2018-10-12

海外ドラマの吹き替え版の魅力3つ!絶対字幕派だったのに?

海外ドラマといえば絶対字幕派という人も存在するでしょう。外国語が話せないのに原産国の言語がしっくりくるから。でも吹き替えの威力に気づいてしまったのです。

吹き替えは同じ日本語で声優さんと言う職業の人によって行われるもの。吹き替えだからこそ表現力を問われるのだとしりました。表現力があってこそスト―リーに集中できる。

海外には実力派と言われる俳優たちが沢山存在します。その演技力に華を添える形で吹き替えが引き立て役となることも。吹き替えによって字幕の世界観よりも深く作品と関われるのです。

絶対字幕派だったのに吹き替えの良さに気づいてしまった過程。このまま絶対吹き替え派になってしまうのか?ある日突然気づいた吹き替えの魅力に迫ってみましょう。

スポンサーリンク

なぜ吹き替え派に理解を示すのか

絶対字幕派は少なくとも私の周囲では多数派。その多数派に向けて誤解のないように、あらかじめ申し上げておきましょう。理由もなく吹き替え派に乗り換えたという簡単なことではなく。

簡単ではないからこそ吹き替えへの理解や魅力を知る長い道のりと、そこに至った深い深い理由が存在するのです。海外ドラマのストーリーを肌で感じることができるのは果たしてどっち?

当然ながら字幕版の魅力だと思っていました。絶対字幕派なのは個性あふれる演技とともに登場人物本人の声と共に味わえることがあるからです。

演じる俳優の声がストーリーのうま味調味料となっているからですね。でも今回はあえて吹き替え版のドラマを観る理由を見つけることができました。

今回見つけたのは5つの魅力。もちろん海外ドラマは字幕版が原則!という気持ちも理解できます。原則を破ってまで観てしまう魅力を見つけてしまったのです。

スポンサーリンク

魅力1 リーガルドラマは現実と理想の境界線

リーガルドラマとは弁護士や法律の専門家が登場するストーリーのことです。当然ドラマの内容は専門用語だらけとなってしまいます。法律関係といえば。

近年の日本のマスメディアに取り上げられることも多々。企業や団体の収支などが問題になり第三者委員会を立ち上げることになった時に登場するのが弁護士の選出。

リーガルドラマを視聴していると国内と海外との法律の差はあるものの非常に勉強になることが沢山描かれています。個人の被害者訴訟など事の大小にかかわらず。

現実世界では弁護士がマスコミの前面に出て対応しています。日常生活のトラブルや困った時の相談窓口もCMなどによって普段から目にすることしばしば。

日本人にとって弁護士との関係は近年特に身近になってきたように感じられます。生きている限り法律に関わる問題にかかわることがあるでしょう。

遺産がある方は生涯を終えても付きまとう問題かもしれません。長引く法律問題こそ1話完結ドラマのように敏腕弁護士とめぐり逢いたいものです。

登場キャラが敏腕すぎる

ありえないような頭脳明晰だったりする登場人物がリーガルドラマの醍醐味。敏腕弁護士が世間にはびこる悪と戦うというもの。やはりネックになるのが専門用語です。

頭脳明晰だと象徴するかのようにストーリーの場面展開はとても早く、思わずついていけないと思うことも。物語を深く理解しようと思うなら吹き替え版でしょう。

物語の根っこの部分には深くココロに傷を負った主人公たちが描かれていたりも。あくまでもドラマという設定でありながらも弁護士である当人自体も傷ついているワケです。

ツライ過去を背負った主人公やサブキャストたちが試行錯誤しながらも毎日目の前に現れる強敵や無理難題と格闘ながら弁護という形でストーリー展開していきます。

弁護士事務所は個人相手でも企業相手でも多忙なのには変わりないという設定になっています。どこの国でも現実にはどうのか比較はできませんが。

ストーリーがテンポ良く進んでいくと問題解決の時の爽快感がドラマ的には圧倒的に強く感じられるからでしょう。無理難題な弁護の依頼が舞い込むほどドラマは盛り上がります。

