2018-11-11

片付けで後悔しない方法!支払済みの請求書をシュレッダーで処分

ミニマム生活ってほんと憧れます。憧れるものの実際に取り掛かれるのかという問題は別になってしまう。今はそんな生活とは程遠い。片付かないと気持ちって落ち込みますし。

 

 

特に燃やせるゴミ。収集日が比較的多いので助かります。ただ収集日が多い、ということはそれだけ家庭ごみの排出量があるということなんですよね。エコ対策も考えねば!

 

スポンサーリンク

何年前の請求書?

 

お恥ずかしい話なんですけど片付かないんです。特に紙類ですね。今回大量に発見してしまったのが「請求書」関係書類です。発見した過去の書類を一部ご紹介しましょう。

 

  • 数年前の請求書
  • 去年の納品書
  • さかのぼれないほどの明細書
  • 契約更新関係書類が数年分

 

紙媒体の書類はツワモノ

 

参りました。種類別にボックスに分けていたんです。でもいつのまにか、あふれていたんですね。毎日のように届く書類関係は個人情報の関係もありますよね。

 

安易に捨てられません。それに請求書や明細書などは不良品だった時のために残していたんです。初期不良なら交換や返品ができますからね。それらが集まりに集まってとんでもないことになっていました。

 

紙ってコワイです。支出がほとんどの書類なので嬉しくないですしね。

 

お金の流れは過去形?

 

ほとんどの通知の書類は完了形で報告形式です。というのも引き落とし通知にしても1カ月後くらいに届きます。請求書といってもクレジットカードで処理した分ですから。

 

買った商品は手元にあるという状態です。

 

通帳記帳

 

お金の流れを総合的に確認できるのが銀行口座です。通帳記帳は定期的にしたいものですね。でもなかなかATMまで足が向かない。そういう時だってあります。

 

そこで考えてみたんです。主となるその月の引き落としに区切りがつく日程ってありますよね。その区切りの日程を目安にするんです。我ながらgoodなアイデアだと感心してます。

 

ズボラさんにしては良く考えた方なのです。

 

通帳の頁

 

記帳できるタイミングはわかったんですけど。じゃあ通帳記帳の頁が最終になった時はどうしましょう。今や窓口に行かなくてもATMで新しい通帳が発行されます。

 

そこで旧通帳が出来上がるんですね。通帳ってお金の流れが一番わかるものです。過去を振り返ることってあるんでしょうか?引き落としに使うメインバンク以外は記帳さえほったらかしです。

 

そんなズボラさんにとって良い対処法はあるのでしょうか。

 

通帳は2年をめやすに

 

考えてみたんですけどね。やっぱり所詮過去形には違いないってことなんですよ。記帳頁が平均10ページあるとしても記帳終了の時は1年以上経過しています。

 

メインバンクの場合は収入や支出といったお金の流れが沢山あります。だから1年くらいで通帳の記帳終了になる場合もあります。メインバンクの場合は最終ページの終わりの日付を目安に考えました。

 

その日付から2年くらいを目安に通帳の処分です。メインバンク以外はお金の流れが少ないので記帳終了までに数年かかります。そういう通帳が多かったんです。

 

だから記帳が終了した通帳を中心に処分の目安を決めても良いと結論づけました。

 

過去に執着

 

お金の流れを過去形で追い求めてしまう時があります。私自身ちょっと無意識なんですけど。過去のアルバムを見るかのようにあの時はこんなことあったなとか。

 

そんな通帳の見方したりしませんか?過去に執着があるのかしら。ちょっと変なクセかもしれません。思い出にひたるのはほどほどにしておきましょう。

 

スポンサーリンク

シュレッダーは必須!

 

個人情報ってすごくシビアに考えられていますよね。もちろんDMにだって住所氏名が載っています。請求書や明細書の大きさはA6~A4とまちまちです。

 

そんなバラバラな書類たちを退治してくれる頼もしい助っ人を用意しました。シュレッダーさんです。以前は手動タイプのかわいらしい小さめタイプでグルグル手回ししてました。

 

手動タイプでは追い付かないことに気が付いたんです。リサイクルショップに行くついでに引き取ってもらいました。しばらくはボックスに分ける作業で済ませようとしていたんです。

 

家庭用電動シュレッダー

 

ちょっとボックスから書類がはみ出ていて気になるなーって思っていたんです。でも電動シュレッダーって少しお高いですよね。買おうかどうしようか迷っていた時期がありました。

 

でもある日決断したんです。なぜって書類ボックスを棚の上にのせていたので間違って手が当たって。ご想像通りです。もう何がなんだかわからない紙の山が出来上がったんですね。

 

次の日には買いに行きました。ついに家庭用電動シュレッダーが我が家にお目見えしました。電動だから家族全員の分もお任せください!なんてちょっと得意げです。

 

その日から、大活躍!

