2018-10-13

自分らしく生きるための自己実現って?じんわり実感して幸せに向かっていこう

ブラックで最悪な職場環境。毒親に支配された劣悪な家庭環境。倒れたところで助けもなく人生終わった!と思った時に心理学と出会いました。

人ってエネルギーを使いつくすと本当に動けなくなるんですね。うつからの発達障害が発覚してから毎日がたたかい。闘病した経験と心理学によるセラピー経験。

学びの日々から得られた「生きるためのヒント」とは。最終的な自己実現に向かって確実に一歩ずつ進む方法を見出しつつあります。生きるって大変。

生きていく上で知っておいた方がお得なことがある一方で、実はどうだって良いこともあります。両方を適度に知る事で生きることがラクになるなら?

スポンサーリンク

自己実現なんて聞いたことないんですけど

「自己実現」という言葉。聞いた瞬間に何だか嫌な予感もしました。体調が悪かったせいもあるでしょう。ちょっとした拒絶反応が起こりました。

難しいことは、これ以上考えたくない気持ち。疲れ切っているから頭がついていかない。思考がグルグル回転するだけでインプットは無理でした。

毎回心理学によるカウンセリングを受けることによって、少しずつ変わり始めます。周りが変わり始めたら自分自身が変わった証拠だと言うのには驚きが。

本当の自分を知ること

自分らしさって何?考えたこともありませんでした。必死に生きるのが精いっぱいで自分のことは後回し。自分らしく生きることが自己実現につながるって。

まずベースとなる自分らしさが分からないと意味を理解することは困難になります。考えたことも無いようなことを目の前に差し出されて困惑していました。

意味がわからないからと拒絶していた時に自分自身の存在感を消そうとしていることに気づいて。自分の存在を無かったことにしたいという気持ちが強かったのです。

自己実現は程遠く手を伸ばしても、とても届くような距離に存在しませんでしたが。少しずつ理解していくことで近づくことが可能なのだと実感するに至りました。

迷走モードになったら考える

自己実現が必要な人って「お疲れモード」だったり「迷走モード」などを体験した人。人生で立ち止まる事を知らずに突っ走る人は自己実現できていない人。

まずは疲れを取る事から考えていくんですね。要するに休むことや休憩する事から学ぶというワケです。疲労を通りこして迷走している状態なら身体が赤信号を発信します。

迷子になった時は助けを借りる時です。心理学の専門家に相談するチャンス。最初はもちろん抵抗しましたけど。自己実現を考えるチャンスは誰もが平等に。

お疲れモードの状態をどのように癒しながら回復させていくのか。そこに自己実現という目標設定が必要なのか。考えれば考えるほど不思議ですよね。

見失った自分を探す

傷ついた状態で身動きできないから迷宮に入りこんでしまいます。完全に自分を見失ってしまっている状態のこと。本当はもっと自由でありたいと願うのに。

何もかも「がんじがらめ」でココロの奥底では「助けて!」と叫んでいるはず。でも聞こえないフリをしているし聞きたくないという本心もあるんです。

ただガムシャラに生きてきたのなら、ぜひ一緒に考えていきましょう。自ら置き去りにしてしまった大切な自分自身を取り戻すこと。なかなか気づくタイミングはありません。

自分らしく生きるって案外むつかしい

「個性」ってステキなものですよね。一人の人として「個」として自分らしく輝きながら生きる。疲れていると必要な個性が消え去ってしまいます。

今生きている自分自身と向き合ってみましょう。経験上最初はとても難しいんです。疲れ切って逃げたい気持ちとやっと避けることが出来てホッとしているのに。

「個」として向き合うって無理難題で思わず放り出したくなります。

個性って何?

自分自身を「人」として認めることができる手段。自分自身と向き合うことができると「個性」はポジティブに。自分以外の人に「個性」だと認識される種類もあります。

「個性」は歓迎されたり、反対に否定的な要素が含まれていたり。嫌われる個性が存在する場合はネガティブ。例えばテレビでよく見るタレントを観察してみると。

活躍の度合いと個性は比例しているようにみえませんか。目立つタレントは良くも悪くも「個性の塊」だと認識せざるを得ません。

個性を探しに行こう!

どんな「個性」が見つかるでしょうか。人と違う部分は誰にでもありますよね。ちょっと変わっているかな?ということでもOK。それって全部個性なんです。

一つでも見つけられたらスゴいですし本当に素晴らしいことなんです。個性を見つけたら「今」を生きるあなた自身と照らし合わせてみましょう。

なぜ自分らしく生きることが難しいのでしょうか?個性というヒントを頼りに見つけにいきましょう。疲れる原因が判明したら良いと思いませんか?

