2018-11-10

マルチーズって暑さに強いの?工夫する姿を観察してみた

毎年記録を更新し続ける猛暑には本当に参りますよね。体温を超える気温は人間だけでなくペットにも影響があるはず。おまけに温暖化だとか言っておきながら、突然のドカ雪とか・・・。

 

 

近年の日本の古き良き四季は、どこに行ってしまったのでしょう。異常な気候のことを考えていたら我が家のマルチーズのことが心配です。

 

スポンサーリンク

マルチーズは暑さに強いの?

 

この夏、あまりの猛暑に、毎日人がバタバタ倒れていました。ニュースを見るたびにその人数は増えていくので、明日は我が身?と危機感が。我が家のマルチーズさんといえば、暑い夏でも、縁側のヒナタぼっこが大好き?

 

もちろん、マルチーズさんが、そう言ったわけじゃないですけど。暑い日なのに、縁側にトコトコ歩いていくんです。縁側のカーテン越しに、外を眺めながら・・・。

 

座布団持ってきての合図?

 

マルチーズは、猛暑だというのに「ひなた」でくつろぐつもりなんです。ちょっと、大丈夫?なんて思いながらも、けなげにお座りしてお待ちです。そうです、我が家の場合、必ず合図をやり取りするんです。

 

お腹すいた、とは微妙に違う、優しさあふれる視線を送ってくるんです。カドラーから座布団を持ってきてあげると「待ってました!」といわんばかりです。「ひなた」の位置に置いてあげようとしているのに、ピョーンなんて飛んくるワケで・・・。

 

いやいや、気持ちワンテンポ早い!ってことなんです。嬉しいんでしょうけど、座布団を設置中なのに、手の上にお座りするんです。違和感に気づいているのか、いないのか・・・。いやはや。

 

まだいたの?みたいな冷た~い視線を一瞬投げかけて、プイっと外を向きます。そして、くつろぎ始めるんですね。完全に参りました。王手打たれましたって感じで、敗北感たっぷりの人間が、その場を去ります。

 

縁側でキミは何を思ふ?

 

大通りから一本入ったところなので、ちょっと静かなんです。でも、配達する人とか、近所の人たちは縁側の前の道を通ります。途端に、低い唸り声と、目の前のガラスに手をかけるんでしょう。

「ウゥゥゥゥウ・・・カツっカツカツカツっ」うなり声と、ガラスに爪をあてる音が、リズミカル。

 

何を思っているんでしょう・・・。時々、静かすぎる?と気になるので、縁側に目をやると、ビックリな光景なんですよ。そこには、全身「ただいま絶賛脱力中」のマルチーズさんのお姿・・・。

 

高貴なはずのマルチーズさんが、ドテーンと完全油断の横体勢でした。例えると、テレビをみながらソファーに横たわる休日のお父さん、といったところでしょう。

 

結局、暑いの?

 

「絶賛脱力中」だったはずのマルチーズさん、突然思いたったように動きます。「なになに、どうした?」そんな家族の心配をよそに、また驚きの行動にでるんですね。

 

冷たい床を探し求める?

 

歩くというより、ノソノソ、超小さいのにゾウさんのようです。若干、息も上がっているようですね。犬も、肩で息をするんだって知りました。肉球で探りあてながら、慎重に歩くようにも見えます。

 

日陰で冷たい床といえば、ひなた側とは反対の北側です。お水や、エサを置くスペースは、ヒンヤリしています。お水を飲むかと思えば、ズルルーンと体全体を伸ばして「超脱力的な伏せ」の体勢!

 

被毛で隠れていないお腹周りを、冷やすんですね。冷やすのは、一瞬のことです。水分補給を十分に済ませると、また縁側にノソノソと向かうんです。暑くないんかーい!

 

思わずツッコミを入れたくなるくらいに、くりかえすんですね。ひなたと、日陰の定期的な移動です。

 

暑くても平気?

 

懲りずに縁側に行くということは、暑いというよりも外を眺めたい?外が暗くなったり、カーテンを閉めたりすると、移動の繰り返しは終了です。外を眺めたいから、暑さを我慢するのか、暑さに耐えられるのか・・・。

 

適度な日光浴は、必要です。でもやっぱり「全身脱力の休日のお父さん姿勢」を見てしまうと何とも言えません。ただ、暑さよりも外の景色への好奇心が強いんだとしたら、平気なんでしょう。

 

「暑さなんて、へっちゃらっ」という感じなのでしょう。連日の猛暑に、ダルダル状態の人間には、とても理解できない行動ではありますが、縁側でドテーン!なんて姿には、一種の憧れが・・・。

 

スポンサーリンク

まとめ:観察してみたら、わかったこと

 

基本的に、暑さには強いんでしょう。地中海由来の、マルタ気質が受け継がれているのかもしれません。ヨーロッパ地域の人は、カフェでお茶を楽しむのも、お店の外ですし。

 

特に、夏以外でも日光浴する姿は、本当に印象的です。元来の気質が関係するとしたら、多少暑くても陽が差す方へ足が向くんでしょう。ちょっと涼むことと、喉を潤すことは、マルチーズさんなりの工夫、というワケです。

 

家族には、ちょっと理解しがたい事態ではあります。でも、マルタ気質だと意識してみるとどうでしょう。なんだか、ちょっと不思議なことに納得できたりするものなんですね。

 

個性あるマルチーズさん、今日も我が道を突き進み続けている様子です。ひとつのことを、観察するということは、発見につながるってわかりました。楽しい発見、もっと見つけよう!

スポンサーリンク