 

手動タイプを持っていたこともあって電動タイプの衝撃はすごかったです。もちろん会社では業務用の大きなシュレッダーで処理しています。だから全く知らない世界だとは言いませんけど。

 

家庭用だって少しだけ不安もあったのかもしれません。でも電源スイッチONで早速一枚。ズゴゴゴゴゴゴゴゴーンというワケです。すごい勢いで家族中がビックリです。

 

音が思ったより大きいことも関係したでしょうね。

 

家庭用の弱点

 

連続枚数に制限があるんですね。良くわかる入り口部分には「連続枚数は8枚まで」と書いてあります。そしてさらに「2分以上稼働すると止まります」という注意書きも見つけました。

 

大量の書類を一度に処分することはもしかすると果てしない時間が?ちょっと不安になりましたがしかたありません。書類をためこんでいたのが悪いんですから。

 

ちょっと油断すると停止してしまいます。焦らずゆっくり、そして素早くがポイントですね。もう一つはゴミが早く満タンになるということです。家庭用ですから大きなごみ箱はついていません。

 

何といってもSサイズです。ビニール袋をセットしてすぐに燃やせるゴミの袋に移動です。電動で動いてくれるだけで有難いと思いましょう。

 

捨てる目安っていつ?

 

処分する目安って家庭においては独自の考え方があるでしょう。我が家の場合基本1年は保管するっていうルールが定番です。確定申告の時期に必要な書類のことを考えると1年というのは妥当でしょう。

 

1月から12月分までの証明書類が必要な場合は必須になりますね。1年という基準は春から冬までということです。そうなるとあたたかくて気候の良い春の日ということになります。

 

ポカポカ陽気でボーっとしながら処分できるでしょうか。でも凍てつくような寒い冬よりは体が動きますからね。

 

1年を待たずに捨てる?

 

でも本当はもっと早く処分できるものもあるはずです。銀行の通帳に記帳できるような種類のものですね。引き落としの請求書です。後で申告しなくても良い種類の書類ですね。

 

クレジットカードの請求明細が代表的なものでしょう。でも、最近エコ目的で紙媒体の請求書をWEBに移行を推進されました。環境のためにも良いことですよね。

 

最近はエコ推進をすすめられたら可能なものは移行するようにしています。クレジットカード以外の引き落としも同様ですね。銀行引き落としにしている種類のものはハガキで送られてきます。

 

銀行の記帳で確認が取れ次第処分できるものになります。そのほかにはネットで購入した商品の明細があります。これは支払い方法によって仕分けが必要になるでしょう。

 

でも仕分けってすごく大変です。明細専用ボックスに入れて確認が取れ次第処分ですね。後払いやデビット支払いなどもあるので確認時期はバラバラです。

 

こうしてみると1年を待たなくても処分できる書類って結構あります。

 

まとめ

 

やっぱり片付くってスッキリしますよね。もちろん取り掛かるまでに時間がかかるのはいつものことです。このクセはちょっと直したいと、思っているところなんです。

 

楽しさを忘れないこと

 

片付くことがキレイさっぱりなのはわかりきってます。わかっているからこそ、できないツラさってあるんです。困ったものですよね。片づけようと思ってるで済ましてしまいがち。

 

今回片付けを実践してみて思ったことは楽しいってことです。楽しいっていう気持ちってすごく新鮮でしたね。楽しく片付けっていうとなんだかおこがましいですけど。

 

楽しく処分する方法を考えよう!という標語ならgoodな気がします。

 

何より実行すること

 

楽しく処分しよう!と思い立ったときに行動することですよね。片づけようと思っただけでは出来ないんですからひと工夫です。考え方の転換が必要っていうことなんですね。

 

実行するために行動に移すために言い聞かせることが必要なんです。今回それがわかったことです。キレイになることを想像してみたりということは私には響かないんです。

 

私のようにちょっぴりヒネリが必要な人にはどうしたら良いでしょう。やぱり実行することが楽しい!と思えることが近道なんですよね。とにかく楽しいからやってみよう!です。

 

とっかかりって人によって違うものだと思います。だからこそ私みたいなタイプは楽しむことをテーマにするんです。ウキウキするような楽しいことなら今後も出来そうです。

 

たとえそれが苦手な片付けだとしても。こまめな作業とは約束できないかもしれません。でも公言したので継続をチカラに!

スポンサーリンク