2018-09-26

マルチーズは「丸」!可愛い魅力と実用的な環境整備ポイント 

マルタ島原産のマルチーズという犬について語ります。メディアで、よく取り上げられる「マルタ島のマルチーズ」を観ました。意外なことに、典型的だと思っていた真っ白い犬が、島内には少ないのです。

 

 

少し茶色が混ざっていたりして、びっくりした記憶があります。

 

スポンサーリンク

マルチーズ愛好家族が出会った、可愛すぎる女の子

 

マルチーズは、基本的には、真っ白なんです。生まれて4カ月で、家族となった我が家のマルチーズさんのことです。とても小さく生まれたとかで、おまけに小食なことが心配でした。

 

新しい家族になるには、生まれてから4カ月という時期は、少し遅いらしいんです。それは、6か月には、成犬として成長してしまうからです。

 

家族として成長を見守る

 

6カ月までの2か月間、パピー犬として扱うことへの覚悟は相当なものでした。食事も、しつけに関しても、それは本当に大変な毎日だった記憶があります。家族として、その大切な2か月の間、成長を見守る時期に、気になることがありました。

 

耳や部分的に黄色系や茶色系の色が残っていたことも、心配でした。果たして、真っ白なマルチーズちゃんに育ってくれるのか不安もありましたね。一番恐れたことは、病気についてです。

 

心配なことが、たくさんありすぎて、家族みんなが、もうヒヤヒヤする毎日でした。でも有難いことに、1歳くらいになるころまでに、解決することができました。

 

食事を改善したり、飼育環境を整備したりしたことが良かったのでしょうか。全身が真っ白な、マルチーズちゃんになってくれました。

 

真っ白なマルチーズに、涙焼けは似合わない

 

涙焼けは、真っ白がトレードマークであるマルチーズの、永遠の課題ですね。1歳になっても、改善されなかったこともあり、これは難題だ、と思っていました。

 

そして、悩みに悩んだ末、獣医さんめぐりをすることになったのです。今思えば、獣医さんとの出会いはラッキーだと思えます。家族にとっても、犬にとっても、一番大切なことだと痛感するのです。

 

技術力や、検査機器の導入次第で、獣医さんに安心してお任せできますね。設備関係はそれぞれに、大きな違いがあることを知りました。

 

感謝!めぐりあえたのは、飼い主目線の獣医さん

 

検査と、最新機器のテスト治療で、奇跡的に涙腺がスムーズになったのです。その時の感動たるや、今でも鮮明に思い出せるくらいです。獣医さんに、完全にお任せ状態だったのです。

 

というよりも、すがるしかない状態でしたから、本当に感謝、感謝でした。飼い主の気持ちを、キチンと汲み取ってくれる獣医さんにめぐりあえることは奇跡です。

 

犬にとっても、家族にとっても、有難く、素晴らしいことでした。

 

ぜひ克服したい涙焼け

 

無事に、涙焼けがおさまったことは、獣医さんも少し驚いたくらいです。涙焼けは、マルチーズにとって永遠の課題だというのも納得です。我が家のアイドルマルチーズ犬は、モデル犬のように真っ白いお顔になりました。

 

もう、家族みんなで、お祝いムード一色です。犬のパピー時代を、「仔犬」と表現をすることがあります。文字的な部分で、表現するには、ステキだと思うのです。

 

「ニンベンにコドモのコ」という文字は、人に依存し、頼っているという意味になります。そう思えるのです。家族として、犬と接して生活しています。「子犬」というよりも「仔犬」と表現するほうが、なんだかしっくりくるんですよね。

 

ハイ、これは単なる、親バカならぬ、犬バカなのです。

 

マルチーズのサマーカットは、可愛い上に実用的?

 

 

家族で、マルチーズとずっと過ごす上で、欠かせないことがあります。そのひとつに、マルチーズの「トリミング」問題があります。「カット」のことで、人間に例えると、散髪のことです。

 

「カット」することを、「トリミング」と言います。なぜ、「トリミング」が問題なの?と思われるでしょう。女の子のマルチーズは、実は、長毛に仕上げるのは、至難の業なのです。

 

無理、というわけではないのです。キチンと、お手入れできる環境なら、可能でしょう。でも、家族みんなが働いていたり、学校に行っていたりするわけです。

 

お留守番犬として、家で待機していることが多いのが現実ですよね。そんな中で、毎日お手入れ、長い被毛をブラッシングするのは難しいです。時間については、家族みんなが忙しくて、なかなかタイミングもあいません。

 

ちょっぴりカールを可愛く活かす

 

シルクのように細くて、被毛を長く伸ばせば伸ばすほど、絡まりやすいのです。細くて、シングルコートの繊細な被毛には、難点があるのです。なぜ、伸ばすほど、絡まって厄介なのでしょう。