生きづらくしている原因が明らかになってくるから不思議。「個性」を改めて見つめなおしてみませんか?未来に向かって生きていくために個性は必須アイテム。

小さな壁や大きな困難を乗り越えるためにも個性と向き合うことは大切なんです。

スポンサーリンク

生きるのがツラいご時世

「生きづらさ」って何だろう、と思うかもしれませんね。現代社会はとても複雑です。理不尽だと思うような事実を突きつけられたり格差が存在するのも現実。

安価な現実

一方で欲しいものは安く手に入ります。生きていくことに必要なアイテムは、たいてい苦労せずに手に入ります。苦労しない程度に適度に働くことができればの話ですが。

安くて良質な衣類を着ることだってできます。安くておいしいという食事も可能。意外だと思うような住むところに関しても例外ではなく。

我が国には社会保障という頼れる制度がありますね。現実的にもそれなりの生活を送りながら生きることは可能なんです。

生きる意味って?

ここであえて問いかけてみたいことがあります。次に3点あげてみましたので少し考えてみましょう。

  • あなたには、本当にやりたいこと、目標がありますか?
  • なんとなく生きている、ということはありませんか?
  • 人生の目的をもつ意味について、考えたことはありますか?

人としてこの世に生まれた以上かならず向き合う課題があるはずなんです。人生の節目ごとにあなた自身に問いかけることもきっとあるはず。

でも残念ながら本来持つべき課題を見逃してしまうんですね。問いかける内容を見失ってしまうほど世の中が歪んでしまってるんです。

個性が消える

あなたらしさが消える時とはどんな時でしょう?次の項目から個性が消える瞬間に心当たりがあるのかどうかチェックしてみましょう。

  • 生また家庭環境から、やむなく親が敷いたレールの上を歩く
  • 感受性が育つ思春期に、他人に成長を妨げられる
  • あなた自身が決めた方向に向かう時、逆方向を指示されて、自己選択が出来ない
  • 先輩が「付き合いが悪い」と言うので、仕方なく飲み会や仲間の集まりに参加している
  • 断るのが苦手で、好みでもない相手とお付き合いしてしまう

社会に出るということは、いわゆる大人になるっていうことですよね。18歳~20歳になるころには、通常大人になったと判断されます。

生まれてからずっと歪んだ世界しか知らない、というケースも。大人に見えるのに正しい成長過程を経由してこなかったケースもあります。

世間知らずだと思われてしまうような人が、実際に存在るのも現実なんですね。

なぜ、生きづらいのかを考えてみる

もしあなたが「生きづらさ」を感じているのなら生きてきた道を一度振り返ってみましょう。いかがでしょうか?ずっと前からかもしれないですね。

青春時代から生きづらさはあったのでしょうか。社会に出るときに気が付くこともあるでしょう。実際に私を含めて大多数が時代の変化と共に生きづらさを知らされるのです。

人生の節目や成長の過程において、どんな記憶があるでしょうか?生きることが「しんどい」とか「ツラい」と感じたなら歪みやひずみを目の当りにしてしまったのかも。

無意識の部分で幼少期に傷つき体験がある場合は思い出すことが難しいものです。生きづらいのに無理に平常心で乗り越えてきたような仮の人格が出来上がるのが現実。

仮の人格とは「生きづらさ」からの防衛本能によって作り上げられた姿のことです。表面的には自分自身を隠したり、ごまかしたりといった事ができているかも。

でも自分自身のココロだけは知っています。かなり以前から生きづらい事実に気が付いているんですね。

スポンサーリンク

あなたの周りには、素敵な生き方をしている人はいますか

自己実現のためには自分らしさを取り戻す必要があります。自分らしく生きるために生き方を学ぶことが大切な課題なんです。あなたの学校や会社はどうでしょう。

サークルの仲間や知り合いなど、周囲を見回してみましょう。周りにいる人の中で素敵な生き方だなって思う人は思い当たりますか?もし見つけたらラッキーです。

素敵だと思う生き方を少しずつ取り入れていきましょう。

見習ったり、マネをしたりすること

見習えそうでしょうか。マネっ子みたいで抵抗がありますか?それでは幼少の頃を思い出してみてください。言葉ひとつ覚えるために周囲の人をマネしていましたよね?

友達のマネをしたり、テレビで観たタレントのマネをしたりしませんでしたか?生まれてから順番に言葉を覚えていくように、全てのことは真似事から始まるんです。

子供だから出来る事?いえ、人生に遅いなんて言葉はありません。いつから始めても恥ずかしいなんてことは、全くないのです。

憧れる気持ちを大切にしよう

素敵だなって思う事と憧れって似ていますよね。憧れているような生き方ができればステキ。憧れる生き方やステキな人生そのものに近づけると信じてみましょう。

そしてぜひ、実践してみることをオススメします。生きることに楽しみを見出すことが出来そうだと思えてきませんか?

