2018-11-26

韓ドラのラブコメ!適齢期わくわくロマンスのイ・ユリに惚れる

いつの時代もどの国のドラマにも共通する点ですがラブコメって良いですね。あのドキドキ感とスッキリ爽快感!良質な作品ほど感動の物語が盛り込まれています。

だからこそ楽しい内容なのに共感を呼ぶのでしょう。今回はラブコメの路線を的確に狙いつつホームドラマを完璧に網羅するドラマ「適齢期わくわくロマンス」に出会いました。

それはもう夢中になるくらい!韓国ドラマ「韓ドラファン」なら絶対ハマりますよね。個人的に「イ・ユリの演技に惚れた!」なんて声を大にして言いたいくらい。

実は最初に抵抗があったことは確か。サブタイトルが「お父さんが変」だなんて。ちょっと引いてしまったり。なんだ?と疑いの目100%で観はじめたんです。

恋する適齢期惑々ロマンスの女性たち

もう本当に素晴らしい!まさに拍手喝采。全体の構成のバランスでまさに黄金比!いえいえ決して言い過ぎじゃぁありませんから。一度見て頂きたいです。

特にラブコメに欠かせないキュートな女性たちに注目。恋する乙女は本当にキラッキラ。それぞれの役どころに独特な個性がスパイスとなっています。

 
長女役のイ・ユリを筆頭に恋する役の女優陣をご紹介。

長女役のイ・ユリ

もともと悪役が多い傾向の女優イ・ユリ。悪役がまさにピッタリの女優さんですが「適齢期わくわくロマンス」では超しっかり者の長女役ってギャップありすぎ。

それにかなりの努力家で弁護士になったという設定というところがオツ。なぜ?どうしてこの役を引き受けた?悪役のイ・ユリが大好きな私としては謎が謎を呼び。

なぜだー!と言いながら最終話まで笑い転げていたんです。正確に申し上げるとですね泣き笑いが止まらなかったんです。そして改めてイ・ユリという女優の魅力にドハマり。

さすが演技派と言われるのも納得。ユーモアセンス抜群で正義の味方スーパーヒーローのような人物像。視聴者にとってわかりやすいキャラを見事に演じきります。

長男の恋人ユジュ役のイ・ミド

どこかで見たことのある風貌。日本の芸能界に確かいた?なんて思うほどアノ人にソックリでビックリ。ただし演技は別格。決して美女ではないのに美人に見えてくる。

キャリアウーマンとしての地位を確立させる役どころは圧巻の演技。脇役なんだけれど存在感は光ってます。ピョン家の長男との恋愛模様も独特な雰囲気。

複雑な事情をもつピョン家に嫁ぐ役柄として、ややごり押し気味に家族と関わっていく様は韓国ドラマの定番の流れ。少し鼻につく演技も次第に馴染んでいくところはさすが!

長男の嫁として大家族の中でキラリと光る存在になっていくのです。最初の違和感は韓ドラあるあるですが、やはりユジュ役にだんだん馴染んでいきます。

いじめっ子だった過去には理由があったりキャリアウーマンの立場が危うくなっても固執する意地のような演技にも深い意味合いを感じられて好印象に。

ピョン家の末っ子娘役リュ・ファヨン

末っ子ならではの役どころ。とにかく自由奔放に生きていて家族もそれを許容しているところがスゴイ。ただしこれには家族の事情があったからだと後で知る事に。

恋愛の駆け引きが上手だと思い込んでいる役どころを見事に演じ切っている部分に注目。恋愛の達人だと思わせておいて恋におちた時のドキドキ感の演出はまさに秀逸。

恋人とラブラブになるまでに何度も困難が訪れるのですが、それらを乗り越える恋のチカラを魅せつける演技は噛みしめるほどに味わい豊か。

チョン・ソミンの演じるピョン家の二女

家族のお荷物ニートからスタートする二女ミヨン役。暗い過去を持っているからこその優しさは人への思いやりを忘れないということを教えられます。

会社員として自立していく姿は二女らしい側面を持っていて、とってもキュート。後に恋する女性としても成長していくのですが、その変化が著しい役どころ。

しっかり者の長女に頼ることもあるけれど基本的には自己解決の姿勢を貫こうとする役どころ。素直すぎる性格はチョン・ソミンという女優としての透明感が上手く反映されています。

このドラマの恋人役とリアルにお付き合いしていたことは後で知ったのですが、とにかくお似合いカップルなので演技とリアル両面から試聴するのも楽しめる一因に。

スポンサーリンク

イ・ユリの演技に惚れる

有無を言わさぬ納得の演技。演技大賞や最優秀女優賞も獲得した完璧な役作りにノックアウト。まさに毎回観るごとに「わくわくロマンス」が。

もちろんストーリー的に充分なワクワクが満載。適齢期を演じるイ・ユリという女優にドキドキしっぱなし。同じ女性として惚れる要素たっぷりです。

長女らしい潔い性格の役どころは美貌が引き立てます。嫌みを言っても演技が嫌味にならないところはさすが。スッピンもステキ。もう完璧なんですね。

美人すぎる弁護士役がデキルオンナを最高に演出しています。キャリアウーマンの鏡を単純に演じるだけにとどまらず長女として家族を守る姿は時に涙を誘うほど。

大切な人を守るためには毒舌で相手をコテンパンにやっつけるのですが、長いセリフを単調かつ適度な抑揚をつけて見事に演じきるので逆に観ている側がタジタジに。

いつも家族を最優先に考える姿もイ・ユリならではの圧巻の演技。兄妹や両親さえも統括してしまう理想的な「頼りになる姉貴」像を魅せつけます。

家族を最優先

ホームドラマだから可能な話数に応じた設定。ひとつ問題が解決しそうな時に新たな問題が勃発するという連続技なんです。とにかく息をつく暇がない!

