2018-10-15

相手に変化を求めるのはNGなの?まず自分を変える生き方を考えよう

ツラい毎日を送り続けているといつか限界が訪れます。しかもその時は突然に!ココロの準備なんてできたもんじゃないです。だからツラいな~って思う日々から一日も早く抜け出したいもの。

 

 

限界って本当にコワい!コワかった!おびえる日々に光が差し込んだのは奇跡的に心理学と出会ったから。心理学を学ぶことは自らの解釈や発見がとても大切なことになります。

 

希望を失った日々から「生きるためのヒント」を探る日々に変化していったのは自分自身の生き方や考え方を変えることってかなり重要なことだとわかってきました。

 

スポンサーリンク

相手に変化を求めない

 

疲弊しているとき頼りになる人がいたらどんなに救われるでしょう。もうお任せで、なんて思ってしまうときがあります。何も考えられないとき導いてくれる人に頼りたくなるものです。

 

でも期待はしない

 

もしあなたが疲弊している状態なら判断力が低下しているかもしれません。判断力が低下しているとき狙われたかのように周りに揺さぶりをかけられます。

 

判断できない状態なのに判断を迫られたりするのです。そんな時頼りがいがあるような相手を探し求めてしまうのは仕方がないことです。焦ってしまう時ほど期待をしてしまったり関わりをもちたくなるもの。

 

それは救われたいという気持ちが強いからでしょう。相手が上司であっても年長者であっても尊敬している気持ちがあれば期待してしまうものです。期待している相手からの一言に左右されていませんか?

 

巻き込まれないために

 

影響力があると思うからこそ尊敬する相手の言葉にありがたみさえ感じてしまいます。尊敬する相手であっても全て受容する必要はないのです。尊敬する気持ちとは別問題として考えることこそ重要です。

 

あらかじめ記しておきます。当然のことですが形式的な会話や組織的に上下関係を保つための会話は必要です。では別問題として考えた方が良いケースとはいったいどんな時なのでしょうか?

 

上司や年長者を尊敬するあまり何につけても「お伺いをたてて」しまうことです。自己判断ができない状態の時は特に期待して「お伺い」という行動に走りがち。

 

尊敬している人のすべてに期待し信じ切ってもいいものでしょうか?何が正しいのか判断力が低下しているときこそ信じることに疑いの気持ちを。そんな時こそ一歩下がって客観的に考える必要があるのです。

 

後悔しないために

 

尊敬する上司と同じ年代の人からの目線で考えてみましょう。勤続年数などにもよりますがすべてが正しいこと、とは言えないはずです。尊敬している年長者と同じ年代の人からの目線で考えてみましょう。

 

年上だからこそ生きてきた背景があるからこその言い分なのです。判断できない状態だからこそすべてを飲み込まないことが大切なのです。あなたは今とても疲れているんです。

 

後悔しないためにも流されるままにならないことです。

 

他人が持つ「器」の数や大きさに惑わされない

 

つい比較しがちなのが他人がどの程度許容してくれるかという点について。敬うに値する「器」を持っているのかどうかということなのです。期待しすぎるのは基本的にNG。

 

他人の器

 

「器」は人生を生きていくほどたくさん持つことができるアイテムです。頼れる「器」もあればちょっと物足りない「器」も持っているものです。完全で絶対に間違いないと言い切れる人間は皆無です。

 

ロボットでも時にプログラムエラーがでてしまいます。「一生が勉強だと」考えて生きる人がいます。一方で「完璧で成熟した人間だ」と自負して生きる人がどれくらい存在するのでしょうか。

 

案外大多数の人が未熟なまま生きているものなの。だからこそ人生が面白いのだと言う人がいるのでしょう。

 

器の大きさ

 

尊敬している人に対して気を遣い続けることが果たして正しい行動でしょうか?オコボレを頂きたいという態度を続けることは本当に正しい態度なのでしょうか?

 

自然に接することとは全く別の次元のお話。尊敬している人はあくまでもあなた自身の基準であるということなのです。その人の「器」がその問題に対して受け止めきれる大きさなのかは誰にもわかりません。

 

万が一未熟で小さな「器」の人に巻き込まれてしまったら後悔したり落胆してしまうでしょう。未熟ではない完璧な人だから尊敬できるのだと思いたい気持ちもあります。

 

惑わされないために

 

年長者だから上司だから一部の尊敬する人を見ただけで判断できますか?人生で得た「器」全てを「尊敬」に値するという判断ができるのでしょうか?

