2019-02-26

片付けは捨てることから!超簡単な5つのコツで悩みを解決しよう

憧れは誰にでもあります。スッキリしていて超シンプルな部屋。窓からはおひさまが「ポカポカ」差し込んでくる。気分も上がりますねきっと。それが簡単にできるものなら。

 

 

 

捨てられない悩みって、大変かも

 

 

そうよね、親の代からずっと、なんて家庭もあるらしいわよ

 

 

いつか着るかも!って思うことあるんだけど・・・

 

 

長年、モノを大切にしなさい!なんていう風習が根付いているのかしら

 

 

モッタイナイっていうより、限定品に弱いから、つい2個買いしちゃう!

 

 

それって、モモちゃんの趣味の話よね・・・

 

モモちゃんの「趣味の話」はさておき「片付け」と「捨てる」ことが、頭の中でリンクして「つながらない」限り、モノは増え続けるということは、私自身の経験からわかったことです。

 

スポンサーリンク

捨てられないのは「片付け」の悩みと矛盾のループ

 

困った「思考回路」を図解してみると。そもそも「捨てる」という概念や発想がないことが、明らかになってしまいました。頭の中で片付けたいと思っていてもこれではムリだということです。

 

 

とても、悲しい事実を知って、思わず困惑したんですが、なんとか、この事実を認めないと、本当に大変なことになってしまいます。事実悩みは増幅するばかりでしたからすでに手遅れ感さえ。

 

そもそもこの「思考回路」の軌道修正をなんとかしないと延々と同じ繰り返しを行ってしまいます。アタマで考えることを、図解してみることって、大切ですね。

 

  • 捨てる!にリンクすれば、片付く
  • ゴミの存在を知れば、片付く
  • ムダなのに、捨てられないモノを見つける
  • 存在を忘れて、つい買ってしまうモノを知る

 

「捨てる」に値するモノを見つけるために、まずは「知ること」「見つけること」が「片付ける」ことに、つながるのではないか、ということを意識してみると、コツが見えてきます。

 

スポンサーリンク

捨てるにつながる「片付け」のコツは5つ

 

捨てる「特化型」片付け思考について

  1. 買う時に1~2日の「思考」冷却期間を設ける
  2. 今、手元にある「本当に大切なモノ」を見極める
  3. ゆっくり悩む「時間が無い」という危機感を持つ
  4. ゴミを「捨てる」を最優先にして「収納論」は忘れる
  5. 「使い切る」「使いこなす」工夫に挑戦する

 

あくまでも、捨てる!という行動に限定することで、考え方、いわゆる「思考回路」にも、できるだけスムーズに移行できそうな「項目」だけを、厳選してみました。

 

自ら、決心して「チャレンジ」することは、とても難しいことです。たいていのことは、挫折してしまって・・・、という私の場合を含めて、あまり難しいことを並べないようにしました。

 

捨てるに「特化」するメリット

 

なぜ「捨てる」ことばかり?と思うかもしれません。ですが、まず「捨てる」ことから始めないと、片付けに着手することさえ、難しいと判断したからです。それぞれの利点を考えてみましょう。

 

冷却期間のメリット

 

  • 「つもり」症候群から抜け出す

 

わかっている「つもり」なんでしょう。まだあるけど「必要だから」「いずれ使うから」という理由をつけることで、正当化しているんですね。これは、悪い習慣になってしまいます。

 

見極めは、自らと向き合うメリット

 

  • 忘れていたモノと向き合うこと

 

しまい込んだモノたち、置いたまま値札さえついているモノたち、忘れされられたモノと「向き合う」ことで、自らを振り返ることができます。そして、現在の自分自身と向き合うことができます。

 

時間への危機感を持つメリット

 

  • 明日、未来の「有限時間」を考える

 

長寿社会だから、といって、必ずしも「長生き」できるのでしょうか。寿命は、誰にもわかりません。さらに「手足が自由」に動かせて、重いものもラクラク移動できる時間は、案外短いかもしれません。

 

「収納論」を忘れるメリット

 

  • 捨てることに「気持ち」を向けてスッキリ

 

捨てることから始めないと、溢れかえったモノたちの行き場が、ありません。収納が得意だから、といって、部屋中を「収納棚」や「収納ボックス」で埋め尽くされたら、生活できませんし。

 

使い切ることのメリット

 

  • モノを大切にするための「工夫」を学習できる

 

調味料の中でも「マヨネーズ」が大好物です。ついで買いは、調味料の宿命だとさえ、思っていました。使い切る前に「賞味期限」が到来、という困った事態を招かないために、1個を大切に使い切るクセを付けます。

 

スポンサーリンク

片付けを「捨てる」に特化する野望

 

野望!なんて大げさに書いてしまいましたが、願望よりも、強く響くイメージがあったので、気持ちを切り替えるためにも、決意も新たに「行動」できることを3つ挙げてみましょう。

 

ゴミだと認めて捨てれば、片付く

 

 

気のせいだと思ってしまいがちなこと、捨てられない悪循環を断ち切るためには、どうしたら良いでしょう。「捨てられない」には、間違った認識があることが、見えてきます。

 

  • ゴミの中で、自らゴミ化して生きている
  • 有料の指定ゴミ袋を「節約」目的で、置いてある
  • ゴミをため込むのが、得意技になっている

 

気づいているのか、いないのか、おそらく「自覚」が無いんでしょう。あるいは、気のせいだと思っていたり。見て見ぬフリは良くありません。すでに汚部屋と化していることに気づくべきです。

