2018-09-21

アルトサックスは初心者向き!簡単に吹ける楽器ってホント?

音を共感する素晴らしさを知ってしまうと共有したくなります。音楽の素晴らしさを知ったら何だか試したくなるんです!音楽経験がない友人はライブの帰りに必ず口にしていたことがありまして。

しげる
あんなにカッコいいならバンドやってみたいかも!
ケモミ
ノリノリだった~!音とかリズムっていいね超カッコいい~!

感化された友人の中には、ずっと気になっていた楽器を衝動買いしたみたいです。音楽って本当に不思議なんですけど誰かが始めると仲間が増えていきます。

スポンサーリンク

アルトサックスは楽器初心者にオススメ!

  • 楽器を気軽に試そう!
  • オススメ情報にノッてみよう!

ライブで盛り上がった後心地よい余韻に浸っているアナタ!そうです、そこのアナタです。思い立ったが吉日なんて言いますけど超簡単お手軽に演奏出来る楽器って魅力的です!

幅広いジャンルで活躍できる「アルトサックス」は実は私もずっと気になっていた楽器でした。でもあまりにもカッコよく見えてすごく難しく見えたので憧れるだけにとどめていました。

憧れでとどめていた理由は今ほど情報が身近になかったからです。音楽や楽器演奏なんて敷居が高い!なんて思っていたから。でも今の時代なら簡単に情報が得られます。

誰でも簡単に楽器を吹くことが可能!という情報を知ったのはかなり後のことでした。私も初心者向きだよ!とススメられるまま始めたんです。

その衝撃と言ったら!音楽が好きならカッコいい音で吹ける楽器に憧れる人って実は周囲にも多いんです。そういう経緯からお試しで始めるならアルトサックス!です。

この私が実証済みです。

なぜアルトサックスがイチ押し?

ライブとか音楽フェスなどのイベントって本当に盛り上がりますよね。カッコイイと思う音の世界を熱く語った記事を書きました。

カッコイイ音の世界へ!ライブや音楽フェスで体感してみよう

なぜ楽器を演奏することにつながるの?と思われるかもしれません。不思議だと思いますか?実は音楽という広いジャンルで考えると不思議でもなんでもないんです。

バックバンドやダンサーの話を記事にしてみて、ふと思ったんです。身近でチャレンジしやすいものをチョイスしてみたらどうなるだろう。

それがオススメしたい楽器「アルトサックス」なんです。

自由度高めで身近な楽器

  • 始めるのに早いも遅いもない楽器!
  • 運動が苦手でも鍛えられる!
  • 歌うことが苦手でも楽器で歌える!

年齢に関係なく、いつからでも始められます。それがアルトサックスの魅力であり実態なんです。たとえ運動が苦手でもお手軽に「お腹の筋肉が鍛えられる」なんて一石二鳥!

腹式呼吸って意識してみても、なかなかできないんです。でも楽器を吹くことで自然にお腹にチカラが入ってしまう!これって本当にオ・ト・ク情報なんです。

歌うことが苦手だとしても歌える楽器ってあるんです。なぜ?って思うでしょうか。アルトサックスが他の楽器と違うのはとっても先進的な楽器だからなんです。

音楽は鑑賞するもの!そういう専門の方にピッタリ!な楽器なんです。管楽器の中でアルトサックスの位置づけさえ誤解している人が多すぎる!なんて思ってしまうほどです。

楽器でも、なんでも体験したり実際にのめり込んでみないと見えてこない世界ってあるものですが、その世界が割と近くに存在するのがアルトサックスという楽器。

楽器にツウな人が周りにいたら試しに聞いてみてください。きっと類似した回答が得られるはずです。なんといってもアルトサックスの魅力は人が歌うように演奏できる楽器ですから。

アルトサックスの音は人の声に近い?

  • 周波数、音程といった面で、アルトサックスは、人の声に近い!
  • トランペットは、熟練派!アルトサックスは、お手軽派!

バンドでパキっと合いの手を入れるならトランペット!なんです。なんともカッコいいですよね。バラードだけじゃないんです。アルトサックスは合いの手を入れるとボーカルと馴染むんですよね。

さすが人の声に近い楽器と言われるだけのことはあります。やわらかい感情とか切ない感情とか、やさしさを伝えたいときにピッタリです。

魅力タップリなアルトサックスは人の声に馴染むという最大の魅力を備えています。さらに曲の抑揚とか切なさを共感を呼びたいとき効果抜群な楽器なんです。

実はトランペットや他にもカッコイイ楽器はたくさんあります。ですが今回はあえてイチオシの楽器について書いていくことにしました。他の楽器についてはまたの機会に記事にできたらと思っています。

アルトサックスがいち押しな理由を申し上げましょう。今日始めたい、と思い立った時に始められる楽器だからなんです。

スポンサーリンク

断トツで人気のアルトサックス

サックスは一般的に4種類が活躍しています。よく知られているソプラノ、アルト、テナー、バリトンのことです。4種類あるサックスの中で特におすすめなのがアルトサックスなんです。

人の声に近いと言われているのがアルトサックスだからです。人が発声する音域にピッタリなのがアルトサックス!