 

無理に「尊敬しているから」と自分に言い聞かせたりしていませんか?いくつになっても人生のなかには常に「喜怒哀楽」があるのと同じことなのです。

 

尊敬するあの人にも意外だと思うような「未熟さ」と小さな「器」があって当然なのです。大きな「器」に受け止めてもらうことばかり期待しないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

焦りが引き起こす「後悔」から学べること

 

では意外な未熟さに突然巻き込まれてしまった時どうすればよいのでしょう?後悔してしまったらどうすればよいのでしょうか。

 

  • 適度な距離を置くこと
  • 反応を待ってみること

 

急がないと間に合わないと焦っているときこそあえて立ち止まってみるのです。焦りは果たして良い結果を生み出すでしょうか?焦りは悪い方向に進んでしまう可能性がおおいにあるのです。

 

どうしても焦ってしまうときは「自分自身」と向き合ってみましょう。焦る気持ちと向きあってみて「違和感」があるかどうか確認してみましょう。尊敬する人と比較することはやめてみること。

 

あくまでも「自分自身」でいることが大切なのです。「自分」を保つことがどれほど大変なことなのかということなのです。

 

焦ってしまうから後悔する

 

比べるから焦る、という仕組みがあるんです。果てしない時間を考えると焦って失敗したほうが良いと考えるかもしれません。確かに失敗から学べることは沢山あるでしょう。

 

でも今とてもツラい状態だとしたら。ツラい状態なのに無理に焦って前に進む必要はありません。思わぬ事態に巻き込まれたらどうしたら良いでしょうか。

 

「私は今(判断できない)無理です」

 

ぜひ言葉にしてみましょう。ポイントは主語を必ず「私は」にすることです。「私は」という言葉を使うと伝わりやすく相手も受け入れやすいのです。

 

巻き込まれてしまうと同じ波に乗って焦ってハイテンションになってしまいます。巻き込まれる時に限って焦れば焦るほど良い結果はうまれないのです。なぜならそこに「あなた自身」はいないから。

 

常に「自分軸」を持つことで相手に期待することも無くなっていくのです。同時に焦る必要もないということがわかってくるでしょう。

 

苦手な人に対して困った時はできるだけ時間を稼ぐ!

 

 

家庭でも社会でも人間関係には相性というものが存在します。相性を信じて人に期待してしまうことがあります。いつも癒される人であってほしいと願ってしまうのです。

 

居心地が良い環境というのは周りの人と自分自身の相乗効果でもあります。でも残念ながら居心地の良い環境を保ち続けることはとても難しいことですね。

 

苦手意識

 

苦手だと思ってしまう人を受け入れられない気持ち。叱られたことのある上司の前で神経質になってしまい受け入れられないままです。嫌な過去を思い出してしまうなど理由があるから。

 

萎縮してしまってあなたらしい会話が出来ない時どうしますか?自分自身を発揮できない場所ではストレスを感じることがあります。どうすれば苦手意識に対処することができるでしょう。

 

無理をしながら会話をする必要はありません。無理をして苦手な人との会話に乗る必要もないということなのです。ストレスを避けて生きることはとても難しいんです。

 

苦手だからもう嫌な目にあいたくないからこそ対処できれば良いですよね。苦手意識から即答したりしないことです。焦るとつい即答してしまいがちですがそのことが余計にストレスとして蓄積されていきます。

 

考える時間をもらう

 

焦ってしまう気持ちが残っていたらまずは落ち着きましょう。でも落ち着こうと思っても最初はなかなか難しいものです。会社の上司に問いかけられたらなおさらです。

 

対処としてまず一呼吸置きましょう。そして「今は、お答えできかねます」とゆっくり口調で伝えることです。難しい場面ほど練習するチャンス。最初は出来なくても必ず慣れて言えるようになります、

 

人事異動など人生において大切なことを決めるような場面に遭遇したら。どんなに大切な内容であってもあなたが困るような内容だった場合は即答しないことです。

 

