2018-09-28

マルチーズの性格!よく吠えるの?ブリーダーさんに聞いたこと

愛くるしい瞳パッチリ!がトレードマークのマルチーズ。とってもカワイイですよね。見た目に満足すると次に性格や性質を探りたくなってしまうのが心情というもの。

愛くるしい瞳に見つめられると「かわいすぎて」つい性格なんてどうでもいいんじゃない?と二の次にしてしまう気持ちとってもわかります。

性格よりも体格や体型を気にしたりもするでしょう。見た目の情報を集めることは意外に簡単な時代。だからこそ満足し切れない気持ちがあるのも確か。

ブリーダー情報や生まれた環境による性格や性質が気になるものです。特にマルチーズは良く吠えるというウワサを聞くことが多いので心配になってズバリ聞きました。

「吠えるの?」それとも「おとなしいの?」

家族として受け入れるココロの準備段階として最重要項目のひとつではないでしょうか?「吠える」と一口に言っても24時間365日吠え続けるとは思えません。

コトバが話せないイキモノだからこそ私たちがイメージする「吠える」ことは非常に幅広い意味合いがあることがわかりました。

「甘えん坊なの?」それとも「寂しがり屋なの?」

マルチーズの性質で有名なのは「甘え上手」というイメージ。日頃の行動パターンから読み解くことができれば一緒に過ごす時に楽しめそうな気がしますよね。

もし「寂しい」というメッセージが何かの「しぐさ」でわかるなら。家族として寂しい思いをさせないような対策を取って飼育環境を整えたいものです。

パピーをお迎えするときの心構えが良くわからなかった当時の話ですが。もう心配症ってバレバレなくらいにブリーダーさんに質問攻めです。

全ては子犬を家族にしたい一心でのこと。結局ブリーダーさんを困らせてしまって反省すべき部分も。性格は個体差があっても共通点は多いのがマルチーズという犬種の特徴だとか。

心配な部分や気になる「性格」について実際に私がマルチーズをお迎えする時に「聞いたこと」「確認したこと」についてご紹介していきます。

まる
家族選びって大切だよ~

スポンサーリンク

マルチーズは吠えるの?おとなしいの?

まず気になるのは無駄吠え。マルチーズについて詳しくない場合「意味もなく」吠えることに対する警戒心は持ってしまいます。たとえ見た目が可愛くても。

■ ブリーダーさんに突撃インタビューしてみた!

「マルチーズって無駄吠えが多いって本当ですか?」

「マルチーズって実はおとなしいってウワサの真相は?」

ペットショップで知り合ったブリーダーさんに気になることを聞いてみました。でも当時の質問の仕方を振り返ってみると飼い主目線というより一方的すぎたかも、という反省点も。

人間側の都合で質問していたということなんです。反省は確かにすべきなんですが今後想定される近所迷惑なことや遺伝的な問題については当然気にしなければなりません。

そういう意味では質問することへの正当化へかじ取りしたくなるもの。正直なところ必要な場面では吠えて教えてほしいという気持ちがあります。

逆に「うるさい!」と思う程度には吠えてほしくない気持ちも。同時に真逆の感情や考えが駆け巡ってしまうのが人間というものでしょう。

  • 実際に吠える度合いは、どうなの?
  • マルチーズって本当におとなしいの?

複雑な心境でした。結局は自己責任になるワケで。家族として迎えるのであれば当然飼い主としての責任は生じる事になるんですよね。色んな事を想定しながらマルチーズを探していました。

人によって解釈の仕方はそれぞれ。犬だってきっと同じでしょう。人の感情と同じように文句を言いたい時があったり実際に不平不満を愚痴ったり。

だからこそ知りたいという気持ちもあるんですね。

まる
共感してくれる飼い主にチョッピリ感動かも~

吠えるかどうかを聞いてみた

当時小さくて可愛いマルチーズをショップで見つけて販売員さんと協議していました。もう何度もペットショップに通っていたワケですが今考えると慎重すぎたと思う部分も。

ある日のこと。「ブリーダーさんがペットショップに来ていますよ!」と連絡を受けて速攻でショップに駆け付けました。到着するなり挨拶もそこそこに質問攻撃を開始!

ブリーダーさんは「オレって昔はイケイケだったゼ」系のちょっぴりコワモテ顔。そんなコワモテおじさんもタジタジさせてしまいました。

まる
あんまり困らせちゃダメだよ~

とにかく必死だったので。困らせるつもりなど無かったんです。でも大切な命を一生涯見届けることを覚悟するために聞くワケで。最初が肝心!ということで答えてもらったんです。

 マルチーズって性格的に吠えるの?