想いを吹き込むと伝わる!

雰囲気をつかむだけで気軽に演奏できる楽器なんです。想いを伝えようと演奏すると声よりも「想いが伝わる」というすごい楽器なんです。

ただし語弊がないように一言だけ添えておきますね。当然のことながらプロミュージシャンは「別格」ですのであしからずご了承ください。

プロという名札をつけた雲の上の人たちは全く別の話になってしまいます。それはもう並々ならぬ「努力や実力」を兼ね備えているので誤解しないでいただきたいのです。

キラキラしている楽器たち

楽器屋さんに行ったときにショーウインドウを見た事はありますか?トランペットやバイオリンが整然とキレイに並んでいますよね。ほどよくキラキラとライトアップされる楽器は本当にステキ。

アルトサックスをオススメする理由として、とても言いにくいことがあります。もし憧れの楽器がトランペットやバイオリンの場合なぜその楽器を手に取ってみてくださいと言わないのか。

大変恐縮なのですが楽器の構造上の問題によって「普通に音が出ない」難しい楽器だということを念押しさせていただきます。もちろんお試しでお気に入りの他の楽器を試奏するのもOKですが念のため。

すぐ演奏できる?アルトサックスの不思議

楽器屋さんでアルトサックスを吹きたいと伝えてみませんか?機会がありましたら、ぜひお試しください。フルートなども音はすぐに出るものの音階や音程となると意外に難しいんです。

リード楽器で複雑な構造ですが、あえてアルトサックスをオススメします。なぜなら音階がなんと!即日吹けるようになる楽器だからです。

リコーダーの仕組みに近いからなんですね。ちょっと吹くことができると次は歌うように「想い」を表現したくなる楽器それがアルトサックスの「不思議な魅力」なのです。

試奏のススメ

お店のスタッフさんに試奏用のリードをセットしてもらいましょう。たいてい親切にセッティングしてくれます。あなたがお客さまなので当然ですね。

試奏用に選ぶポイントはお手頃価格の日本製の楽器がオススメです。注意したいのはアジア諸国や製造国が不明の激安楽器です。音を出すということ自体少し難しいかもしれません。

簡単に音が出ます!おすすめの楽器です!というのはウソじゃないか!と誤解されるのが海外製の安価な楽器なんです。私も試奏してみましたが、まあ音が出ません!

10年以上経験がある私が試してみた楽器、それはアジアのどこかの国で作られたものでした。色が独特でインテリアとしては超オススメなんですけど。

実際に楽器の構造を見てみると「あれ?」と思ってしまうような部分があったりで本当にムリでした。ぜひ初心者仕様になっている「日本製の楽器」を、ぜひチョイスしてみてください!

リコーダー感覚でOK!

アンブシュア(吹き方)を軽く説明してもらえます。スタッフさんのご機嫌にもよるかもしれません。ですが万が一沈黙が続いてしまったら「吹き方は?」と質問してみてください。

口もとはリキまずお腹にチカラを入れて息を吸い込んでからハイ!フー!!スタッフさんの言う通りにできれば必ず音がでます。お腹つまり腹式呼吸が上手な人ほど美しい音が出るのでビックリするでしょう。

複雑なボタンが、いっぱいあるように見えますね。でも実は学校で習ったリコーダーの運指のとおりでOKなんです。最初は全部おさえてみましょう。リコーダーより大きな楽器なので難しい場合は右手で楽器を支えましょう。

そして左手の指をキーにぴったりと押さえます。息を吹き込みながら下から順番に指をはずしていきましょう。もしかしてそれは才能かも?

不思議ですよね。もう音階出来ていますよね。あれ?音程がちょっと、とかピッチが気になる、というあなたは才能がある人です。今日からミュージシャンの仲間入りですね。

まとめ

  • 歌が苦手でもアルトサックスなら歌える!
  • アルトサックスの音域は人の声、周波数に非常に近い!
  • 楽器店で、試奏したときに、すぐに音階が吹ける!
  • リコーダー感覚で吹ける!

まとめてみるとアルトサックスが楽器初心者に非常に優しい楽器!ということが言えるのです。ぜひお試しあれ!

スポンサーリンク