2018-10-14

人が矛盾してる?なんか違う?違和感を感じたら自分軸を見直す時

人は働きすぎたり誰かのために一生懸命になりすぎたり度を越えた「体力」や「感情」を使いつくした時疲れ切ってしまいます。疲弊した毎日を苦しみながら送っていませんか?

 

 

苦しみすぎて、とうとう避難せざるを得なくなって。心理学と出会ったわけですが、もうそれは「矛盾」や「違和感」の連続でした。苦しみを乗り越えたからこそ「生きるためのヒント」を学ぶことができたんです。

 

やっぱり、人生って、矛盾や違和感の連続なんです。

 

スポンサーリンク

なんか違う?という違和感

 

人は第一印象を大切にしていますね。第一印象は人の一部を見ているということがポイントなのです。一度受けた印象は忘れがたいものです。一度だけの印象から深読みしたり重要視することよくあること。

 

  • 人と初めて対面したとき
  • 初めて会った人の見た目
  • いちばん最初の挨拶
  • 第一印象をつかむまでの会話

 

第一印象として受ける影響は、それぞれにあるでしょう。では第一印象の時に非常に好感を持ったと仮定しましょう。人は相手から受けた好印象をしばらくの間保っていることができます。

 

次に会うまで次に会ったときも印象が変わらなかった場合も含めてです。好印象という一部分だけの情報に期待してしまう、ということなのです。あるいは第一印象の時に何とも言えない違和感を感じ取ることも。

 

好印象のケースと同じように違和感は次回再会するまで忘れないのです。でも実は違和感をキャッチするってとっても大切なことなんです。

 

違和感は断片的?

 

違和感という印象も相手の一部分しかみていない状態なのです。違和感だけに注目することで相手の印象が良くないと思い続けてしまうこと。第一印象に左右されてしまうのは人としてはごくごく自然なことです。

 

人と関わる時第一印象は重要です。でも一部分の印象によって誤解を招いている場合も実はあるのです。常にメリットとデメリットが存在することと同じことです。

 

断片的な部分を重要視することで思い込みがうまれます。思い込みで誤解が生まれるということは、良い面を見続けていれば幸せです。いわゆるメリットです。

 

デメリットとしては良い面以外の断片を見続けることです。この矛盾した現象についてどのように対処すればよいのでしょうか?

 

歪んで見えるもの

 

人は物事を都合の良い方向に考える傾向があることをご存知ですか?肝心なところで片面だけを信じ続け根拠のない自信が沸き起こるのです。恋愛においても仕事での商談においても共通する仕組み。

 

人は物理的な機械ではありません。人はココロ動かされるから恋もします。人はココロ動かされるから商談が成立するのです。忘れてはいけないのは恋も会社同士のお付き合いも長続きさせる秘訣のこと。

 

好印象というメリットと違和感というデメリットを認めることなんです。第一印象でココロをつかまれたと思う時は、ぜひ第二印象を探ってみましょう。善と悪にわける必要はありません。

 

目の前のものを信じたいというココロが引き起こすケミストリーがあるんです。歪んで見えるのは悪いことばかりではないんです。無意識に物事を歪めてみている場合、それは大抵goodポイントだったりします。

 

矛盾によって人は成り立っているということなのです。

 

恋も、人間関係と同じ?

 

始めた恋について考えてみましょう。もしもなんだか違和感を感じてツラいと思う時ツラい原因を探ってみるのです。お相手の一部つまり断片だけを見つめすぎていませんか?

 

ツラいと思うことはココロで自然に感じる違和感。アタマで考えたりせずにココロで自然に受け止めて向き合うことが大切なのです。生きている限り人との関わりは避けられません。

 

ぜひ物事には矛盾があることを意識してみましょう。

 

スポンサーリンク

「矛盾」がノーマル

 

人と人同士が関わりながら時に違和感を認識しながら生きています。つい違和感をまるごと受け止めてしまいがちです。まずは人と向き合って見ましょう。

 

違和感に矛盾を感じた場合それはノーマルなんです。複雑な現代社会において会社や人間関係で変だと思うことはありませんか?現代社会で生き抜くには時に不条理だと感じることが。

 

不条理だと思うことは違和感を感じているココロが発信している信号です。普通に生きていてもココロのアンテナはキャッチするのです。複雑すぎる現代社会では「違和感」や「不条理」が矛盾となります。

 

矛盾をノーマルだと思えないとこだわりが芽生えてしまうのです。

 

矛盾は必要なこと?

 

実は現代社会を生き抜くうえで必要なことが「矛盾」なのです。意外だと思われるかもしれません。でもよく考えてみてください。毎日会社の人や親に注意されたり怒られるのはなぜ?

 

毎回なぜ私のせいになるの?当人の自覚のないところで起こっていることがあるからです。見えない現実があって当然ですよね。関わる全ての人の日常を24時間観察するわけにもいきません。

 

みんな忙しい中で小さな衝突を繰り返しながら成長していくのです.。

 

身近にある矛盾の存在

 

一度立ち止まってじっくりと周りを見渡してみましょう。見えてくる「矛盾」は意外に身近にたくさん存在します。今日言っていることと昨日言ったことが違うと思うことはありませんか?

