2019-02-05

ブログのキャラクターを作成してみた!吹き出し用キャラも紹介!

ブログでキャラクター設定を考えることになるとは!まったく想像だにしなかった事態に自分自身でもビックリです。と言いつつも内心は「ブログで個性!」とか考えてました。

個性とか差別化というのは、何事にも共通すること。ひと昔前までは「右にならえ」で、かつ「馴染む」ことが美しいなんて言われてましたっけ。今や個性ありきの時代です。

世の中変わりました~。はい了解!って180度「思考転換」できたら、どんなに良いでしょう。ちょっと憧れた世界「イラスト」を表現することや「個性」にしようと企むしか、ないワケで。

ちなみに本日のアイキャッチは茶柱になりきってみた!という意味を込めてみました。ということで「profile-story」にめでたく導入できました。

運営者プロフィールはコチラからどうぞご覧くださいませ!

スポンサーリンク

キャラクターを作成すると?

キャラクターを作成することで、ブログに変化がおこるんじゃないか?とか期待するんです。マンネリ、とは言わないかもしれませんけどコツコツ作業って本当に根気が必要です。

キャラ作成を考察

流れがイラストじゃなかったら今の状態にならなかったワケですし。ブログ訪問をしているので、もしかすると多少は、どなたかの影響もあるのかもしれません。

影響があったのかどうか考えてみると、ついつい「遠い目」をしてしまって。ちょっと記憶が曖昧過ぎるんですけど、キャラを作成する時考えてみたことは次のような感じなんです。

  • ブログで個性が出せる
  • ごちゃまぜブログでも差別化できる
  • 言語系より視覚系が勝る
  • ブログの方向性が見える

ブログで個性を出すために

ブログという手段で必要とされている要素の一つが「個性」とは本当によく聞く言葉です。「個性」で思いつくのはテレビで観る「タレント」と言われる「個性のかたまり」のような人たちです。

ブログで個性を出すのに文章で勝負!というのは王道ですけど。超弱小だったり残念な「まだまだ頑張ろう」的なブログだと、やっぱり差別化って考えなきゃダメみたいで。

たえこ
そうそう、このブログみたいにね!

早速痛いところを。そんな指摘をされるようでは。でも反論できないので「まだまだ頑張ろう」的ブログ、なのでしょう。コツコツとしか作業ができないのに。

「イラストをブログに活用してみよう!描くことは研究の積み重ねになる」の記事はコチラから

ブログの方向性

ごちゃまぜブログの中で右往左往しています。ちなみにチャレンジできるかも?な要素として、ポイントをあげてみたんですが簡単に言っているように見えるでしょうか?

これがまたわが身のココロが、いやアタマだってイタイ!正統派!的なことを掲げてみたものの、いまだブログの方向性が定まってないような。

「チャレンジできるかも?」というより正直チャレンジしたいんですけど。

経過観察が必要?

キャラクターを作成することで果たして成果はどのように出るのでしょうか。ブログの個性や差別化というものは数値化されるのが一番わかりやすいです。

視覚系で勝負に出る、という考えも通用するのでしょうか。記事を更新しながら自己検証するしかないです。

「ペンタブでイラストを描く?初心者は「安くて便利」から始める!」の記事はコチラから

スポンサーリンク

ブログのキャラって必要?

ブログに登場する「キャラクター」について、いろんな意見があります。オリジナルがいいとかフリー素材を活用するとかココナラに依頼するとか。何が正解なのか。

ある日明らかに混乱している!と気がついたんです。ブログだからって他人さまのブログを、ちょっと意識しすぎているんじゃないか?とか1歩進みかけたら3歩後退したり。

左右されすぎる

ブログ訪問をしていると本当に勉強になります。これは事実なんですけど。「けど」なんです。決して良い影響を受けるとは限らない。なるほど!と思った次の日には違う意見を見たり。

優柔不断なのも「悪いクセ」に作用したみたいで結局「立ち止まってしまう」んです。何をどうしたらいいんだ!?と、アタマがクラクラしてきます。

思考回路も摩訶不思議なもので、めぐりめぐって結局いったん忘れてしまおう!と振り出しに戻り。簡単には忘れられませんけど。でも一度「横に置いておく」って大事なこと。

結局、必要だと思った

  • 必要なのは、吹き出しアイコン?