 

ゴミ袋は、有料という時代です。節約志向を間違った方向に作用させると、袋がいっぱいになるまで、放置です。これは、正しい「節約」とは次元が違うワケで、結局「捨てられないループ」にハマっています。

 

一度、ゴミを放置する「クセ」がついてしまうと、後々困った問題が沢山出てきます。探したい「重要書類」のありかが、わからなくなるなんて、恐ろしいことです。

 

仕事に関わる書類の場合、周囲にも迷惑がかかることになります。貯金や貯蓄なら、ため込むクセを付けたいものですが、相手は「ゴミ」です。部屋に入るたびに、意識して「気づき」にしたいもの。

 

気がついたら「捨てる」を習慣にすることで、出来ることから始められます。ゴミを「捨てる」ことは、部屋をキレイにするだけでなく、気持ちもサッパリします。

 

読まない「本・雑誌」は捨てれば片付く

 

 

便利な時代なのに、あえて紙媒体にこだわる理由は、どこにあるのでしょうか。ネットで「情報」を得ることもできますし、端末、メモリといった媒体に、保存することもできます。

 

  • 読まないのに、購入する雑誌がある
  • 後で、まとめて読もうと思っているだけ
  • 積読を「読書好き」と勘違いしている

 

読まない雑誌を購入する理由は「付録」でしょうか。近頃は、創刊しても売り上げが伸びないと消えていく雑誌が沢山あります。魅力ある「付録」ですが、本当に必要なのか「確認する」必要がありそうです。

 

情報を得たいなら、ネットの方が豊富です。後で「まとめて読む」なら、クラウド上に保存しておく方が、効率的です。また、情報の詰め込みすぎは、アタマに負担をかけてしまうでしょう。

 

着ない服は捨てれば、片付く

 

 

洋服選びの基準は、流行りでしょうか?定番型?個性追及型?いろいろな好みがあります。洋服選びは、楽しいんですけど、その後のことを考えて、購入しているのでしょうか。

 

  • 本当は着ないのに、着る服だと思い込んでいる
  • 同じような服が、クローゼットの奥に眠っている
  • ローテーションで着られる「服の数」には限界がある

 

着ない服は、どのくらい前に買った服なのか、その時期も思い出せないくらい。衣替えの時、新しい服を見つけて「嬉しさ」の反面、デザインの好みや、流行を考えてみると、着られない「悲しみ」に気づきます。

 

流行に左右されない「定番品」を買うタイプの人は、ずっとローテーションで着ることができます。セールで、お値打ちになっていると、つい買ってしまう、という悪循環になりやすいという欠点も。

 

帰宅してから、気が付くんですが、同じ色、同じ素材のカットソーが、次々に見つかる事態に・・・。服には、消費期限なるものがありません、ですから、いつ着るのも自由なんですけど・・・。

 

意識したいことは、常にチェックできる分量をキープすることです。「着るかも」から「着ないかも」に考えを切り替えてみましょう。「着ないかも」がクセになると、どんどん数が減っていきます。

 

捨てる「不安」「恐れ」への対処法

 

  • 捨てる以外の方法「リサイクル」から処分を始める

 

手放すことへの不安は、最初は、慣れないので、起こって当然です。本や服の価値を、他人に見てもらうことで、処分に値するかどうかが、わかります。リサイクルの査定などです。

 

リサイクルの価値を知ることは、次の買い物に役立ちます。思ったほど、世間の価値が低かった場合、買う意味を考えるので、無駄な買い物の「抑止力」になります。

 

  • 確実に不要な本や服を減らせる「寄付」や「フリマ」を活用する

 

リサイクルで、引き取ってもらえない価値に気が付いたら、寄付やフリマを活用しましょう。フリマに必ず参加している友人に、会うたびに必ず決めた個数、枚数を渡す、と決めてクセにしてしまいましょう。

 

一度、手放してしまえば、案外、平気なものです。後日、何事もなかったように、生きていることに気づかされます。「処分」は「捨てる」を意識できたことの証です。

 

モノを処分することや「捨てる」時、必ず「どれを処分するのか」というチョイスをします。処分や「捨てる」ことで、本当に大切なモノの存在が、見えてきます。

 

まとめ

 

実は、捨てることで見えてくるのは、本当の自分なんです。片付けの基本が、自分探しともいわれていますが、捨てるからこそ、余計なモノをそぎ落とした「本当の自分の姿」が現れます。

 

  • 思考回路が「捨てる」にリンクしていないと始まらない
  • まずは、収納論を忘れて、捨てる特化型思考になろう
  • 捨てることで、得られる「メリット」は、モノの大切さに気づくこと
  • ゴミだと「認める」ことから、「捨てる」行動になっていく
  • 読まない本、着ない服は「捨てる」を意識してみる
  • 捨てることに「不安」があるなら「リサイクル」などから始める

 

捨てることは、クセをつけることによって、片付けに変化していきます。本当に大切なモノを「チョイスするチカラ」もついていきます。ということは、判断力が冴えてくる!ということ。

 

自分自身が行動しないと不要なモノたちは「勝手」に処分場に行ってくれません。不用品たちが自らの引き際を察知して「脚を生やして」動き出したらいいのにそれはもはや「ホラー」でしかありませんから。

 

買ったモノたちは選ばれてそこに「存在」し続けます。「捨てる」のは買った本人が決めるしか方法はありません。この記事が第二の私を生み出さない「抑止力」として少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク