2018-12-14

気持ちをリセットする!ストレスから解放するためのライフスタイル

毎日本当に忙しい現代社会。会社に行ってもデスクには書類が「山積み状態」。常にやることがあって一息つく暇もない状態って「健康」で「健全」な状態だとは言えないはず。

 

 

ついイライラしてしまったりデスクに書類が置かれていく度に逃げ出したくなる衝動に駆られたり・・・。現実に会社を飛び出して非日常の世界に逃げ込んでしまいたくなったり・・・。

 

本来なら社会人として「体調管理も、自己管理の内」なんて言われたりして「できてないな~」って落ち込みがち。生活習慣を見直すことも大切ですけどもっと簡単にリセットしたいものです。

 

スポンサーリンク

気持ちをリセットするために

 

 

超簡単な方法として下記の5つのポイントを例に気持ちもリセットできて生活のリズムも整えてみましょう。定期的にリセットする日をあえてスケジュールに組み込みます。

 

まずはプライベート空間から始めましょう。忙しくて灯台下暗しというケースが多いようですからチェックです。次にスマホや通信機器との距離をとる勇気も必要。

 

お給料が入ったその日に奮発してお買い物したりしていませんか?お金の動きをチェックしてみましょう。たまった疲れと一緒に空間や頭に詰まってしまった情報をデトックス。

 

デトックスで不要なものを取り除いたら「無」の時間を意識するようにしたいものです。

 

スポンサーリンク

プライベート空間をキレイに

 

気持ちをリセットするにはまず「普段過ごす場所」から意識することが大切です。個人的には触れられたくない部分でもありますが・・・。恥はかき捨て整頓します!

 

  • 散らかった部屋 
  • たまった洗濯物
  • 床のホコリ

 

どれも聞かれるとココロが痛くなってしまうような状態なのですが。実は部屋の状態が悪いといざというとき、本当に必要なものが見つからない!焦りますよね。

 

ゴミの山が「宝の山」に見えてくる不思議。なんてことはありません。ゴミの中には先日の契約書類など「重要書類」が紛れている可能性が。あなたはいかがでしょか?

 

私だけ・・・ですねきっと。本来なら生活する上で「必要最低限のモノ」だけに囲まれたい!毎日「スッキリ」スムーズに過ごしたい!とは思うものの・・・。

 

いろんな理由をつけては「ポイっ」とどこかに置いてしまうクセ!なんとかならないものでしょうか。片づけのために実践本や理論系の本を読んでみたのですが効果なし。

 

私の場合はある意味「モノに依存」しているタイプだとも言えます。画像としてあってはいけない状況を貼りつけることで「己への戒め」にさせていただきます。

 

 

大変失礼いたしました!事実私がゴミ状態のモノに「依存」していると指摘されたからといって「うわ~!大変・・・」という危機感は・・・。そう簡単に目覚めてくる気配はありません。

 

ある意味オワってますし最悪な事態です。

 

計画性が必要なこと

 

お見せしたくない!いいえ、それ以上にお見苦しい画像で、大変心苦しいのですが、かなりストレスです。画像サイズを控えめにしたものの、快適空間とは程遠く、ストレスを与えてしまいます。

 

次の休日には、床が見えるようにします!という風に、自分自身に宣言するのが一番良いでしょう。とりあえず、ではありますが、目標設定することによって、必要なモノを片付けました。

 

 

洋服のチェック

 

洋服は、沢山持っていますか?部屋で、どうしても整頓する必要がある可能性が高い場所はクローゼット、ということになります。洋服の内容を定期的にチェックしましょう。

 

時代遅れだと思う洋服は入っていませんか? 大切に着ることが好きな場合でも、新しい洋服は買ってしまうもの・・・。クローゼットは8割程度に保つようにしておきましょう。

 

いらない洋服と決別する

 

意識するだけでも、かなり変わるはずです。「いつか着る、と思う・・・」という服は、まず次に着用することはないでしょう。登場することのない洋服とは、早めにサヨナラしましょう。

 

ヘビロテしている服も同じ。ボロボロなのに、同じ洋服しか着ないという習慣があると、バランスが取れません。クローゼットの奥の方に、こんなのあったっけ?なんてアイテムはありませんか?

 

忘れないための対策を!

 

せっかくですから、くたびれてしまった洋服は、持ち越さないようにしましょう。別の日にネットで買い取りを利用する、リサイクルショップに持っていくなど、箱や袋につめておきましょう。

 

その時、忘れないように、マジックで「いつ、どうするモノなのか」を、大きめの文字で書いておきましょう。置きっぱなしにしてしまいそう、という心配性さんでも、これなら、予防策になります。

 

別の場所に置いたなら、かならず、目標を箱や袋に書いておくと、スケジュールしやすくなります。危機感さえ、身につくでしょう。お気に入りの洋服、アクセサリーや、カバンなども同じです。

 

使わないモノを見つける

 

お気に入りだからといって、使わないのは勿体ないです。使わないくらいなら、使ってもらえる人に譲ってしまいましょう。要らないものを見つけるのは、ストレス解消になります。

 

すっきり片づけることで、気持ちもリセットできます。 

 

スポンサーリンク

スマホやネットから離れる

 

  • スマホの電源をオフにする
  • 仕事を休日に持ち込まないこと
  • メリハリ生活を目指す

 

気持ちをリセットするために、特に意識した方が良いことがあります。それは、スマホの電源はオフにすること。毎日癖になっている、ネットの情報に振り回されないように、ネット環境から離れることです。

 

ナチュラルな状態に、近づけることが理想的ですね。やむを得ない仕事の連絡は、休日に持ち込まないことが原則です。ある意味、割り切りって、とても大切なことなんです。

 

次の仕事が始まるタイミングにあわせて、仕事する一週間、シフト期間中に、すべてを終わらせる!と強い気持ちで挑むことです。ダラダラとプライベートまで仕事を持ち込むのは、あまりカッコよくないですよね。

 

仕事とプライベートをきっちり分けることで、メリハリのある生活が目指せるんです。休日の約束は、先行予約的に、スケジュールに組み込んでおくようにしましょう。

 

プライベートでは、あなた自身が主人公です。わが身をいたわったり、癒したりするための時間を持つこと。毎週がむつかしいなら「月に一回」という風に決めてしまえば楽です。

 

お金の管理

 

  • お財布にたまったレシートを取り出す
  • レシートや領収書を計算してみる
  • お金の流れを知る
  • お金の使い方を工夫する

 

普段の生活で、お買い物をしたレシートや領収書、どうしてますか?お財布に、無造作に入れたまま、休日にお出かけしたりしていませんか?まずは、お財布から、お金やカード以外の不要なものを取り出します。

 

レシートや領収書は、ノートに貼ったり、ファイルにしたりすることで、お買い物の実態が見えてくるはず。また、計算することで、お金の流れを知りましょう。

 

記録する習慣をつけることで、いつだったかわからない領収書やレシートが、たまっていくことはないはずです。お金の流れを知ることは、年間のスケジュールや、お買い物のタイミングを、把握することができます。

 

また、ストレスで衝動買いしてしまった!という時の気持ちの振り返りだってできます。ストレス解消のために、買い物をするクセがある、というタイプの人は、カード明細などで、月ごとにチェックしましょう。

 

ついつい買ってしまう。ついまとめ買いしてしまう。そんなことがなくなれば、節約のほかに、自己投資のためにお金を使えるようになります。今回買い物をしなかったら、どのくらい節約できるのかも、確認できます。

 

買わなかったことで、ムリなく貯金する、という目標設定にもなります。ストレスの傾向が見えてきたら、どんな時だったのか思い出して、メモしておきましょう。

 

メモした時と同じ状況になったときに、本当に必要なことにお金を使うという目標があれば、自制できるはずです。本当に自分のために投資したい「習い事」「買い替えが必要な家電」など、有効活用につながる楽しみにつなげましょう。

 

デトックス

 

  • 休日だからこそ、水分補給を意識する
  • 食生活の見直し
  • 要らないものを排出する

 

仕事中、ほとんどの人が忘れがちな「水分補給」。集中することも、仕事も大切です。休日、疲れた体を癒す意味で、水分補給をすることは、カラカラになった身体を潤すことになります。

 

不規則な食生活をリセットするためにも、水分を沢山取りましょう。食べすぎたりするのは、社会人として、上司や先輩たちとの交流が大切だからこそ、仕方のないもの。

 

お付き合いも、コミュニケーションですから、とても大切です。どうしても仕事の日は、無理して残業したり、食事だって不規則になりがちです。休日にリセットすることは、とても大切です。