ブリーダーさんによれば犬種を問わず「吠えない犬はいません」とのこと。吠える理由があって吠えるのは伝えたい事があるから。危険を察知する時も含めて。

ブリーダーさんからの情報は本当に頼りになりました。マルチーズという犬を家族にするために生涯たいせつな家族として共に生きる事が出来るのかを判断します。

ショップの方によれば「吠えますか?」という質問は非常に多いとのこと。マルチーズに限らず犬を飼うことに対して共通の不安や疑問があることも知ったのです。

  • 吠える理由があること
  • 伝えたいから吠える
  • 危険を察知して吠える

犬だって生き物です。犬種に限らず一生吠えない、というのはあり得ませんよね。ある程度吠えると分かったとしても気になってしまうのは無駄吠えのこと。

ブリーダーさんも「それ良く聞かれるんですよね」と言いつつ結論づけたのは「飼育環境によります」という一言でした。飼育環境ってどういうことなんでしょう。

それ「無駄吠え」ですか?

マルチーズの性格は「飼育環境」から形成されるということなんです。ブリーダーさんが言った飼育環境とは?つまり私たち飼い主が家族として迎え入れてからのこと。

マルチーズと家族として共同生活を始めて以降の生活環境からの影響というワケなんですね。以下にブリーダーさんからの情報あるあるをご紹介しましょう。

  • おとなしくって、かわいいですよ
  • 走り回って、とっても元気ですよ
  • お父さんがチャンピオン犬なんですよ

いわゆる健康状態のほうが重要なのです。譲りうけるほうもパピー犬が吠えるのかどうかよりも気になることって沢山あるんですね。例えば将来大きな病気をする可能性だとか。

遺伝子レベルの話になってきてしまうのですが重要視すべき問題は本来そうあるべきだと考えることも出来ます。でも何かが根本的に違うと思うこともあるんです。

ただ無駄に吠えるのでは無いということ。無駄吠えと判断されるのは、どんな種類の吠え方なのでしょう。多くが悲しみから沸き起こる犬の感情と言えます。

無駄吠えだと言えない現状を考えてみると理解できるでしょう。母犬と早々に引き離されてしまい孤独で小さなパピー犬という背景があることです。

人間でさえ成人まで親に育ててもらう人が大多数です。愛情の大きさと比例して犬を家族としてなら吠える犬の気持ちも理解できるのではないでしょうか?

特に元来の愛玩犬マルチーズは人に対して家族と同様の愛情を求めるのも納得ですよね。むしろ愛情表現は犬の方が得意です。ですから飼い主が気付いてあげることが大切。

スポンサーリンク

一般的なマルチーズの性格

  • 穏やか
  • 飼い主に懐く
  • 無性の愛を与えてくれる
  • 明るい
  • 神経質
  • 大胆
  • 素直

マルチーズを家族として迎えようとした時にはペットショップのオーナーさんと何度も話し合いました。何度もショップに通ったご縁もあります。

オーナーさんが時間を割いて説明してくれたことは勉強になったのです。だからこそ飼い主になる前にぜひ確認したい項目を振り返りつつまとめてみました。

  • どんなところで生まれたのか
  • 犬舎の衛生状態はどうなのか
  • 専門としている犬種と種別
  • 畜産農家の兼業なのかどうか
  • 価格設定は適正かどうか

少しずつ勉強しながらですが飼い主になる責任感から安全や衛生面をよく確認した上で譲りうけたのです。だからこそなのでしょうか。後日驚いた事がありました。

当時多忙な会社員をしていたにも関わらずブリーダーの営業を持ち掛けられたのです。しかも実費で5~10万円相当の費用がかかると言われました。

生まれたパピー犬は買い取りますから、という口約束のみで。大切な家族である一番大切なマルチーズの健康状態については何の保証も無いのです。

ブリーダーという仕事に興味ある人は除いて安易に引き受ける話ではありません。そのような声掛けがあった場合は大切な家族である母体の負担のことを良く考えましょう。

もちろん家族が増えることが生きがいだったり多頭飼いが目的だった場合はブリーダーさんやショップの方と良く相談して楽しいペット増員計画を。

まとめ

甘えん坊さんのマルチーズの気持ちをまとめてみました。

  • お腹すいた
  • さみしい
  • どこに行ってたの?
  • どこに行くの?
  • 仲間外れにしないで
  • おいしそうな匂いだね
  • 眠いよ
  • 暑いよ
  • 寒いよ
  • ひとりにしないで
  • 今は、かまわないでほしい

本来犬という生き物は大切な家族の気持ちを察することができます。マルチーズは性質上基本的に無駄吠えとは無関係だと学びました。今回飼い主としての自覚とともに導き出した答えなのです。

スポンサーリンク