2018-12-05

リップはプチプラでキメる!色と質感で個性に差が出る選び方って?

プチプラリップって、いいですよね。シーズンごとに新色やパッケージのデザインが斬新で、見た目も楽しめますし、何より、お気に入りのシリーズがあれば、プチプラならではの買い方ができます。

 

 

色違いで買ってみたり、各メーカーのモデル色をはしご的にチョイス!プチプラならではの贅沢です。流行りのリップを、お店で眺めるのことが趣味で、眺めて楽しむという視点で、購入に至らないことって多かったんですけど。

  • 普段、リップケアを怠ってしまう
  • 翌朝、ガサガサリップとご対面
  • 夜には、すっかり忘れて爆睡

 

こんな繰り返しで、リップケアに関して、興味があるクセに雑すぎる・・・。ケアを忘れがちで、リップに憧れがあっても、近づけない。これってちょっぴり悪循環になってます。

 

お店で欲しい色が見つかっても、諦めることが習慣になってしまって・・・。これじゃダメだってことで、見るだけで満足っていうのから卒業することにしました。

 

スポンサーリンク

リップは「プチプラ」ブランド

 

各メーカー、プチプラブランドもすっかり安定の人気ですよね。だからこそ、商品のこだわりがそのまま特徴になっていて、スゴイな~って思います。最近、発色度合いで勝負しているメーカーが、目立ってます。

  • 発色が売りのブランドは、ビビッドな色が豊富

発色って大事!特にもともとリップのベースになる「くちびる」の血色が悪かったりすると、こういうメーカーに頼りたくなるんです。ただ、ビビットすぎて「す、すごいコノ色・・・」なんてオノノくことアリ。

 

定番じゃない色展開って、気になってしまうので、購入してしまうんです。パッケージのインパクトそのまま。「色もすごいけど、なに?いったい、どうやって使うの?」的なつぶやき発言をしてしまいます。

 

  • ジェル状のリップは、ほぼ透明なのに、肌の温度で色が変化して自分色になる

まさにオリジナルリップメイクの完成?シーズンによっては、お気に入りのパッケージやデザインが大量入荷!もう沢山ありすぎて迷っちゃう・・・という状態です。

 

でも大丈夫!お手軽なのは、プチプラならではですよね。お試し気分で「ちょっと買ってみよう」って気持ちになれるのが、ラッキーポイント。

 

スポンサーリンク

色と質感

 

基本的に「口紅」っていうイメージは、なんだか仰々しくて、ちょっと、苦手だなって思うタイプです。今って「リップ」っていうノリを「口紅」に変換する人の方が少ない気がするんですけど。

 

プチプラだと、ちょっと塗ったときの刺激が心配だったり・・・。肌に合うかなって心配しながら注意深く買わなきゃいけなかったんです。でも、企業努力だとか、きっとあるんだと思うんです。

  • プチプラ業界がアツイ!
  • メーカーが多い!
  • お値打ちで、質が良い!

プチプラ業界って、すごい競合しているのが、手に取るようにわかってしまう。新製品が続々。消費者としてはありがたい現象なんですよね。リップの質感もリニューアルする度に、レベルアップ!

  • タイプ別に向き不向きがある!

リップケアと、好きな色を一本にしたくて、コレだ!って思って選んだ色が、意外にもカサカサ仕上げだったり。友人曰く「それマットタイプじゃない?」なんて言うんです。

 

実際つけてみたら、なんだかポソポソしてて、違和感!マットタイプを使いこなせないことが判明しました。美容液タイプ、と書いてあるリップをつけてみたら、ウルウルで「あ、これってすごくない?」なんてこともあったり・・・。

 

ただ、ウルウル系の弱点は、気づいたら「スッピンリップ」になっていること。頻繁に化粧直しができない、忙しい女子にはどんなリップが合うんでしょうか?

 

スポンサーリンク

プチプラのリップで個性を完成?

 

グロスってどうだろう・・・なんて冒険もしてみたんですよね。基本的にグロスタイプって、マット系に重ねてツヤっぽく見せるのが、本来の使い方らしいんです。

 

リップの使い分けって難しい!とか言いながら、眉間にシワなんか寄せてしまったり・・・。(おっと、ダメダメ、シワ、気を付けよう!)リップの使い分けしていますか?