考える時間や猶予というものをもらえるはずですから交渉してみましょう。

 

シンプルに伝える

 

考える時間をもらったら時間が許す限りよく考えましょう。答えが出たら簡潔に伝えましょう。YESの場合でもNOの場合でもシンプルが一番です。常に一貫性ある姿勢を保つことが大切です。

 

そして伝え方も同じこと。萎縮してしまうほど相手が苦手だと思うのは個人の感覚や感性なのです。どうしても受け付けられなくて具合が悪くなる場合もあるでしょう。

 

でもまずは伝えなければ相手にも状況が把握できません。「今は調子が悪いです」悪い状態なのか良い状態なのかシンプルに伝えましょう。そして状況を理解してもらいましょう。

 

注意点として中間的な回答であやふやにしたりしないことです。

 

スポンサーリンク

意思表示できる相手か安心できる場所かを確認!

 

 

自分自身をテストしてみたことはありますか?相手を見極めるチカラをつけることは生きる上で必要なことです。

 

意思表示してよい相手なのか

 

相手を見極める際に意思表示をしても良いのかどうか判断に迷うこともあります。時間の猶予をもらったうえで答えを導き出しましょう。安心安全な場所で言葉にすることは我が身を守るためにも必要なこと。

 

人間関係の摩擦によって疲弊する場所では直接対決を避けましょう。避けるのが無理なら逃げてしまうという方法もあります。ワンクッションおいて会話する方法もあります。

 

相手と自分自身の間に部署などの場所や同僚などの人を置くことです。間に場所や人が介在することで直接対決を避けることができます。相手の怒りや悲しみを直接受けることがないのでストレスも軽減。

 

会話の工夫

 

疲れない会話をするために思わぬ攻撃を避けるために備えましょう。最初は期待に応えたいという気持ちから無理をして会話して疲れるかもしれません。伝えたい事を言っても通じない人も存在します。

 

それはその人の個性や性格、環境などが関わっているからです。自ら傷ついてしまう会話に飛びこむ必要はないということ。傷つく可能性がある相手に対して無駄になるような期待をしないことです。

 

苦しまない方法として自分自身を基準にすることです。他人に決めてもらうことではないのです。自分自身の思考やココロの中から自然にあふれてくるような答えでしょうか。

 

立ち止まって確認してみると良いですね。我が身と向き合って答えを見つけていくことが重要なのです。

 

自分軸を持つこと

 

第三者のアドバイスは必ずしも正解とは言えないのです。他力本願で生きている人もいるかもしれません。が第三者の言葉に振り回されてばかりでは自分自身という存在が揺らいでしまいます。

 

度を越えたアドバイスには頼らないこと。「器」の大きさを見極めて期待できない人をスルーできたらOK。世の中にあふれるうわべだけの言葉に惑わされないことです。

 

ココロが動かされる言葉に出会ったときこそ大切にしましょう。何気ない会話のなかで悩んでいたことの解決の糸口がみえてくることもあります。ココロが動くか動かないかで判断する基準としてみても良いでしょう。

 

ラクな方へ向かう

 

最終的には自分自身と向き合って答えを探し見つけることが目的です。諦めることの大切さを考えたことはありますか?執着してしまうこともあるでしょう。

 

こだわりだと言い切ってしまうときも。執着やこだわりによって自分自身を苦しめていませんか?自分自身のココロがラクになる軽くなる方向を基準にしましょう。

 

今後の人生も生きやすい環境となり自ら未来を変えていくことができるのです。

 

まとめ:変化と未来に生きる

 

 

ツラい環境をわざわざ選ぶ必要はないのです。自分自身をもっとラクにしてあげましょう。ただし選んだことを後悔することもあります。人生とはそういうものです。

 

自分自身の考えによって誰にも影響されずに選んだという認識が大切です。後悔は他人に選んでもらったり他の人の影響によって「後悔」が起こるんです。

 

たとえ後悔にさいなまれても影響されない強さがあれば大丈夫!揺るがない自分に責任を持てるようになりつつあるということです。一歩ずつ自分の未来を自らの手で変えていきましょう。

スポンサーリンク