2018-09-23

歌が上手い人は、楽器ができる?意外なカラオケと楽器演奏の関係!

カラオケの経験アリっていう人、いますよね。たぶんこのページに来てくださったほとんどの人ですよね。カラオケ大好き!というあなたにおすすめしたいことがあります。

 

カラオケ?飽きたんだけど、というあなたにも耳よりな情報をお届けしたいと思います。

 

スポンサーリンク

カラオケ人口増加と楽器挑戦人口が比例?

 

 

世代を問わずカラオケって歌いますよ。得意だという人の割合はおおむね8割くらいではないでしょうか?

 

カラオケが得意だと思う理由として以下の点に注目してみました。

  • 歌うことが好きすぎる人
  • 人とハモることに生きがいを感じる人
  • 十八番は十分すぎるほどお持ちの人

 

カラオケを趣味に、さらに歌の教室に通う人たちが急増しているんですね。もはやカラオケでマイクをもって歌うよりも上を目指すのでしょうか。カラオケよりも、もっと「歌える」刺激を求めているような気がしますね。

 

あなたも、その刺激を求めているひとりではありませんか?

 

歌えることの素晴らしさ

 

カラオケが歌えることは意外なことに普通のことではないのです。あまり意識していないことが多いと思うのですが音楽の授業が苦手な人もいますよね。ですからカラオケで歌いたくても「うまく歌えない」人もいるのです。

 

カラオケで「歌える」ことの幸せを、この記事でかみしめていただければと思います。カラオケで「歌える」ということは音が耳で受け取れることなんですね。

 

次に口から同じ音を発声できることです。それらの一連の動作が同時にできないと「歌えない」ということになるのです。よってカラオケで「歌える」ということは楽器を演奏できることに通じるんです。

 

楽器で「歌える」としたらカッコイイと思いませんか?

 

「歌う」=「メロディ」としての主旋律楽器

 

旋律楽器とはなんでしょうか?アンサンブル、合奏で耳にするメロディを担当する楽器のことですね。トランペットやクラリネットなど一粒の音でメロディーを奏でる管楽器のことです。

 

音楽関連会社は現在こぞって「大人による大人のための」音楽教室を展開しています。教室は憩いの場でもあります。だからでしょうか大盛況のようですね。

 

少子化や不況によって楽器が売れないという理由も影響しているかもしれません。単なるカラオケで「歌う」ことに物足りなさを感じた大人たちが駆け込んでいるようです。

 

音楽教室は、もはや子供だけのものではないんですね。もちろん「歌う」ことが中心の「ゴスペル」教室もあります。ですが今回注目したいのは「楽器で歌う」ことなのです。

 

楽器で歌うこととは

 

旋律楽器で「歌うこと」ができる楽器はトランペットやクラリネット以外にもあります。歌えるメロディ楽器として、存在するのです。

 

下記に歌える楽器の一例をご紹介しましょう。

  • 木管楽器(フルート、サキソフォン、オーボエ、ファゴットなど)
  • 金管楽器(トロンボーン、ホルン、ユーフォニウムなど)

 

どれも一回息を吹き込むと、一粒の音を操作して「歌う」ことができます。少し角度を変えると「歌う」ことができる弦楽器もあります。バイオリン、ビオラなどです。

 

弦を「弾く」楽器です。旋律楽器として活躍できる楽器で、お手軽に「歌う」ことができるのは管楽器でしょう。アンサンブル、吹奏楽、オーケストラなど、沢山の楽器が同時に演奏する合奏があります。

 

演奏の中で、カラオケのように「歌っている」楽器があることにお気づきでしょうか。メロディを歌い奏でている楽器こそが、カラオケで「歌う」のと同様なのです。

 

カラオケ用の楽器を選ぶ

 

メロディを主に担当している楽器は、どの楽器でしょう。フルート、クラリネット、サキソフォン、トランペットなどです。主にカラオケで「歌う」という音域で奏でることができる楽器になります。

 

「弾く」楽器で担当するのは主に、バイオリンということになります。メロディ、旋律を奏でる楽器の中で、気になったものはありますか?

 

スポンサーリンク

マイクを楽器に持ち替えてカッコいい!

