2018-11-12

ブログの初心者が悩むことって?サポートを受けてみてわかったこと

拝啓、ブログ初心者を支える先輩方へ。先日とても悲しいことがありました。ブログ初心者を指導するというサポート側の立場上とても大変だとお察しいたします。

しかしながら今回はサポート側の先輩方に読んでいただきたく目的とは違いまして日々増え続けるブログ初心者へのメッセージを発信したいと考えました。

ここに悲しいお話を公開するに至ったのには理由があるからです。ブログ初心者で今後サポートを受けよう!と考えているあなたはこんなことが、今後あるかもしれない、という程度にお読みいただければと思います。

スポンサーリンク

ブログのサポートってなんなの?

私はブログの教室に所属していました。教材を購入した特典として無料サポートが受けられるというものです。その期間が過ぎると個別教室に案内されて入りました。

ブログのサポートの内容

ブログの初心者として教材を購入したのですが、無料サポートが無ければ教科書の内容さえ理解することが難しいと感じた事がネックになったんですね。

サポートの存在はありがたいものでした。有効期限はあるものの個別に質問できるからです。例えば私は以下のような質問内容でした。

  • 書きたいジャンルについてのタイトルの付け方
  • アクセスを狙えるジャンルの記事の書き方
  • 記事が書けない時の悩み相談
  • 記事の添削やアドバイス

特に私の場合はアクセスが狙える定番と言われるジャンルについて書くことが非常に苦手でした。苦手意識から悩みに繋がっていき段々書けなくなったんですね。

「ブログを始める私的な理由って?〇〇だって記事ネタになる!」の記事はコチラから

サポート期間が足りなかった

教材に特典としてついているブログサポートは手厚いものでしたが、短期間だったため有料サポートに切り替えることをすすめられました。

有料サポートには以下のような種類がありました。

  • 有料会員サイトの閲覧権
  • 記事の添削サポート
  • オンライン個別サポート

それぞれにサポートにランクがあって手厚いほどサポート料金も高くなるというものです。全く記事が書けなくて悩んでいたので思い切って個別サポートに申し込んだのです。

手厚いサポートを受けることで停滞気味だったブログを復活すべく質問をする日々に変わっていきました。有料サポートならではの講師からのアドバイスも手厚いものでした。

「ブログ書けない?記事数増えない!悩んでいるのはあなただけじゃない」の記事はコチラから

有料サポートのメリットとデメリット

有料サポートを受けることが受講生にとっては一つのステータスのような感じになるんですね。これは不思議な心理的効果だと感じましたね。

実績のある講師陣とコミュニケーション

メリットだと思ったことは実際にブログで活躍しているインフルエンサー的な存在な人と、直接関わることができることでした。これはお金を支払うことで成立するということですね。

