2018-12-08

就活に自己分析が必要なワケ?40代からの中途採用に挑む価値を探る

就職活動について。特に中途採用やキャリアに挑戦する場合、自己分析ができているかどうかなんです。それは私自身が失敗した経緯があるからです。

仕事に対する適性というのは常に意識するべきだ、なんて反省しきりの人生にしないために!中途採用やキャリア採用の就職というのは、すでに社会での経験を積み重ねています。

基本的に前提条件として社会経験を重視されることは、転職経験のあるあなたならわかることでしょう。しっかりと自己分析して、自分を理解するからこそ面談でアピールできます。

スポンサーリンク

これからの就活

あなたが40代の場合、これからチャレンジしようとしている企業は人事の採用担当者が「年下」ということも十分にありえます。ハローワークを利用する場合を考えてみると。

求人について窓口で採用担当者に連絡してくれた「職安担当者」に聞いてみましょう。聞き方に多少のコツは必要ですが、大きなヒントがもらえるはず。

面接担当者の時代変化

企業の面接は、何を基準にしているのか。会社ごと、それぞれ採用基準が違うことは体験者ならわかりますよね。面接担当者にだって個性があるから。

実際に面接担当者からひっかけ問題的に「いきなり何?」と思うような問いかけに困惑することも。個性ある人事担当者だって現代ストレス社会の中で生きているひとり。

もしその感覚をつかめたらチャンス到来!と思いましょう。面接担当者が心動かされるような「この応募者、ちょっと違う」と思わせるようなアピールをしてみることです。

難解でちょっとイジワル?的な質問をされた時こそ、人事担当者がお疲れの瞬間なんです。「あれ?なんかおかしい」と慌てたりせずに冷静に対処できると採用の範囲にかなり近づけます。

ストレスと上手に付き合う

どこに行ってもストレスとは縁が切れませんから、面接中に「もう耐えられない」と限界を感じるようなら就活自体を見直す時でしょう。

いままで培ってきた経験からの、あなたの常識が通用しない会社もあるということです。すべて日々の情報に振り回されている世の中なのです。

人間味のある面接ができる担当者がどのくらいいるのでしょう。

自己分析って必要なの?

