントですから収納しておきます。

ボックスティッシュを普段使わないことになるので年間にすると数千円~1万円くらいの節約につながります。トイレットペーパーはトイレ用とは別に汚れ落とし用に。

使い古したタオルを利用して雑巾にすることでも、かなり節約できます。

物々交換の進化系に挑戦してみる

歴史は繰り返される。そんなことを実感するような時代になりました。そもそ、物々交換というのは、お金という存在が無い遠い昔に行われていました。

現代人は情報を駆使して節約に奔走する時代に変化しています。時代が逆戻りしたのかというと、そんなことはないです。

節約意識の高さ

情報社会ですから人は得た情報を利用します。当然の流れです。大型家電から小物、日用品まで捨てるのに困っている人と欲しい人をマッチングさせるアプリなどを利用。

家電製品は廃棄するときにリサイクル料がかかりますのでリユース可能なら譲ってもらえます。

待つ楽しみ

少し大きな買い物でも欲しいものがあっても少し待ってみましょう。アプリやリユースサイト地元密着型のフリーペーパーをチェックしながら待ちます。

時期的に注目したいのは引っ越しの多い春、異動が決まる2月~3月や6月人事の時期もねらい目です。最近は引っ越し先に荷物を大量に持っていくことが嫌な人も。

大掃除の時期12月は大量に不用品が市場に出回るでしょう。郵送や宅配は心配なことが多いので直接引き取りに行きましょう。相手の様子を伺って使えるかどうかの確認もできます。

節約は楽しいという意識改革

調べたりチャレンジしてみたり忙しさの中でやってみて思ったことは案外ストレス解消にもつながることに気が付いたんです。かなりの収穫ですよね。

ストレス社会ですから癒しばかりに走りがちです。

感覚が変化する

でも節約という、ちょっとケチかな?って思ってしまうようなことも楽しいという感覚をもつことができれば意識が変わることってあるんです。

そして習慣化すれば難しいと思っていた意識改革は自然にできるようになっています。

まとめ:節約は貯金できる

チャレンジしてみようと思い切って無理かなって思うようなことも盛り込んでしまいましたが、案外やってみればできるものです。

  • 食費は、かなり削減できた
  • 日用品は、アンテナ次第でゼロ円にできる
  • 物々交換は、進化していて便利だった

節約は楽しみながらしたほうが続きます。継続はチカラなりですし。節約のための手間は惜しまないようにしましょう。時に割り切ることも必要です。

WIN-WINの関係が一度成り立つと意外と長続きするものです。

オススメ!

節約は我慢の連続ではないことが判明したので、これから始めるあなたには楽しいという感覚へ発想の転換をしてみることをオススメします。

知らない人とのご縁が突然できてビックリすることの連続です。人と関わることでコミュニケーション力が向上します。貯金は宝くじのような感覚とは異なります。

すぐに結果がでるとか期待しすぎるのもどうかと思いますがジワジワと実感できているのは確かです。

まずは前にすすむこと

世の中の役にたてて嬉しいことはポジティブになれます。今までの無駄遣いに気が付くことも、やってみないとわからないことばかりです。

まずは、できることから一歩すすんでみませんか?

スポンサーリンク