ネット検索しても、なかなかたどり着けない答えを用意してくれることも多々ありました。多角的に添削などで見極めてもらうことで得られる答えでした。

個別にオンライン面談するときには、ブログを中心にコンサルをしながら生活しているという存在感に憧れるとともに、ますます圧倒されるばかり。

受講している講座は所属している講師の先生が複数人在籍していたので、オンライン面談では毎回違う講師の先生と色んな話をすることでストレス解消できました。

結局ブログ書けないのは自己責任

デメリットは残念ながら無いとは正直言えません。それは私自身が思い描くブログの世界とは大幅にかけ離れている思考が教育プログラムに組み込まれていたからです。

  • ブログ以前の精神論
  • どうしても書けないジャンルの教育

せっかくのオンラインで受講できたとしてもブログを書き続けていないと教えてもらうことさえ前に進まないのです。そのことに気付かされました。

ブログが書けない時期に教材を買ったことで、時期的にも書けない状態が続いてしまいお金を支払い続けているのに空虚な気持ちになるしかありません。

ブログを更新していない時期が続いていたのでオンラインで講師の先生と話すのは精神論ばかり。残念なことに私のブログに新記事を投入するまでに至りませんでした。

ブログ講座や教室ジプシー

違和感を感じる度に今回の教材は私に合っていなかったんだと諦めることになりました。それはとても悲しいことです。せっかく見つけたと思ったのに違ったのですから。

購入した教材は一つや二つじゃない

購入はしてみるものの違うと思うと、また探し始めるんですね。人って不思議で何かを探し求める時は一心不乱に集中できるんです。その先に答えが無くても。

性格的に諦めきれないというのも悪いクセだったのでしょう。騙されたというよりも私自身を騙し続けていたのかも知れませんね。いつか良い教材と出会えると信じて。

私が試算した予算が許す限りあらゆる教材を手にしたのですが最終的に出る答えは「諦めよう」でした。本当にブログは向いていないのだと思わざるを得なかったのです。

「ブログで物語を書く?個性を発揮する?最高の手段を見つけるために」の記事はコチラから

落ちこぼれからの復活

ここで改めて訂正すべきは、それぞれの教材が悪いということでは無いのです。教材の質は別にして、手厚いサポートについていけなかったのは事実でしたから。

ブログの方向性を見失う

精神論ばかりのオンライン講座を受けている時には本当に心のこもった声掛けを頂いていました。にもかかわらず、どうしても教材の方針についていけず落ちこぼれました。

ブログの方向性を見失ってしまったんですね。何より悲しかったことは迷路の中にいて叫び続けている私が発信方法を知らなかったということです。

教材との相性もあると断言した講師の先生も現れる始末です。悲しみを怒りで表現してしまったので講師の先生が私をこれ以上は生徒として扱えないと言いました。

ブログ初心者に必要なのは適度な寄り添い

実質100記事書いたら初心者卒業なのか、と言われると違うのではないかと思うのです。初心者だと言う自覚があるならば、いつまでも初心者なのです。

反対に当然のことながら簡単にプロのブロガーだと名乗れるワケはありません。初心者だと自覚がある以上は適度な寄り添いが必要だと感じました。

教材にしてもブログ教室にしても基本的にたった一人で毎日記事と格闘しているワケですから、適度な寄り添いは初心者でなくても必要だと言えるでしょう。

悲しみや怒りを残して教材ジプシーをした後に私に残ったものは経験値でした。経験値は人生そのものです。

「ブログのネタに困ったら?4つのヒントと基本ルール6つで解決!」の記事はコチラから

ブログ講座あるある問題

ブログという世界の入り口って、とてもと~っても広いです。簡単に「いらっしゃいませ」といってくださるんです。さらにはブログ初心者のための講座はズラリと並んでいます。

ブログという入り口に立っただけでネット上で沢山のチラシが配られます。教材やブログ指導、サロンに講座など。沢山の窓口があって迷います。

でも確かなことがあります。何も知らない初心者として、新たなブログの世界には必要不可欠な行先案内人の存在でした。

体調不良とブログの悩み

私はひとつの教科書にたどり着いた時、初心者としてブログを先導してくれる存在には感謝の日々でした。ところが突然ブログの方向性を見失いました。

困っていたので助けて欲しいと伝えました。何度か困った時にはサポートしてもらえたので今回も、と期待をもってしまったんですね。信じていたからそう思ったんです。

悩んで教科書に関係する人に相談するうちに適当にあしらわれていることに気付きました。そして誰も信用できなくなってしまったんです。

同時期に体調も悪化していったので私自身さえも信じられなくなったんです。原因は私自身でもあります。私が自分自身で信用できなくなるようなことを。

涙が出るくらい悲しい出来事だと感じましたが、それは体調が悪化したせいでもあったんですね。

「ブログを始める理由は?ツラい生き方を気楽に切り替えるために書く!」の記事はコチラから

先生に伝えたかった

ブログを指導する先輩はブログ指導方針を決めた先生の生徒です。教科書をつくった先生を中心に指導方針に従ってブログを教える人を一般教員というとらえ方ができます。

その仕組みを理解するまでに、私の場合はかなり時間がかかりました。だからこそ仕組みを知ってからの違和感は簡単にぬぐえませんでした。

教科書に沿ってのみ教えるという方針で教壇に立つ一般教員は、本当にその真意を伝えることができるのでしょうか。質問に答えられないということ自体が証明しています。

本当は教科書通りじゃなくても一般教員ならではの経験論で教えてほしかったんです。教科書に固執しすぎるのも頭打ちになってしまうんです。

「ブログ挫折しそう?対策としての「フィクション」な発想はアリ?」の記事はコチラから

後悔する言動

選んだ教科書との相性が悪かったと言ってしまえば簡単に片付きます。人は感情に動かされるイキモノですから違和感が付きまとうと簡単に割り切れないんです。

教科書に楯突くつもりは毛頭ありませんでしたが違和感がどうしてもぬぐい切れなかったので作者である先生にメールをしました。

ブログの方向性やブログ初心者への一般教員からの指導についてもすべてをぶつけてみたんです。批判ではなく迷ったからこそ思いきってメールをしてみたんです。

メールの内容を含めて全ての行動をすぐに後悔し始めました。私ひとりが教科書の作者にぶつかったところで何も変わるはずはありません。

「マイナス思考から抜け出せない?ネガティブな考え方から抜け出したい時の解決策!」の記事はコチラから

スポンサーリンク

悲惨な末路

自らが、まるで荒れ狂う竜巻の中に身を投じてしまったんです。竜巻の真ん中にいるので、自らを省みることはできません。周りは目まぐるしく情報だけが通り過ぎていきます。

ブログの形、頑張ればあと一歩?