 

ビタミン系の果物、カルシウム系の乳製品や小魚などの食品を意識して食べるなど、普段偏りがちな栄養もリセットしてしまいましょう。そして、必ず水分は多めに飲みましょう。

 

お気に入りのミネラルウォーターがあると、それだけで、気持ちが癒されるものです。お気に入りのお茶でもOKです。リセットするために、コーヒーや紅茶でアタマをスッキリさせるのもアリ。

 

基本的には、水を意識的に飲むようにすることで、デトックスも期待できます。 

 

「無」の時間

 

  • 時間にとらわれない空間に浸る
  • ただ、ボーっとする

 

何もしない、考えない時間なんて、あり得ない!そんな風に思うでしょうか?日ごろ、常にアタマをフル回転させている、ネットの情報に振り回されている、そんな毎日から抜け出しましょう。

 

仕事のことも、何も考えない「時間」をあえて作ることで、気持ちをリセットできます。「無」時間は、アタマに余分な考えがなくなる、ということにつながるので、そのあと、切り替えのスピードが速くなります。

 

ただ、ボーっとする時間というのは、現代人として、ついつい忘れがちなことです。でも本当は、とても大切なことで、あえて時間を割くことで、ポジティブにもなれます。

 

「ヨガ」や「瞑想」などが流行るのは、意識してできない人が、いかに多いかということがわかります。どうしてもひとりでできない場合、習い事としてヨガに行く、という習慣をつけるのも方法です。

 

ストレス解消のコツ

 

 

ストレスが、蓄積されてしまうと、なにかと悪循環になりがち。アタマとココロが別々に動いてしまって、焦りや不安が起こってしまうもの。ついつい、気持ちをリセットすることを、後回しにしてしまうでしょう。

 

  • あえてカラダを動かしてみる
  • 食べたかったモノを食べる
  • お肌のお手入れに、プラス癒し要素を取り入れる

 

休日に、何も考えずに、カラダを意識的に動かすことで、ストレスは消えていく場合があります。休日に、食べたいモノをまとめて食べてしまうのも、普段ストレスから、逃れられないから、かもしれません。

 

お肌が、荒れてしまったりすると、鏡をみて気持ちが落ち込んでしまうのも、ストレスの要因になりそうです。休日に、ちょっぴりラグジュアリーな空間を作って、お肌の美容やアロマで癒してあげましょう。

 

まとめ

 

気持ちをリセットする方法を、いくつかご紹介してみました。365日24時間、働く人がいます。週休タイプなのか、シフト制タイプなのか、によって、休日のリセット方法は若干異なるでしょう。

 

気持ちをリセットするためにチェックしたい項目をまとめてみました。

 

  • 生活のリズムを整える
  • 疲労を取り去る
  • カラダもココロも癒してあげよう
  • 前向きになれれば成功

 

気持ちをリセットするってなんだろう?と思った方も、休日にひと工夫するだけで、気分も変わることを実感できるでしょう。現代社会は、みんな「お疲れモード」なんです。

 

休日こそ、一度クリアにするチャンスでもあります。忙しい毎日で、気が付かなかった「何か」に視線を向けることが、できるでしょう。それは、あなた自身を癒すことになります。

 

生活のリズムを取り戻すことは、ストレスの解消に通じるものがあります。「お疲れモード」のあなた自身を、沢山いたわってあげましょう。忘れていた「あなた自身」を取り戻しましょう。

 

休日に、気持ちをリセットすることは、メリットが多いんです。でも、唯一デメリットがあるとしたら、休日、たった一日連絡が途絶えてしまっただけで、友人や大切な人から非難されること。

 

もし、本当にデメリットだと「危機感」さえ持ってしまったなら、予告アピールを忘れないようにしましょう。それでも、離れていってしまうような人は、友情や愛情がホンモノではない可能性があります。

 

あなたを、思いやれる気持ちがあるかどうか、また、逆もしかり。相手に対する「配慮」もストレスから遠ざけてくれる要素となります。気持ちをリセットする方法を共有してみるのも、良いことです。

 

忙しくて、疲れやすい世の中だからこそ、気持ちをリセットすることは必要なことだと割り切ってみましょう。一つずつ試してみて、リセットできたという実感や、しっくりくる方法を模索してみませんか?

スポンサーリンク