 

 

カラオケで「歌う」ことが好きで仕方がないという人にこそ、おすすめしたいです。歌が上手いだけで終わるのは、あまりにもモッタイナイ才能を持っている人がいます。

 

カラオケ歌ウマ!と言われている人に朗報です。メロディを「カラ(空っぽ)」のオーケストラに「歌」を旋律と解釈できるからです。空っぽのメロディは、どこで記憶するのでしょうか。

 

テレビやラジオ、CDやDVDなどですよね。聴くことで、耳からインプットされているから「歌う」ことができるのです。インプットされた音を「歌う」アウトプットに置き換えることができる人です。

 

実は「相対音感」を持っている人なのです。

 

楽譜が読めなくても相対音感でカバーできる

 

「耳コピー」という言葉を、聞いたことはありませんか?「カラ」のオーケストラに、マイクを楽器に持ち替え「歌う」ことが可能なんです。意外な話に思われがちですが、本当に出来ることなんです。

 

メロディを奏でる楽器の中で、興味があるものはありましたか?ちょっと気になる楽器があれば、ぜひチャレンジしてみてください。楽器で「歌える」素晴らしさに出会えるはずです。

 

「歌う」ことは、とてもカッコいいですよね。でも、楽器で「歌う」と、もっとカッコいいんです。一度、想像してみてください。絶対、カッコいいと思いませんか?

 

歌ウマさんの相対音感が歓迎される場所って?

 

 

マイクを楽器に持ち替えて、いくら熱心に練習しても残念な人がいます。音楽教室の講師も手を焼く「音痴さん」がいるんですね。あいにく、自覚されていない場合が多いのです。

 

「音痴さん」のカラオケに同行してみるど、意外にあまり歌わないんですね。カラオケ好きではあるけれど、メロディをうまく乗せらず「歌うこと」が難しい人です。

 

音楽教室の講師陣が欲しい才能

 

歌ウマさんは、音楽教室の講師陣に歓迎されます。謙遜している歌ウマさんが多いのも事実だったりしますね。せっかくの「相対音感」という才能を活かさないのは本当にモッタイナイんです。

 

大人のための音楽教室は「歌ウマ」さんを発掘したいのでしょう。知人である音楽講師は「音が取れない」のは致命的であるといいます。でも、生徒さんが頑張っている以上、事実をなかなか伝えられないのです。

 

お金を払って、習いに来てもらっているからという理由らしいのです。同じ教室の生徒さん同士で「音の違い」に気が付いてほしいですね。「歌ウマ」さんは、楽器を始めることで「相対音感」のすごさを感じ取ってほしい。

 

生徒さん同士で、正しい「音」を作るという熱い気持ちで、待っているというのです。

 

旋律系楽器経験者が「カラオケ人口」になる日

 

高齢化が進んでいくのは、誰にも止められません。地域の公民館や、喫茶店などのイベントで行われているものがありますね。「カラオケの集い」や「お歌の教室」などです。

 

イベントとして行われるので、月に1~2回程度が通例となります。公民館も喫茶店も、同じイベントばかり毎日というわけにはいきませんからね。

 

月1回より、週1回、ジムトレ共通?

 

音楽教室という専門機関の場合、週に1回程度です。通う頻度が、多いことがメリットですね。週に1回程度、教室に通うということは、月に4回という計算になります。

 

ジムに通って、トレーニングする場合も、週に1回程度が理想とされています。習い事が、週に1回程度に設定されているのには、ワケがあるんですね。体を動かす運動と同じで、習ったことを忘れない間に次のレッスンという感覚です。

 

音楽教室に限らず、音楽講師は派遣制度があります。ですから、教室に通わなくても専門の先生に気軽に習うことができます。今後、講師派遣は需要が増えて、どんどん展開していくことでしょう。

 

音で歌う楽器で楽しむ

 

音楽人口が増えることが、楽しみです。音楽とは「音」を「楽しむ」と書きますよね。楽しむために「音」を共有するということは、素晴らしいことです。おひとり様も、オツなものかもしれません。

 

でも仲間と、楽しみながら上達を目指すとモチベーションがあがります。いろんな場所に、仲間が増えていくのはいいことですよね。本格的な高齢化の時代に、注目したいですね。

スポンサーリンク