専門用語が飛び交うリーガルドラマは吹き替えによって物語を登場人物たちと一緒にたどっていくには必要不可欠だと言っても過言ではないはず。

時には国際的に問題になっている環境問題や国際的な企業買収など普段現実にテレビのニュースで見る話題に沿って脚本が描かれているのもポイント。

地球規模の環境問題こそ今目の前にある私たちが現実問題として解決しなければいけない事だったりもしますね。決して他人事だと言えないリアルな世界を描いています。

だからこそ字幕と場面展開を同時に見る事は非常に難しい時があるのです。同時進行で画面の場面展開を追いつつ字幕での解釈に納得しながらという事が可能なら。

無いものねだりというもので、ある程度の外国語は理解できてもさすがに専門用語のやり取りとなると試聴する側もかなりの集中力が必要に。

日本のキャストによるドラマも放送されましたがアメリカでのスタイリッシュなリーガルドラマは特にオススメ。Amazonプライムビデオでは最新シーズンが試聴できます。

プライムビデオで観たいリーガルドラマ「スーツ」吹き替え版シーズン6はコチラ。

Amazonプライムならシーズン1~7まで満喫できます。嬉しい字幕版も見放題!吹き替え版を観てから字幕版を楽しむという方法も可能なのです。

スポンサーリンク

魅力2 ハイスクールドラマは青春と友情に悩む

アメリカのドラマではハイスクールに焦点を当てた学校生活や部活動を通して人が成長する物語が非常に多いですね。吹き替えで楽しく試聴しつつ。

ミュージカル調に仕上げられたドラマは人気曲をアレンジやカバーしながら物語が進んでいくのです。懐かしのナンバーから最新曲まで網羅した本国のアレンジは見事!

人気曲を覚えてカラオケで歌ってみることも出来ますね。時々歌のシーンまで吹き替えバ―ションという物語もありますが、それは大抵お子様に優しい仕様となっているのです。

リーガルドラマとハイスクールドラマに共通するのは、やはり目まぐるしい場面展開。特に女子高生たちのギャル語に対応できるのは吹き替えならでは!

ストーリーの構成と吹き替えのセリフがきっちりと当てはまる瞬間が爽快。日本や他国と比較するまでも無いのがアメリカのハイスクールという学校生活のこと。

生徒の個性が非常にハッキリしているのです。さらに大人に向かって一歩ずつ成長する過程は試聴する側にも貴重な体験となって我が身を振り返る機会にも。

個性が強すぎるキャラたち

個性と言えば女子高生。どの国でも時代の流行の主人公のような風潮がありますね。特に注目したいのは個性あふれるキャラクターのセリフ。

アメリカンな字幕よりも日本語で表現したほうがマイルドで良い意味で深く理解できると思えるセリフがいたるところに散りばめられているのです。

現代の日本でも他国と同じく女子高生が時代の中心となっていると評価されたりしますが。アメリカならではの女子高生らしい向こう見ずで荒いコトバ。

これらが吹き替え版となっているので、とても健全です。やわらかい表現になるという効果もあるでしょう。お子さまと一緒に楽しめるような観やすい作品に。

これは吹き替え版ならではの大きなメリットと言えます。

超オススメgleeのキャストたちが学校で大暴れ?注目のシーズン2をAmazonで吹き替え版を観るならコチラ!