焦りから解放される方法

「個性」を探さないと!「生きづらさ」から抜け出さないと!焦ってしまいそうですか?焦ってしまう前に、あなた自身のためにもなる「レッスン」をしましょう。

  • 断れないタイプの人は、思い切って「NO!」と伝えてみよう
  • 個人的にノー残業デーを設定して、実行してみよう
  • 今後について、憧れていることをノートに書きだしてみよう
  • 今まで、ずっと我慢や無理してきたことをノートに書いてみよう
  • 正しく実行できたことを、ノートに追記していこう
  • ノートに書いたことを、少しずつ実践していこう
  • 1項目でなくても、部分的にでもできたなら、誉め言葉を追記しよう

レッスン法として表記していますが、実際に正解というものはありません。自己実現とは、一般論では解決できないことが沢山あるからです。

正解は、あなた自身にしかわからないことが多いのです。だからこそ、あなたオリジナル形式で楽しんで一歩ずつすすみましょう。

あなた限定の「秘密の対策レポート」として、どんどん前に進んでいけるといいですね。

迷いこそ「人間らしさ」

いろんな体験をしたからこそ人間らしさとは何かを考えたり答えを導き出したりできるのだと感じています。

  • 迷っているからこそ、今を生きていること
  • 迷いこそが、生きている実感をえられるアイテムであること

「迷う」ことが目の前にあらわれたら思う存分楽しんで迷ってみましょう。迷いながら悩みながら時に立ち止まって、そして前に進むんです。

人生とは簡単にいかないことって多いですよね。1歩ずつ階段を昇っていくイメージを持つと、わかりやすいです。

人生は、らせん階段

迷うことに対して不安がある場合。不安が、安心につながると断言できることがあります。人生とは決して「後ろに進むことは無い」ということなんです。

あなたの人生が後退することはありません。常に前に進んでいるんです。階段を昇り続けているんです。振り返ることはできても過去に帰ることはできませんよね。

「人間らしさ」とは、あなたにしかわからない答えがあるはずなのです。あなたしか知りえない答えにこそ自己実現のヒントが潜んでいるのです。

自己実現の実感は「じんわり」だから気付かない

自己実現というものは実体があるわけではありません。ですからある日サプライズプレゼントのように、やってくることは無いのです。簡単に手に入るものなら良いのですけど。

自己実現のために自分自身の肯定感を高めることが最優先です。自己実現から一番遠いところにいた私自身も活用した自己否定ポイントチェック項目を見てみましょう。

  • 今まであなたは、自分を肯定することに、抵抗感を感じ続けてきませんでしたか?
  • 幸せに生きてはダメだとか、思ったりしたことはありませんか?
  • 楽しく生きようと試みたところ、誤解を招いてしまったことはありませんか?
  • 妬みの嵐に巻き込まれたり、悲劇の標的になってしまうことを恐れていませんか?

気にしすぎてしまうんですよね。結局我が身を大切にすることを、置き去りにしてしまうんです。自分自身が持つ個性を、できるだけ抑えて生きてきたんですよね。

小さな「気づき」が、始まりの一歩

たった今気が付いたのなら、あなたは一歩前にすすんだのです。「気付き」こそが自己実現への道を切り開くアイテムなのです。一歩ずつ一段ずつ階段を昇るように進むことが大切なんです。

個性はひとりひとりが違います。自己実現の実感までたどりつくスピードも当然ながら違ってきます。じっくり、じんわりで良いんです。

自己実現によって成長したと実感すること自体に時間がかかるものなんです。ですから焦らないことが大切なんですね。

まとめ

まずは、あなたが「自分らしさ」を感じる瞬間を考えてみましょう。次の項目から自分らしさチェックをしてみてください。

  • 今の仕事が楽しくて仕方がない
  • 趣味として、やってみたいことがすぐに見つかる、どんどん見つかる
  • 思ったことを、思ったままに正しく、伝えることができる
  • 正しいことをしている我が身を信じられる
  • 仕事や、趣味、遊びなどで、どんな場面に遭遇しても動じない

何気ないことでも、楽しくできて生きることは素晴らしいことですよね。「幸せ」や「楽しい」と思えることが大切なんです。自分を発見していくことで成長させていくのです。

自己実現の解釈が難しい理由はなんでしょう?自己実現とは個性であり、ひとりひとり違うものだからです。

遠回りしたって構わないんです

あまり考えすぎずに、ありのままのあなたを受け入れていいんです。まずは本当のあなたを見つめて向き合うことから始めましょう。何よりもラクに進むことを優先して。

楽しいと思うことを試してみましょう。幸せだろうなと思うことにチャレンジしてみましょう。繰り返し自分自身をテストすることを継続することが大切なんです。

あなたの「個性」を客観的に見るという視点を育てましょう。実行したあなただけがあなたオリジナルの自己実現に近づくことができるのです。

スポンサーリンク