2018-12-02

趣味をひとりで楽しもう!お手軽でおしゃれ女子にピッタリなモノ

最近、誰にも束縛されない「ひとりの時間」ってすごく貴重だったんだ!なんて今頃、気が付いたんです。家族や友人にいつも囲まれて、それなりに幸せな生活で不満はないんです。

 

 

仕事では会社の上司や部下に同僚あらゆる人と関わりながら毎日過ごしていて、日常って人と関わることばっかりだって思うことが多くなってきました。

 

なにより時間を問わず気軽に連絡できる手段があるってすごく便利!連絡すること自体が簡単な上に一方通行な連絡もできるスマホ時代って、すべてが片手操作で完了!スゴイですよね。

 

でも過去にひとり暮らしの経験をしたせいか「ひとりの世界」をちょっと振り返りたいと思う部分もあるんです。そんな話を友人にすると「孤独」とか批判されたりします。

 

私の人生なんですから批判も何も言われる筋合いは無いんだ!とか特にタンカを切ったわけでもなく、この際だから思い切って静かにスマホの電源を切ってみました。

 

スポンサーリンク

「ひとりの世界」のススメ

 

「で、ひとりで何するの?」なんて言われるでしょうね。「なんで?」とか責められたりするかもしれません。人って基本的にさみしがりやです。だからこそ常に人に囲まれることで安心できるって人も沢山いますし、あなたもそうかもしれないです。

 

ちょっと時間があいたら、さみしいなって思ったら誰かに連絡したりしていませんか?そんなあなたにとって、ひとりでできる「趣味」を探すことのメリットってあるの?なんて思うでしょうね、きっと・・・。

 

実はお手軽でおしゃれ女子にピッタリ!なモノを厳選してみました。

 

超お手軽な趣味

 

仕事も家族も友人だってもちろん大切です。でも人に会ってばかりだと、それだけで良くも悪くも「ストレス」になってるんです。本人は気が付かないんですけどね。

 

だからこそ、あえて「ひとりの世界」ってオツだな~っ思ったこと、やってみてコレいい!って思ったことをご紹介します。ひとりで完結できる超お手軽な趣味は以下のとおり。

 

  • 歩くこと
  • 読書
  • DIY

 

「ひとりの世界」を作り上げるには趣味を探すっていうのが近道でした。「でも、趣味ってなに?」っていうあなただって「ひとりの世界」が意外にもオツな気分が味わえます。

 

ちょっぴり日常にスパイス!取り入れてみませんか?

 

無料に注目!

 

趣味を探すときにポイントにしたのは「無料!」です。無料って基本的に嫌いな人って、いないですよね?ちなみに、私も「無料!」なんて言われると飛びついてしまうタイプです。

 

あ、でも最初から「無料ですよ!」なんてちょっと怪しい匂いがします?「ひとりの世界」に最初からバーン!とお金使える人ばっかりなら、いいんですけど。

 

私なんかは、できるだけコスパ重視がいいなって思うんです。趣味をひとりで楽しむための大原則として「無料」ってアリなんです。

 

スポンサーリンク

趣味って簡単お手軽!

 

 

まずは毎日が「デスクワーク」のあなた!普段から「肩こった~」なんて言いながらクビをグルグル回してますよね。まだ若いのに「五十肩かな~もうイヤだわ~」なんて言ってないで軽~く歩きましょうよ。

 

「散歩?ウォーキング?そんなの、めんどくさーい」

 

そうですよね。確かに家の周りを軽く散歩したり近くの公園をウォーキングするなんて。見慣れた景色ってなんか意欲わかないです。わかります、わかります~。

 

私もやってみて「近所は、イヤだなやっぱし・・・」って思いましたもん。「じゃあ、どっかいい場所ないの?」なんて探すのにもちょっと疲れちゃったりしがちな人にオススメな場所をご紹介しましょう。

 

歩くこと

 

ズバリ!何を隠そう「ショッピングモール」なのです。ここ数年、新しいモールが全国的にバンバン!できてますよね?中でも新しくできたモールがおすすめ!

 

でも、ちょっと待って?オープンしたばかりだと混雑してるんじゃない?ちょっと人混みをかき分けながらってイマイチ。その通りです!だから、ほどほどに新しいモールがおすすめです。

 

「ほどほどって何よ!」なんて言われそうですが。わかりやすくて穴場な場所を簡単に探せるんです。それは「リニューアルしたモール」をチェック!なんです。

 

趣味に活用!モールの魅力

 

運動不足って現代人ならではの「身近な課題」ですよね。だから目の保養も兼ねてモールへレッツゴー!しましょう。新しいお店に立ち寄るのもいいですけ、ウォーキングの日って決めたら買い物は帰りのお楽しみに。

 

まずは目標設定した歩数を歩きましょう。全国のモールでウォーキングを推進しているところって実は結構あるんです。「ウォーキングキャンペーン」なんてイベントをやっていたらモチベーションもアップ間違いなし!ですよ。

 

歩数計アプリを活用

 

普段デスクワークで足腰に自信がないから「無理せずに楽しみたい」というあなたは超マイペースでOK!です。お天気だって気にしなくてもいいんです。スマホには歩数計のアプリがありますし歩数の確認だって簡単!本当にいい時代です。

 

見る楽しみ

「モールで目の保養って何?」というあなたに注目してほしいことがあります。以下に目の保養ポイントの一例をあげてみました。

 

  • 洋服店
  • 雑貨店
  • お気に入りのお店

 

洋服のお店なら一番よく見えるところ通り沿いとか入り口の「ど真ん中」だとか流行りのアイテムを知ることもできます。なによりディスプレイってお店のスタッフさんのこだわりなので、とっても個性的!