  • 仕事用
  • デート用
  • イベント用
  • 気分を変えたい時用

 

そうすると、4本はバリエーションとして持っていれば、いいのかな?なんて思いつつ、プチプラリップコーナーに立ち寄ると、バリエーション豊かすぎて、ついつい、今までにないタイプにチャレンジしたくなったり。

 

4本、4種類っていう考え方を超えちゃうんですよね。リップをプチプラってことにすると、色で選ぶのか、質感で選ぶのか迷う時があります。どうするのがベストなの?

 

ベストなリップを求めて、質感を中心にタイプ別に特徴を見ていきましょう。

 

マットタイプ代表!メイベリン

 

とにかく鮮やかな発色を求めたいって時にピッタリ。鮮やかな色は、顔のパーツの中でも、口元が一番目立つので、自然に注目が集まります。

 

 

アイメイクにもチークにも負けないような、バッチリメイクに合います。口元から強い発色を放つので、意外にも小顔になれる?カラーも豊富です。発色に徹しているのがポイント。

 

「レッド」がベーシックなら「ベージュ系」に派生して「ワインレッド系」メイベリンの楽しいところは、行きつく先が「ショッキング系」なんです。ピンクも、手に取ってみると、かなりビビッドな感じ。

 

時代に左右されない「個性」を主張できるのがメリット。

(参考)メイベリン公式URL: https://www.maybelline.co.jp/lip/lipstick/super-stay-matte-ink

 

ハーフマット!ヴィセ

 

リップにもチークにも使える万能タイプ。ヴィセシリーズです。マットといっても「ハーフマット」なので、ツヤ感がありながら、ふんわりボリューム感を演出できるタイプ。

 

カラーの系統は以下の通りです。

  • オレンジ系
  • ベージュ系
  • レッド系
  • ピンク系

 

マットならではの主張は、一応できるけど、ふんわりタイプなので、個性を主張しながら鮮やかに発色するようなタイプとは、違う変化球系。

(参考)ヴィセ公式URL: https://www.kose.co.jp/visee/lip/matte_lip_lacquer.html

 

クレヨン代表!レブロン

 

クレヨンタイプといえば、レブロンが元祖だとか。色が長持ちするのに、保湿成分でたっぷり潤う、ジェル配合。クレヨンタイプは、リップライナー不要という点で「1ステップ」で完成するお手軽さが魅力的。

 

 

特徴的なカラーの系統は以下のとおりです。

  • ピンク系
  • オレンジ系
  • レッド系
  • バーガンディ
  • モーブ系

 

定番の色以外で、注目は、ファッショニスタに大人気のバーガンディがあるところ。深みやくすみを演出するモーブ系もあるので、メイクを自在に楽しみたい人にはピッタリ。

(参考)レブロン公式URL: https://www.revlon-japan.com/products/item.php?root=lip&category=lipcolor&item=products-0037

 

まとめ

 

リップは、豊富な色や質感で選べるので、プチプラで決まり!です。求める質感や仕上がりにも、対応できるバリエーションはホントにスゴいですよね。質感や仕上がりポイントは以下の通り。

 

  • ツヤを求めたい
  • マットに仕上げたい
  • ナチュラルが一番

 

仕事用、デート用、気分を変える用は、上記のポイントをおさえれば、簡単に選べるところがプチプラリップの強み。後は、イベント用として、1本持っておきたいんだけど・・・。

 

メタリック系や、グリッター系は、1本持っておくのにオススメ。アイラインなどに合わせて、キラキラ&ツヤ感で、際立たせることが可能です。なななんと!100均で揃ってしまうんです!

 

派手じゃない色を求めていて「お肌になじむ系」というあなたに、なじむ系のオススメをご紹介。

 

  • ピンクローズ系
  • オレンジコーラル系
  • レッドベージュ系

 

定番ともいえる色ですし、この色を選んでおけば、軽いメイクにもピッタリです。プチプラのリップコーナーでお好みの色、絶対見つかります!

スポンサーリンク