キャリアを活かした職種や部署を希望する就職活動は、やはり大手のエージェントをつけることが近道です。ただ、就活中によくあることは、隣の畑が青く見えるという時。

新たな世界を見たくてチャレンジ精神がうまれる場合は、今までのキャリアを捨てて就職を考えるでしょう。それは社会経験があるだけ、というまっさらな状態でもあるんです。

隣の畑の厳しさ

隣の畑に入ってみようとしたけれど、探しても探しても思ったような収穫がなく手ごたえがなかったりして困惑したり。チャレンジすればするほど、ただ疲弊してしまう。

ムリしていませんか?結局、妥協に妥協を重ねてしまうような悲しい実態が待ち受けているかもしれない。妥協する前に一度立ち止まってみましょう。

面接する側も「現代ストレス社会」で生き抜いているんです。中途採用に挑む側としても、異業種に対するストレス反応があるのかもしれません。

自己分析の理解

そこで役に立つのが自己分析の資料です。大手エージェントでは登録時に必ず「適性チェック」を実施しています。自己分析によって自分自身を理解するために。

勘違いしがちな事が1点。大手エージェントが個人情報や統計を取りたいがために「適性チェック」をしているのだという点です。もちろんエージェントも一つの企業。

現代社会を支えるために、情報による統計や分析は欠かせません。が、その統計や分析は、あなたのために使われる貴重な資料となるのです。

都道府県の出先機関でも無料で自己分析ができます。なんのために自分のことを分析するのかを理解しているのと理解していないとの差は歴然としてくるのも納得でしょう。

理解していると、異業種に挑戦したいときに非常に役に立ちます。

良い意味で割り切る

せっかく挑戦したけれど、頑張ったけれど願った結果が出なかったとしても、自己分析できていると気持ちの整頓が早くできます。悲しい結果だった場合も。

いつまでも「なぜだろう」「どうしてだろう」と悩むのは、分析結果を理解していないから繰り返してしまうんです。

スポンサーリンク

40代からの中途採用

面接で、何を伝えればいいのか悩みますか?挑戦しようとしている会社の、パンフレットや広報誌に答えは載っていません。新卒採用で社会経験がほぼゼロの場合は除き。

その会社に、または異業種という違う畑になぜ興味をもったのか。今までの人生経験をフルに活かすという手法で面接の話題をあなた自身に向けましょう。

採用面接のコツ

「やる気」に満ちているように見せる、なんて簡単に言っているようなアドバイザーがいるようですが、それは演技の押し売りとでも言いましょうか。

いかに熱く語れることが「あるのか」「ないのか」という点がポイント。自己分析をあらかじめ理解していると、あなた自身の強みや利点が面接対策となります。

企業に熱意をもって具体的に語ることができるからですね。理解度が不足している場合、残念なことに自然に表現があいまいになってしまいがち。

「では具体的にどうぞ」と言い返されたときに「困った」「頭真っ白」という状態に追い込まれてしまうんです。大手ではなくてもエージェントを利用する場合は?

年齢は当然のことながら「希望が異業種」であったとしても、実務経験やどのようなプロジェクトや企画立案に携わったのかをあえて聞き取りされる意味は、わかりますよね?

分析の大切さがわかったあなたなら、必要だと理解できるはず。

中途採用の価値

勤続年数が「5年」「10年」という実績がある。資格試験で最高の1級などを取得している場合は、最大のメリットとしてアピールできます。

履歴には短期間のつなぎバイトや派遣の職歴は基本的に「無職の状態」だとみなされます。ただし経験値として「つなぎ」であっても、その業界を知っている強みに。

面接で、意外な質問をされたときには、きっと役にたつでしょう。

人材不足の現状

「失敗は成功のモト」と言いますが、最終面接でダメな時、落ち込む気持ちもあるでしょう。でも、必ずあなたのような人材を求める会社はあります。

それを信じるか、信じないかは、やる気と直結していますから信じて「次」「また次」と気持ちを切り替えることが大切です。信じない場合は少し危険度アップ?

あなた自身を信じられない状態になっている可能性もあります。ぜひ、一度自らを振り返ってみましょう。急がなくても大丈夫です。

世の中で経済が機能しているということは、あなたを必要としている会社があるのですから。

エージェントを使う?使わない?

40代以降は、やはり「キャリア」を意識したエージェントを利用するのが近道でしょう。客観的に分析してもらえて優良な人材として紹介されるメリットは大きいからです。

逆に単独で就活をするなら、エージェント並みの対応力が必要になります。採用の有無の問いあわせから始まり、採用試験までの一連の流れを一人でこなすことに。

エージェント風に言えば「あなたという人材」を営業するということ。問いあわせの段階では、未開拓の営業として挑みます。まずは電話対応から。

電話での問い合わせは、たとえ受付経由であったとしても第一関門となるワケです。

40代のマナー力

礼儀作法は、大げさだと思いますか?人柄がよくわかるとも言われる「マナー」はどこの業界でも同じくらい必要なことです。

人材不足だと言われている現代では、基本的なマナーさえ困難だと言う人も多いとか。電話や飛び込みなどの営業経験がある場合、それは特技としてアピールできます。

人として日本人の礼儀作法というものは、いつの時代にも通用するので自信を持ちましょう。意識すれば、必ず採用担当にも熱意は伝わるはずです。

社会経験豊富な人材として、利用できるマナー力で点数を稼いでしまいましょう。

まとめ

40代という一見難解に思えてしまう「中途採用」ですが、企業側から見ると人件費は削減したいし人材育成の手間をできる限り省きたい、という本音が見え隠れします。

早く良い人材を確保したい、という考えもあります。応募する側は、チャレンジしたい業界があれば果敢に挑む価値はあるでしょう。

自己分析は必要という結論

どんな場面で自己分析が役にたつのか。面接担当者や人事担当者と話す中で実践しながら、いかにあなた自身が自分自身を理解しているのか、という点に注目。

他の応募者たちとは「違う」ということを瞬時に判断してアピールポイントにできるからです。「違い」は「個性」でもあります。企業に染まる時代は終わりを告げました。

企業は、より良い人材を「待っている」時代であり、たとえ周囲が「厳しい」と言ったとしても狙える価値は十分にあるということを忘れないようにしたいものですね。

スポンサーリンク