頑張れば、なんとか形になるかもしれない、そう思った時です。要になる質問が山ほどあるにもかかわらず、です。大きな竜巻の中に、飛び込んでしまったんです。

飛び込んだ挙句、得られた答えはショックなものでした。

「今の状況がわかっているのか?いい加減にしてくれ」

その内容に絶句するばかりでした。竜巻という嵐の中にいるわけですから、もう何が何だかわかりません。一週間なんとか一生懸命考えつくしました。でも結局堂々巡りなんです。

結局よくわからないまま行動してしまったんですね。

落ち着きどころのない不安

もう泣きそうです。いや、実際に泣きました。どうしたらいいんだろう、その繰り返しですから。先生に頼りたい!そういう思いが強かったです。

不安は悪い想像にまで発展していきました。期待する気持ちは時間がたつにつれて不思議なことにだんだんと「弱く」なっていきました。

ブログの世界という網にかかった魚

ブログ初心者にとって、正しい指導やサポートは必要です。正しい世界を知ったからこそ思うことがあるんです。「ブログを指導します」という看板を見た者は誘導されます。

ココロや感情に響く誘導を、たくみに駆使してきます。そういう仕組みが横行していることさえ知りませんでした。教育方針が正しいと思うからこその誘導だったと、信じたいワケです。

そして私は「ブログの教材」というエサを食べた魚になりました。

「ココロの闇を見た!果たして最強のアイテムになるのかを模索してみた」の記事はコチラから

行きつく先は孤立無援

とうとう実感するほど追い込んでしまい自分自身を孤立無援にしてしまうなんて信じられませんでした。追い込むというのはブログの記事をひとつずつ完成形にしていくことです。

私にとって大変な作業でした。大変だったからこそフツフツとした何かが嵐を呼んだのかもしれません。荒れ狂う竜巻の中に飛び込む、という狂気の行動に走ったのかもしれません。

本当に良い人ばかりなの?

初心者だと自覚している時は、何かを信じたい気持ちが強い時期です。それほど切実なんです。不安でいっぱいなんです。不安が的中したときの衝撃は例えようがありません。

ブログの教科書があるからと言って、そこは学校でもありません。子供でもなければ義務教育でもありません。習い事は年齢制限がありません。

趣味や特技に磨きをかけるため、習い事を始めます。そして習い事の世界は厳しいこともあるものの、基本的には非常に温和です。

お互いに褒めあう奇妙な世界

「指導する人も、生徒さんもほんとに良い人ばっかりですよ」

教科書に関わる人は口を揃えて言います。その時奇妙な世界を想像してしまいました。同じ方向を向いているマネキンです。洋服店でおすすめ商品を着ている人形のことです。

想像の中で、そのマネキンたちは同じ形でずらりと並んでいます。マネキンには表情がありませんよね。マネキンという商品を着た人たちが手招きしていました。

そう見えるようになったのは、ちょっとした違和感からでした。

一石を投じると追放される?

「初心者が何をわかったつもりでいるの?偉そうに!」

同じマネキンの無表情のまま、それぞれの立場から責められました。違和感を伝えたかっただけなのに、つまはじきです。疑問に思うことを伝える相手を間違えたようです。

大先生にタテツイたと思われたのでしょうか。一石を投じようとしたことが、そんなにいけないことなんでしょうか。非常に情けない気持ちになりました。

同時に、その場から消えてしまいたくなりました。

まとめ

右も左もわからない、そんなブログの世界でした。そういう中で良い経験をしたと思うことにしました。なぜなら救いの手が現れたからです。

あたたかい気持ちで心からの共感をしてくれる存在です。「相性」と言っていた意味は、なんとなくわかるようになりました。もうマネキンの世界には戻りたくないですね。

違和感の世界を知ったからこそだからかもしれません。サポートの存在のありがたみを、しみじみと噛みしめる日々です。

「無料ブログは簡単に作れる!利用者が多くて初心者におすすめ」の記事はコチラから

スポンサーリンク