家族が大好きで特にお父さん愛がすごい。お父さんへの尊敬がすごすぎて家族を守ろうとひたむきな姿に圧倒されます。女優イ・ユリとしての個性も光ってます。

恋に仕事に忙しいヘヨン役は悪役女優からの脱却にぴったり。真逆の位置づけから視聴者を魅了することができるのは女優業の技量として十分すぎるほどステキ。

適齢期でわくわく!ドキドキなロマンス?

ドラマではヘヨンとして大活躍。大学時代に彼氏と別れて必死の勉強の末、弁護士に!元カレのジョンファン(リュ・スヨン)と再会してお互いの愛情を知るというくだり。

悲しい失恋の影を感じさせながらも毎日の忙しさと完璧な女弁護士として役柄を確立するのは高度な演技力。適齢期ならではの恋まで追加されているので観る側も忙しい。

家族では頼りになる長女として常にナイスアシスト!決して出しゃばらないけど力強くて頼りになる姉御肌。兄妹たちと問題が起こるたびに集合そして会議!

兄妹の悩みも一手に引き受けちゃう本当に良い人。元カレが今カレになって一緒に暮らし始めるんですけど。もはやコメディーを超えた抱腹絶倒の連続。

ラブラブなシーンも怪しげになるはずの密会も全部含めてヘヨンになりきっているのです。というより役柄が乗り移っている?というくらいに。

彼の母親がネック

適齢期というタイトル通りに恋愛ストーリーはそれぞれのカップルに恋が芽生えて困難を乗り越えていく設定。長女ヘヨンに恋するお相手ジョンファン役のリュ・スヨンにも注目。

彼氏役に注目というよりも彼の母親役を演じるソン・オクスクから目が離せません。息子であるジョンファンありきで人生生きているという役柄。

完全に子離れできていない設定が似合う女優さんなんですね。ヘヨンは結婚を夢見ないタイプだったので母親としての役どころは難しいかと。

良い意味でドラマのスパイスに。将来の姑と嫁という関係の影に過去の確執も絡んでいて本当に根深い問題が目の前に立ちはだかるワケです。

結婚へのステップ

ヘヨンとジョンファンの恋愛はなんとか順調にすすんでいくんですが。彼の愛情と本心を知っていくうちに結婚を考えるようになるくだり。

姑と息子である彼氏との間で心境の変化を演じるイ・ユリは敏腕弁護士そのもので解決への糸口を模索して次々に難題を解決していく様は脱帽モノ。

ストーリー的にもお試し結婚だったり生涯の伴侶を評価しながら生活するというアイデアも感情論に流されない脚本に仕上がっているのです。

両家の問題

何もかも順調で物語が終盤に差し掛かる頃。ピョン家では、お父さんの悲しい過去が明るみに。家族も周囲も視聴者も巻き込んで全員がショック状態。

登場人物たちはそれぞれが立ち直ろうと、ひたむきに解決策に乗り出すのですが。ヘヨン役のイ・ユリの行動力には感服するしかありません。

こうなったら応援せずにはいられなくなります。ガンバレ!キミなら出来る、なんて言いながら物語に没頭できるのはイ・ユリの活躍あってこそ。

笑いあり涙ありの展開を繰り返すのはジェットコースター式の脚本のせいでしょう。適齢期という設定自体が盛沢山な内容で充実しているのに家族の問題も山積しています。

恋愛も仕事も家族の事も全て手を抜かずに冷静に対処していく姿は見事だとしか言いようがないのです。リアルなら超ハードスケジュールなはず。

全てをこなせるのもドラマだから。あり得ない超多忙なスーパーウーマンを演じられるのはイ・ユリただひとりだと確信さえしてしまうのです。

極悪な役柄を完璧にこなせるイ・ユリ。物語の最後まで、悪あがきを続けて心身がボロボロになっていく役がピッタリだと思っていたのですが。

良い意味でイ・ユリという女優さんに裏切られました。視聴率の女王と呼ばれる所以が理解できますしイ・ユリの演技に惚れたワケです。またもや!

スポンサーリンク

イ・ユリのファン!として

イ・ユリは、1980年1月生まれです。身長は165cmなので厚底ヒールがとってもお似合い。小顔でスタイル抜群!実はリアルに結婚していて旦那様は12歳年下!

年下の男子に猛アタックして射止めてしまう美女イ・ユリの魅力。女優業も一人の女性としても確実に階段をのぼり続けています。イ・ユリの人生そのものがステキに見えますね。

イケメン俳優はファンミが多いのですが美人女優のファンの集いも催してほしいものです。アイドル並みに追っかけをしたくなるほどの魅力の持ち主なのです。

まとめ

今回は女優イ・ユリの演技の素晴らしさを振り返ってみると、その生きざまを含めて人間としても改めて惚れた!と思えるのです。そのくらい最高の女優さん。

そしてホームドラマ&ラブコメ要素が超濃厚な「適齢期惑々ロマンス」は超オススメ。韓ドラならではの一度見始めると止まらない、という不思議な魅力にもハマってしまうのです。

韓ドラならではの女優さんへの演出方法や演技に注目してしまうほど素晴らしい!イ・ユリの魅力が全開ながら助演する女優さんたちも適齢期の女性として個性満載。

登場するだけの意味を持って現れてココロに刺さるような印象深いセリフを必ず言うのです。その度に、それぞれの演技力に注目して比較してしまいます。

大御所俳優を上回る迫力で演じきったイ・ユリという女優さんに拍手を送りたい!次回作が待ち遠しくて仕方ありません。

スポンサーリンク