運営者プロフィール

ようこそ!はじめまして。

 

キラクニ life ハピネスhttps://kirakuni-life55.com/)ブログにお越しいただき誠にありがとうございます。

 

わたくしは茶柱(@chihiro_jessica)と申します。

 

茶柱という人物に興味を示していただき感謝です!

 

 

まずはこのページを見てくださったあなたに感謝申し上げます。記事をご覧になって思われたことを推測してみました。

 

  • どんな人間なの?
  • なんだか妙なヤツ?
  • 何考えて生きてる?

 

あなたに興味をもっていただいたキッカケとしてありがたくお気持ち頂戴いたします。せっかくお越しいただいたのですから精いっぱい「おもてなし」させていただきますね。

 

「茶柱」とは一体ナニモノなのか?

 

 

あなたは好奇心か無意識から起こる興味だったのでしょうか?「茶柱」という名前に注目されたのならお目が高い!「茶柱」はとても縁起がよい言葉。

 

「ダルマ」「招き猫」などと肩を並べるハッピーなワードなのです。あなたの想像どおりでしょうか?

 

縁起物でゲン担ぎ?

 

お察しの通りわたくしは縁起物が好物。縁起物の中でも「茶柱」の存在が特にお気に入りというワケなんです。

 

  • 湯呑の中でプカプカと浮いている
  • 湯呑を持つあなただけに地味にアピールする
  • ホッとするお茶タイムのひとときにピッタリのアイテム
  • 湯呑の中だけでしか起こる小さな奇跡「福」の象徴

 

あなたは「今日もしかすると何かいいことある?」と期待することはありませんか?そんな存在に非常に強い憧れを持っております。

 

「茶柱」一本!の精神でキラクニ life ハピネス と向き合っていきたいのです。

 

「茶柱」の説明だけでは納得いただけない?

 

ハイ!あなたの「おっしゃりたいこと」はよくわかります。わたくしの人物像を教えろ!と・・・。確かに聞こえましたのでこの後ごゆるりとお楽しみくださいませ。

 

ただ人物像の前に「茶柱」というワードに込めた想いをお伝えしたかったのでございます。

 

ブログの中の人「茶柱」について

 

 

お待たせいたしました。ブログの中で「茶柱」と名乗る人についてご説明いたしましょう。生まれも育ちも「山あり川あり海あり」の自然に恵まれた田舎モノです。

 

問題は生まれて物心つくまでに家庭が崩壊したこと。まさにドラマさながらのドロドロの愛憎劇が繰り広げられました。ドロドロの世界は私の青春すべてを飲み込むほど強烈で・・・。

 

現代社会の構造による悲しき運命?

 

自然の中でのびのびと育つはずでした。現実は・・・毎日狭くて薄暗い部屋の隅っこで怯え続ける日々。そんな経験からかホラーな映画に共感してしまうように・・・。

現代社会ならではの「核家族あるある問題」や「世代間連鎖の悲劇」を体験して毎日がドラマのような展開。おまけに目やアタマから星が飛びまくってました。

 

古き良き文化は時に残酷。伝統的な社会と現代の構造の矛盾がもたらしたものとは・・・。被害者ヅラしたいワケじゃないのでここまでにしましょう。

 

ただ大人になって社会勉強をした時に気づいたことは個人レベルで問題を抱えている人があまりにも多い事実。個人レベルなので認識するのってとても難しいんです。

 

大人なのに子供のままでいる人が多いというデータもあるようですね。専門家たちの中にはメディアなどを通じて警鐘を鳴らす方も・・・。そのくらい非常事態だということです。

 

世の中の構造による犠牲を払った人々は認識することなく自らの人生を終わらせたりします。さらに連鎖反応も起こってショッキングホラー並みのレベルです。

 

苦い人生は本当にツラい!なぜ生きているのか意味がわからなくて生き抜く理由も見つからなくて現実を受け入れていました。これ以上同じような被害者を出さないためには・・・。

 

ブログを始めてみて発信する機会をうかがっています。私の経験したことを役立つ情報として・・・。ココロが傷だらけで限界かも・・・そんな時に生きる意味を勉強するチャンスが到来。

 

限定的な発信をする?

 

現段階では大多数に影響する言葉やチカラを持ち合わせておりません。でも同じような立場の人に問いかけることならできそう。過去の私に問いかけるように・・・。

  • 今からでも遅くない
  • 生きることは前に進むことしかできない道
  • 心理的要素の自己実現を目標にする

 

何かを学ぶ時にこんなに苦しい思いをしたことはありません。でも一歩ずつ前に踏み出そうと練習しています。まずは自分自身を実験台にテストを試みています。

 

お絵描きのこと

チャレンジしたこと

ブログ関連

 

確信が持てるまで長くかかりそうです。専門家に寄り添ってもらうからこそ心置きなく練習ができるのはありがたい。時々本当に息苦しくてこのまま別世界に?という瞬間も多々ありつつ。

 

「生きる」をテーマにしたこのブログを充実させるべくホラーな世界だって乗り越えてみせる!という意気込みです。時々こうしてリライトすることでわが身を振り返る・・・。

 

これが意外にモチベーションアップにつながることに気づきました。そうだ!原点に立ち返ろう。1年前・・・いえいえ数年前のわが身に教えてあげたいことが沢山ありすぎて。

 

これって発信していけば良いワケですね。共感ブログに仕上げていこう!しばらく立ち止まっていたけれど一歩をふみだしてみよう。やっぱりリライトって必要です。

 

茶柱の好きなモノ、好きな世界

 