 

それは、マルチーズの女の子の特徴でもある「ちょっぴりカール」なのです。クセのある被毛、なんて言ってしまうと、マルチーズのプライドが許さないでしょうか。

 

あくまでも「ちょっぴりカール」なのです。もちろん、毎日のブラッシングに時間をかければ、長毛にすることは可能でしょう。クジャクや鳥のオスは、とてもきれいな色ですよね。

 

頭部や尻尾の羽がメスよりも豪華だったり長かったりします。ライオンなど動物の、オスもタテガミがとても素敵です。マルチーズちゃんが、女の子の場合は、長毛は男の子にお任せしたいですね。

 

スポンサーリンク

雑念だらけの人間とは別格!神聖なる動物たち

 

わかっていながら比較してみます。人間目線で見ると、なんだか少し変ですね。国の文化の違いはあるものの、人間の男子と女子を比較してみるとわかります
男子が女子にアピールするために、女子よりも美しく着飾るでしょうか。

 

あまり聞いたことがありません。それ以前に人間は、鳥類や野生の動物のアピールポイントである構造ではないですよね。とても不思議な仕組みだと思うのです。

 

ごく稀に、女子よりも派手で豪華でステキな男子がいることも確かではありますね。でも、それは女子へのアピールではなく、大抵自己主張、個性であることが多いですよね。

 

犬の話に戻しますがマルチーズも、チャンピオン犬はたいていオスだったりしますね

 

女の子のマルチーズは、短毛カットが一番似合う

 

 

メスはほどほどにフワフワになるくらいがちょうどいいんです。美しくしあがりますし、お手入れもラクラクですよね。マルチーズちゃんの女の子は、長毛にしなくても十分にかわいいのです。

(ハイ、犬バカ目線です)

 

オシャレのバリエーションが人間以上?

 

近頃は人の都合でサマーカットという言葉が流行っていますね。男の子も女の子も関係なく、ウルフカットやプードルカットにチャレンジです。手足にバリカンをかけて指丸出しも普通なんですね。

 

皮膚を清潔に保つためにもなるので、一石二鳥です。トリマーさん専用雑誌の、マルチーズちゃん特集はとても興味深いです。人の美容師さん並みに、オシャレカットを追求しています。

 

オシャレカットはマルチーズの皮膚対策

 

我が家の場合はマルチーズちゃんに皮膚疾患が見つかりました。湿度や室温の変化に敏感だったということです。皮膚疾患の対策のためにトリミングの時には短くカットすることにしました。

 

マルチーズという犬種は被毛の構造がシンプルなので皮膚を常に清潔にして風通しを良くしてあげるだけでかなり改善しました。最近は皮膚対策ではなくてもおしゃれカットが流行りのようです。

 

シングルコートだからと安心しすぎずに、よく観察してあげることが必要です。季節の変わり目の被毛の抜けが極めて少ないので年中同じ被毛に覆われています。

 

梅雨の季節や湿気対策として考えてあげる必要があるでしょう。皮膚を程よく風通しよく短くカットしてあげることが大切です。

 

おウチでお手入れ!マルチーズとの絆が深まるツボ

 

女の子のマルチーズだからこそですが短毛の特典として自宅でのお手入れも簡単になります。長毛の場合自宅でシャンプーしたときのブラッシングがとても大変。

 

乾かすのにもかなりの時間がかかってしまいます。でもサマーカットにすると、かなりの時短につながるのです。なにより清潔感を保てるという嬉しいメリットが付いてきます。

 

犬服でオシャレさん七変化

 

サマーカットで風通しを良くするというメリットの他に、ちょっと肌寒い季節などは犬服という手段でオシャレさんに自在に変化させることができます。首輪のかわりにバンダナやネックウォーマーまで。

 

確かに首輪は散歩の時に必需品だった時代があります。小型犬の首の骨はとても脱臼しやすいということが分かってからハーネスという形が広がっていきました。

 

首で引っ張るのではなく、胴そのものを引っ張ってあげるというものです。時代は進化しました。ハーネスのメリットはワンちゃんがとってもラクだという点と安心感ですね。

 

ハーネスからリードをつなぐと肩、胸、脇などバランス良く負担を最小限にすることができます。首輪やハーネスが不要という完全お洋服派の場合、ワンちゃん専用カートという方法もあります。

 

多頭買いの場合はリードが絡むことが無くカートに乗せて一度に運べるのでワンちゃんもラクラクです。

 

お手入れシャンプーは、年齢別、目的別

 

マルチーズの仔犬は超小型の場合500g未満で新しい家族と出会います。成犬になるまで6ヶ月、あっという間に2~3kgになるケースが多いです。中でも2kg前後というマルチーズは極小サイズ。