 

見ていて楽しいです。これこそ目の保養の神髄だって思いませんか?私の個人的趣向はカバン屋さんとか雑貨屋さんのディスプレイがお気に入りです。

 

屋内は全天候型で季節が楽しめる

 

モールって基本的に屋内が多いです。お天気を気にせずに季節を感じることができます。たとえ外が嵐でも吹雪だって平気!全天候型で楽しめます。

 

ただしアウトレットモールは、ちょっぴり屋外のケースもあるので注意したいところ。ちょっとくらいの曇り空なら平気ですしね。アウトレットモールもアリです。

 

さっそうと歩いてみませんか?歩き方にもいろいろ。モデル歩きだとか歩幅を大きめに歩くとか。モデル歩きを意識すると姿勢がピンってなります。

 

歩幅が小さめの競歩なんかも意識すると足腰の筋肉を意識しながら鍛えられそうですね。これぞ、おしゃれ女子にピッタリって感じだと思いませんか?

 

スポンサーリンク

「おひとりさま」を楽しむ

 

読書もおしゃれにカフェめぐりしながらお気に入りの一冊を持ち歩くんです。カフェこだわりのコーヒーってありますし香りでアロマ~な癒しもアリです。

 

読書は自宅や図書館でなくてもgoodな場所が沢山!テラス席やバルコニー型だったり外の空気を浴びながら本を片手に決めてみても良いですよね。

 

カフェで読書

 

今更、読書をカフェで!なんて「新参者には抵抗があるわ」とか思います?やってみたらわかるんですけど「おひとりさま読書」って新参者大歓迎なんですよね。

 

違和感なく馴染める!これって、おしゃれ女子を意識してこその特権?権利は誰にでも平等にあるものです。安心してください。誰も咎めたりしないハズですから。

 

カウンターかソファーか

 

カウンター越しに浅く腰掛けるのもアリ。コーヒーの香りと好きな本と街の雑踏から離れた気分で「ひとりの世界」完成です。窓際席が好みじゃない人もいらっしゃることでしょう。

 

また今日はそんな気分じゃないなって思ったときはカフェの奥のスペースのソファーに深く腰掛けてお店を行きかう人を「何気なく」時々ウォッチングしてみるんです。

 

時々は本に集中したりして珈琲の香りとお好みの本で「ひとりの世界」に浸ってみて!趣味をひとりで楽しむ醍醐味がジワジワと実感できるのがとっても「オツ」なんです。

 

趣味になるモノって身近すぎる?

 

 

自宅にあるもの余っているもの要らないものが趣味の材料になるんです。捨てる前にちょっと一工夫しませんか?

 

手作りいろいろ

 

インテリア用に絵を描くのもアリですよね。文具を集めてしまう傾向がある私はカラフルなペンやノートが使われないまま引き出しの奥に。紙は白以外の黒だとか色紙だってあります。

 

「いつのまにかコレクション」という文具棚が出来上がっていて使ってないのはモッタイナイ!なんて思ったり。文具だけじゃなく包装紙などの紙類に描いてみるのもOK。

 

折り紙の要領で立体的に貼り付けてもステキですよね。

 

アーティスト?

 

小さめの段ボールとか、いただきものの空き箱は、ちょっとした「額」の代わりになります。マスキングテープで、ちょっとアレンジすれば「どこのアーティストの作品ですか?」なんて聞かれたりして。

 

プレゼントの不織布だって通販のクッション材だって「パーツ」として使えそうなものは、どこかにあるはず。捨てようと思っていたものが作品に変わるなんて楽しいですよね。

 

ちょっとした家具やインテリアを捨てる前にもインスピレーションを感じたらリメイクしてみるのもいいものです。

 

手芸作家?

 

リメイクつながりで私がよく作っているモノがあります。もう着ることは無いから処分しようって思うお洋服やヨレヨレになったTシャツでカワイイポーチなんかを作ったりしてます。

 

ちょっと自信作はフリマで売れちゃいそうですよね。あるものだけでほぼ予算無しで作ったけど意外にもお小遣いが得られるかも?期待はふくらみます。

 

ミニマムな生活をしている人の中には常に捨てることが習慣だという人もいらっしゃることでしょう。でも、ちょっと今週は「すぐに捨てずに保留箱へ」入れてみて。

 

休日に自由な発想で作り始めてみませんか?なかなか楽しいですよ。「ひとりの世界」って奥深いな~なんて思ってしまうほどです。

 

描くこと

 

文具つながりになりますけどノートが余っているなら手帳があるなら、きままに日記を書くというのはどうでしょう。イラストなんかも少し描いてみたり最近みた景色を挿絵っぽく描いてみたり。

 

趣味って意外にお手軽で簡単でおしゃれを楽しめるんです。想像力だって知らない間に豊かになっていきそうですね。

 

まとめ

 

超情報社会ですからプライベートな時間って本当に取りづらいです。だけど、あえて「ひとりの世界」を自分自身でプロデュースできたら素敵ですし何より「意識高い!」「女子力高い!」って実感できます。

 

「無料」って怪しいですか?ぜんぜん怪しくないでしょう。どれも今度の休日やってみよう、とかお休み前の夜にちょっと趣味の時間を、なんて軽い気持ちで始められます。

 

時間の使い方が上手になれば、なんだかカッコイイですよね。楽しみながら女子力もあがっちゃうピッタリな趣味を探してみませんか?

スポンサーリンク