魅力3 ファミリーで楽しめる!シュチュエーションコメディ

最大の魅力と言えるのがファミリードラマ。もう楽しくて仕方がないシットコム仕様がオススメ。純粋に吹き替えを楽しんで観ることができます。

シットコムドラマにはファミリードラマ以外にもジャンルは存在しますが代表的なドラマとしては長年続いた旧作が秀逸。登場するキャラクターの濃さには困惑さえも。

シュチュエーションコメディなので当然アメリカンジョークが中心となっています。字幕版だとアメリカンジョークの翻訳に近寄りがたい印象も。

吹き替えならではの表現のしやすさにウケること間違いなしです。ここでシットコムあるあるとも言える注目の表現ポイントをご紹介いたしましょう。

  • お父さん、お母さんを困らせる子供たちを描く物語
  • 仲良く兄弟や姉妹で住んでいる家で、ハプニングが起こる物語
  • 暗くなりがちな、家庭の事情を明るく描く物語
  • 叔父さんや叔母さんと暮らす、元気な子供たちの物語
  • 世代を超えた大家族で、限りあるスペースを競って過ごす物語

どれも子供が登場するのでニッコリ&ほっこり。ラブコメに近い部分もあります。基本的に子供が考えるイタズラやジョークも吹き替えだから楽しめるという部分が多々。

アメリカンジョークの何たるかがわかる!面白いツボにハマる!ちょっとしたジョークさえ考えなくても手に取るように意味が分かるのが最大の特徴。

海外独自のジョーク

アメリカンジョークに代表するようなコメディにつきもののジョークについては字幕でもある程度は日本の文化に適合した翻訳にはなっているのですが。

ただジョークはお国柄が強てしまうもの。展開に追い付けない時もあるのです。ただしファミリー向けのシットコムは外国語の学習にも使えます。

ですから字幕版を視聴したときのために吹き替え版でジョークを覚えておく対策方法。ファミリードラマの醍醐味を活用しながら吹き替え版でストーリーを把握。

後に字幕版を観た時にアメリカンジョークの何たるかが見えてくることでしょう。現在も海外ドラマのシットコムは健在ですし大変人気が高い傾向にあるのも事実。

あえてのオススメはファミリードラマというジャンルです。老若男女に優しく日常使いもできて安心安全!という面では見習いたいくらいのお手本がたっぷり。

名作中の名作と言える作品フルハウス。長年のファン待望のシットコム復活フラーハウスも登場したくらいです。プライムビデオでも吹き替え版はお手軽に視聴可能。

プライムビデオでシットコム代表!名作フルハウスを視聴してみましょう

まとめ

吹き替えドラマを観る上で外せない魅力がもうひとつ。日本語で個性あふれるキャラを演じる声優さんに魅力があるから。当然といえば当然ですよね。

吹き替え版を観ていると人気の声優さんの声を聞くことが出来ます。さすがに人気があるだけにキャラとイメージがピッタリですよね。同時に人気のドラマで採用ということが多々。

声優さんの魅力

声と役柄とドラマのイメージがピッタリな物語を発見すると嬉しくなります。声優のキャスト担当にハイタッチしたくなってしまうのです。

海外ドラマの吹き替え版の魅力を伝えたい理由は先に記したとおりです。今回ご紹介した物語のジャンルは3つ。共通する点、登場人物のほとんどが早口であること。

吹き替えでも早口だと感じるなら字幕版を観た時にどう思うでしょうか。一度吹き替え版のファンになってみると字幕版を観る時にストーリーを余裕で観察したくなるもの。

ストーリーを支える吹き替え

セリフのひとつひとつがストーリーの展開を支えているのはドラマという構成上必須項目。ということは一瞬の相槌のような一言も逃してしまうともう大変。

字幕では日本人には到底理解できないような言い回しや注釈が必要な内容でも見事に翻訳。そもそも海外の独自文化を訳すのは本当に難しいのだと推測できますね。

どれ程かみ砕いても表現の仕方が非常に困難な言い回しがあるのも事実。文化の違いをも前提に。吹き替えは高度で柔軟な日本語技術が活かされているのです。

日本古来の古き良き文化と柔軟性を活用しているとしか思えません。巧妙なセリフのやり取りが観られるワケです。字幕派でも十分に吹き替え版が楽しめますよ。

スポンサーリンク