キャラを設定するというよりも前にやってみたことがあるんです。ブログの「のっぺり」としたイメージから脱出するために吹き出しアイコンの設定をしてみました。

キャラクターは何種類か設定できることは知っていたので早速フリー素材のアイコンを利用してました。まだ記事数も少ない時期でそれでも「抑揚」が必要だと考えたワケです。

可愛さあふれるフリーなアイコン

かわいいんですよねフリー素材のアイコンって。以下の「FLAT ICON DESIGN(フラットアイコンデザイン)」のサイトから、素材を使わせてもらっていました。

FLAT ICON DESIGN-フラットアイコンデザインはコチラ!

魅力的です。本当にかわいいのばっかり。限られた吹き出し用として、どれをチョイスしようか本当に悩みましたから。でもある時「とある記事」でちょっと会話に違和感が。

違和感の原因はなんなのか考えてみました。思い返せば「動物のアイコン」ばかり使用していたんです。かわいいから使いたい!という理由だけでしたから当然のことかも。

キャラと文章の相違

ある記事で吹き出しで会話をちょっと入れてみようと思ったんです。でもちょっと「動物」が会話するには無理があるシーンが出てきまして。

記事の内容的にどうしても「動物」が使えない!安易に決めたのも、いけなかったのだとは思います。ただこんなにも「左右されるものなのか」としばらく立ち直れなくて。

動機は別にアリ?

アイコンを作成したいから「イラスト始めた」ということじゃないんです。とにかくアイキャッチ画像をなんとかしたい!的なところがスタート地点です。

そんな気持ちを綴った記事は下記になります。

ブログ用にイラストを作成する!オリジナルで差別化できるの?

アイキャッチとしてのイラスト、キャラクターの作成は必要だと考えました。吹き出しアイコンについてはしばらく封印していました。記事からすべて抹消してしまったんです。

スポンサーリンク

ブログの吹き出し用キャラクターのこと

ところが!なんです。このブログが記念すべき「100記事」に到達したというタイミングでした。気になることと言えばブログの吹き出しキャラクターのことです。

悩むくらいなら描く?

過去記事の振り返りです。リライトしないとダメダメ記事ばっかりという状態は明らかです。優先すべきは記事の内容であることは重々承知しております。

ですが!アイキャッチのイラストを作成し始めてみたら、なんだか気になるではありませんか。やはりブログの記事というもの流れに抑揚が必要なんじゃないかと。

イラストを作成するために用意した「ペンタブ」です。目の前にあるのに記事を更新しなければ!という気持ちとともに、なんとも言えないムズムズ感。

けんた
悩んでるヒマがあったら、描けばいいじゃないか!

はい、そうなんですよね。おっしゃる通りなんです。

「ペンタブへの憧れ!描いてみたいな明日の夢、未来は予測不可能?」の記事はコチラから

キャラの種類と数の問題

いざはじめてみたら「1キャラ」だけじゃちょっとさみしい。女の子だけじゃちょっと物足りない。

男の子も増やしたら今度はちょっとした表情とか気になってきたり。でも小さなアイコンの中にいろんな記事に対応できるような表情を詰め込むには才能が足りない!

実のところキャラクターを作成する上で基本的な方向性を決めていました。基本というのは「ちびキャラ」のことです。もとい「ちびキャラオンリー」です。

ヘタ絵ちびキャラ?

画力の問題もあるでしょう。だれかさんは「回数を重ね練習すれば、習慣化すればイラストは上達する」と断言されていたりします。デジタルイラスト歴「2カ月」の私が画力を力説できましょうか?