 

正反対な態度にビックリすることはありませんか?戸惑いを感じたら「矛盾」の存在と向き合ってみましょう。個人の問題にとどまりません。会社や組織としても「矛盾」があるから存続するのです。

 

違和感が起こりやすい時とはどのような時でしょうか。

 

  • 親の時代が終わり、若手の後継ぎの時代が始まる時
  • 人事異動などで、部署のメンバーが総入れ替えになった時
  • 転職した時
  • クラス替えが行われた時
  • 転校した時
  • 入学する時

 

違和感を感じるのは当然な場面ばかり。「慣れていないから」なのです。

 

矛盾の割り切り方

 

「矛盾」がノーマルだとする時が来たのだと割り切ってみませんか?ノーマルである矛盾のことを当たり前だと思ってみるんです。「矛盾」と向き合い認識することで人は選んだ環境に馴染んでいくのです。

 

あなたが主人公なのです。あなた自身が選択した「矛盾」の世界をじっくり観察してみましょう。あわてなくても大丈夫です。「矛盾」を無理に受け入れる必要はありません。

 

選択肢の権限はあなたにあるのです。避けて通りたい気持ちも発生するかもしれません。ただ「矛盾」の世界はどこにでも存在するのです。うまく避けたと思ってもその場しのぎとなるでしょう。

 

いつか違う「矛盾」と遭遇するのです。「いつか」が到来した時どうすればよいでしょう。まずは向き合うことです。さらに認めることができたら素晴らしいですね。

 

「矛盾」はどこにでも存在するいたってノーマルな現象だということなのです。

 

基準を間違えると不安定

 

矛盾だらけの世の中で困惑してしまうことは良くあること。困惑しがちな厳しい現代社会の中で強く生き抜きたい気持ちもあります。では生き抜くためにはどうすればよいのでしょうか。

 

ここでの矛盾とはどのように厄介なのでしょうか。

 

  • 簡単に振り回してくる
  • 壊すことが得意
  • すぐに巻き込もうとしてくる

 

どうしても避けて通れないときもあるでしょう。避けられない事態に陥ったときには自分自身を強く意識することです。対策をとること。対策としてまず手始めに「思考停止」という方法があります。

 

  • 考えることをやめてみましょう
  • 頭を休ませてみましょう
  • 自分自身を、楽にしてあげましょう

 

突然「矛盾」はやってきます。巻き込まれてしまったら焦らずに労わってあげましょう。振り回されたり巻き込まれるようなときに備えることはできないんです。

 

無意識に巻き込まれることがほとんど。気が付いたら振り回されていたということもあり得ます。

 

自分軸の重要性

 

ココロが休まるときがないと揺らぎそうです。安息の時間がないと周りが見えなくなってしまいがちです。気が付いたときでも遅くはありません。思いきって周囲のことを一時的に忘れましょう。

 

そして我が身を労わるための休み時間を与えてあげましょう。一息ついた時にココロに問いかけてみましょう。誰を基準にして物事を進めていますか?何を中心に考えていますか?

 

振り回される理由は自分以外を基準にしている場合が多いのです。

 

  • 自分自身を基準にしてみましょう
  • 自分自身を軸にして考えてみましょう

 

少しずつ自分軸を鍛えましょう。自己中心的に物事を考えてみるのもいいかもしれません。なぜならずっと周囲を優先してきたんですから。明日は我が身に問いかけながら進めていきましょう。

 

ひとつずつ一歩ずつ進めることが大切です。少しずつ成長していくココロを感じとっていきましょう。

 

まとめ:自分自身の喜びを得るために

 

 

相手に喜んでほしい!みんなのために喜ばれることをしよう!ステキな考えですね。でも自分自身のココロも本当に喜んでいますか?自分自身のココロに鏡を当てるように見てみましょう。

 

喜びについて、問いかけてみる

 

もし自分自身は関係ないからと思っていたら要注意!自分自身のココロに問いかけてみましょう。お疲れモードになっていませんか?相手に喜んでほしいという気持ちに集中しすぎていませんか?

 

みんなが喜んでくれたらそれでいい、なんて思っていませんか?自分自身をどこかに置き去りにしていませんか?あなた自身のココロがどこかに置き去りにされていたのなら取り戻しましょう。

 

あなたのココロを探しに行きましょう。そのためにもまずはリラックスすることに集中してみましょう。

 

気にしてしまうクセ?

 

会社でうまくやっていけないと困るのは経済的な面が心配だからですか?人の目が気になるからですか?会社でも人との関係においてもバランスをとることは大切です。

 

自分以外を第一に考えてしまう時は基準の置き方を見直しましょう。価値観はあなた次第です。選択するのもあなた自身でしたね。あなた自身が喜ぶからみんなも嬉しいんです。

 

あなた自身の喜びはみんなの喜びにつながっているのです。まずはあなた自身が喜びをかみしめましょう。

 

幸せになってみよう

 

あなたが最初に幸せになることで周りにどんどん広がっていくのです。一度自分自身にテストしてみませんか?真偽のほどはテストをしてみてから確認できるはず。

 

テストしてみて自分自身に問いかけてみましょう。あなた自身にしか解けない問いなんです。周囲をハッピーにするために我が身を幸せにしてあげましょう。

スポンサーリンク