 

小さいサイズほど人気なので超小型マルチーズのブリーダーさんを探すのが大変。基本的にとても賢い犬種なので「しつけ」は簡単というよりも覚えるのが非常に早いのです。

 

引き渡しの日程までにブリーダーさんの方で既にしつけ済みということも多々。本当におりこうさんな犬ですね。マルチーズのシャンプーや飼育環境について生まれた状況などから引き継ぐ程度。

 

基本形はしつけ本などに詳しく掲載がありますがパピー犬を育てる過程において試行錯誤はつきもの。手を焼いてこそ愛着がわきますし新たな発見を家族として喜べるのです。

 

ひとつ新しいマルチーズの個性を見つける度に嬉しくもなりますが、同じ犬種でも個体差があるので性格もそれぞれ。新しく家族に迎え入れたら環境を整えるべく観察の日々。

 

かかりつけの獣医さんに相談しながらお手入れ用品や衛生用品などを変更したり見直したりします。マルチーズの個性に合わせてお世話してあげることはごく自然な流れと言えますね。

 

困った時や緊急時のためにカルテ登録が必要なワケ

 

かかりつけの獣医さんがある場合と無い場合では困った時に飼い主が頼れる存在の有無に直結します。特に信頼できる獣医さんとの出会いは重要でアドバイスをもらうことの大切さを痛感します。

 

頼れる獣医さんを見つけたら予めカルテ登録しておきましょう。カルテ登録していると何かと特典をうけられる動物病院もあります。また獣医さんとマルチーズの相性にも注目しましょう。

 

困った時以外にも気軽に相談できるのもメリットです。緊急時には提携している獣医さんに頼れる安心感が得られます。国が制定している毎年犬の登録の他に予防接種などの対策や健康チェックも大切なこと。

 

カルテが登録してあることで必要な手続きアドバイスも受けられます。

 

家族としてマルチーズに試行錯誤

 

家族として飼い犬ではあるものの室内で飼育する上でお互いが観察しているということを忘れないようにしましょう。人が衣食住にこだわるのと同じように犬もこだわりがあります。

 

観察しているとクセや好みを知る事が出来ます。生まれた環境とはガラリと違った場所に一匹放り込まれた気分でしょう。警戒したり慎重になったりするのは仕方のないこと。

 

衣食住まるごと家族に馴染むようにゆっくりと変化させていきます。試行錯誤は常についてまわります。愛玩犬と言われるマルチーズに癒される毎日が始まるのですから出来ることから始めましょう。

 

楽しみながら食事内容を変えたり、くつろぎのスペースを作ってあげたりするのは家族を想う気持ちにつながります。愛情をたっぷりと与えてあげたいですね。

 

スポンサーリンク

まとめ:マルチーズは無償の愛を与えてくれる

 

 

犬を家族に迎えることは現実問題本当に大変なことです。家族が毎日あの手この手で試行錯誤をしなければなりません。マルチーズという犬種はその様子を理解しているかのようです。

 

言葉も毎日繰り返し聴いていると言葉にならない鳴き声で一生懸命訴えかけようとしてくれますから健気だとしか言いようがありません。人にも感性があるように犬にも気持ちはあるのです。

 

愛情表現だと言えるのかどうかは毎日接している家族にしかわからない暗号のようなもの。じっと見つめる大きな瞳を見ていると通じているような気さえします。

 

家族の会話に嫉妬したり常に我が家の登場人物として意識してほしいと言っているかのようです。何より家族の気持ちを察してくれているのはマルチーズならではの特性だと考えることもできます。

 

愛玩犬マルチーズ観察記

 

愛玩犬としての運命をマルチーズは悟っているかのように見えます。特に家族にいつでも寄り添ってくれる姿には感心してしまいます。またお留守番の後にヒステリックになることもありません。

 

むしろ歓迎ムードなのです。ひとつひとつのマルチーズの動作を観察していると伝わってきます。やはり無償の愛を精一杯表現しているのです。そうやって見えてしまうから仕方ありません。

 

喜怒哀楽という感情は愛玩犬であるマルチーズにあるのかどうかは一目瞭然。すくなくとも「怒」という感情は家族に見せることは非常に少ない犬種です。

 

怒りよりも悲しみや憂いなどで表現するのがとても上手なのです。犬バカ博士だと豪語してしまいますが愛玩犬マルチーズを観察し続けてしまいます。今日も魅力に溢れているから。

 

語り尽くせないのでマルチーズの魅力特集を思案中です。長く一緒に楽しく過ごすことや観察したり発見することは本当に感慨深いものなのです。

スポンサーリンク