イラストで「美」を追求したい!そんな衝動にかられたりもします。が「美」を追求するのはいわゆる「路線を乗り違えた電車」とでも申しましょうか。

線画という観点から簡単に言ってしまうと細かい線を駆使して描くのは出来れば避けたい!というワケなんです。普通のペンで描ける「2~3頭身くらいのちびキャラ」でお手軽に始めました。

吹き出し用キャラを登場させてみよう

紹介の仕方をいろいろ考えてみましたが結局キャラクターの設定は本人たちに任せてみようかと。

しげる
ちょっとまてって、丸投げするだけして去るなよ!
そのこ
まあまあ、そんなこと言わずに穏やかにいきましょうよ!ねっ
としお
なんだよ・・・キャラ紹介って。そんなことで呼び出すなよまったく

夜中に呼び出したせいか、ご機嫌斜め?といった感じで、あくまで「外から目線」というキャラ設定にしました。ここまで8キャラを吹き出しに使えるように作ってはみたものの。

イマイチな理由は沢山あります。例えば「表情」をつける場合キャラを「増やす」じゃなくキャラの「パターン」を増殖させるというワザなワケで。

キャラ数は多い方が良いの?

8キャラ作ってみたものの登場する場面ごとに8キャラ必要かどうかという意味なんです。まだなんとも判断がつきませんが8キャラも要らないんじゃないかとも思ったんです。

れもん
ちょっと!アタシたちを作っておいて登場させないってワケ?

いえ今回は皆さんに登場してもらいますけど。そもそも「ちびキャラ」にした理由は表情や動きよりもセリフでやり過ごすというか。正直まだ迷いがあるんです。

たける
・・・消え・・・るの?・・・ボクた・・・ち・・・
ケモミ
キャー!・・・オバ・・・ケ?

本当なら表情がポイントだったりキャラごとに喜怒哀楽って必要かもと思いました。でもとりあえずでいいんです。なんとかなるでしょう。

キャラクターの名前問題?

キャラクターに名前ってどうしたらいいんだろう?と思いました。名前を決めるとした。決め方はどうしようどうやってつけよう。キャラがチビキャラで欧米風になってしまいました。

好きなドラマや映画を参考に

海外ドラマとか映画が好きなのでカタカナ名なら読みやすいし無理にキラキラネームとかつける必要もないという流れからそれぞれの名前を当てはめました。

記事の内容に合わない場合はキャラクターの変更や名前を無くしてしまうという方法があることも加味してすすめようかと。あとは立ち位置をキャラ名にしてしまうとかそんな感じで良いと思います。

  • ちびキャラにできること?

ブログの記事での立ち位置は、そのうちに自然に決まってくる「予感」がします。推測ですが。果たしてどうなることやら。いろいろ言いつつも心配していたりします。

番外編:ブログキャラクター化の失敗例?

サイズを完全に意識していなかったという問題が起きました。なんとかアイコン化したかったんですけど。縦はダメですね。タテは。

「マルチーズはイラストでもかわいい!まずはアイキャッチから描こう」の記事はコチラから

もはや単純な計算間違いとは言わないでしょう。完全なるミスでした。

「アイキャッチの画像とは?ブログの価値を上げるオンリーワンになる」の記事はコチラから

まとめ

  • ブログのキャラクターを作成して、個性や差別化を狙ってみる
  • アイキャッチも大事だが、吹き出しキャラも存在した方がいい
  • イラストのキャラクターは、発想した時が作成のとき
  • 吹き出し用キャラは、表情パターンがあってもいい
  • ちびキャラにした場合は、表情や動きより、セリフで自在
  • 名前は、無くてもいい
  • 記事の中に登場させるうちに、キャラが出来上がる予測
  • キャラクターは、配置を考えて作ること
  • タテ・ヨコのバランスを考えること

どこまで活躍してくれるのか、ちょっと楽しみになりました。楽しい気持ちが醍醐味になっていけばステキなブログになっていく予感がします。楽しめるブログ運営こそがワクワク感につながっていくことでしょう。

スポンサーリンク