 

きれいな色って癒されますよね。パステルカラーとか・・・。小物とか布とか文房具もちょっとしたこだわりがあったりします。「青緑系」淡く優しい色もイイですね。

 

とにかく好みの色で周囲を固めたくなります。手作りで工夫して作ることは楽しいですし没頭できるので時間を忘れたい時にピッタリ。手先が器用だと言われて喜んだりします。

 

自分自身を癒す必要があったのでアロマを勉強して資格を取得。手作りの香りを作って楽しみながら前を向く練習をしています。今後癒しは必須アイテムになりそうな予感も・・・。

 

動物は「犬派」。真っ白なシングルコートのマルチーズを超愛玩犬として扱っています。「甘えん坊」で「寂しがりやさん」で「かまってちゃん」。三拍子そろうほど甘やかしてます。

 

ペットのこと

 

「ドラマ」「映画」「読書」などのお手軽で楽しめるフィクションの世界も大好物。ジャンルはクスと笑える不思議な世界感が良いですけど選り好みしません。

 

「ハラハラ」「ドキドキ」「ワクワク」「ヒヤヒヤ」「オドオド」な世界にも興味深々。オールジャンルOKです。あえて言うなれば国産より海外製を選んでいるかも。

 

唯一感受性豊かな思春期に「洋画」を映画館で鑑賞したからかもしれませんけど。その頃からなんとなくノートに物語を書き綴っていた記憶がかすかに・・・。

 

表現することの素晴らしさ

 

映画音楽というスケールの大きさに、衝撃で全身に電流が走りました。音楽で効果的に表現される場面に、引き込まれていったのです。同時に、幼少期の音楽経験を、苦手から、好きに変えてくれたことでした。

 

音と楽器のこと

 

フィクションの世界は、大空に描けるようなパステルカラーの世界に憧れます。でも、時々ダークな世界、ビビットカラーな世界を表現したくなります。メリハリのある「物語」を綴ることを夢に描いています。

 

ワクワク、ドキドキ!恋する世界のこと

 

茶柱が味わった苦すぎる人生の世界

 

 

本来なら働き盛り世代・・・のはずでした。普通に企業に入社したものの「働くことはボランティア精神だ」と勘違い。サービス残業も休日出勤も大歓迎モード。

 

とにかくおバカ丸出しで調子に乗って身体を壊しました。それ以来どんどんやせ細っていき周囲からは「太れ!」「痩せすぎ」と。もうパリコレスーパーモデル並みにガリガリくん状態。

 

ギスギス生きていると世の中も歪んで見えてくるので不思議。恋の仕方も少しばかり変わっていたようです。あの頃に戻って私自身を叱ってやりたいくらいです。

 

歪んだ恋愛研究

 

恋愛研究を始めたのは、適齢期を過ぎてからでした。恋愛とは何か、人生に結び付けようと考える日々もありました。でも考える間もなく、嵐のようにモテ期が到来し、過ぎ去っていったのです。婚活、結婚への願望、人生の研究課題は、目の前に山積しています。

 

毎日生き抜くことに精いっぱいで、愚門ともいえる疑問を持ち続けてきました。だからでしょうか・・・出会う人たちから学ぶ機会を逃すことが多かったのです。経験豊富です!などと、口が裂けても断言できません。

 

わたくし自身に問いかけるたびに思うことがあります。結局、人生の修行が足りないのだ、という仮の結論に達するのでした。あくまでも、控えめに「ミドル世代」という言葉を使わせていただきます。

 

ミドルな公開術?

 

何もかも捨て去るに至った経緯や、わたくし自身について大公開中でございます。

 

ライフスタイルのこと

 

お読みいただく際に「!」マークが頭に浮かぶでしょうか?もしや、それは素敵なケミストリーが起こったと言えるのではないでしょうか?人生とは、時には「ピリっと」スパイスも必要なのだと、痛感する日々です。

 

茶柱が、生きてきた世界

 

 

憧れのバブル時代を堪能できないまま、学校を卒業しました。決して真面目でも秀才でもありませんでした。ただ、ごくごく平凡に生きることが、とても大変でした。振り返ってみても、二度と戻りたくない青春時代です。

 

世渡り上手なクラスメイトたちは、学校もプライベートも充実していたようです。いわゆる、バブリーな世界を楽しんでいました。でも、私から見たバブリーな世界は「絵に描いた餅」そのものでした。

 

現実逃避と違和感

 

集団生活を強いられた反動は、いつか起こるものですね。いつしか孤独に憧れ、物語をノートに書き続けることで、現実逃避していました。書くことが習慣になったのは、この時期からだったと記憶しています。年月を経て、ブログを綴っていくことになるとは、知る由もありませんでした。

 

 

社会に出たときには、すでに激動の不況時代に突入していました。社会人として生きるために選んだ手段があります。それは、華麗なる(と表現したいだけの)暗黒の転職を繰り返すことでした。異業種を経験することで、何かが得られるのだと信じていました。

 

ですが、なんらカッコよくもなく、毎日が落胆の日々でした。様々な業界や人間に対して、常に共通する違和感がありました。そして、違和感はやがて確信となっていくのです。

 

悩みについて

 

ハラスメントと呼ばれる世界には、どっぷりと浸かっていた時期があります。それらは、何度も訪れて、その都度とても苦しみました。

 

ズレた感覚と無理な固執

 

「隣の芝生・・・」というだけの理由で飛び込んだ世界もあります。飛び込んだ世界では、必ずひとつ秀でることにこだわり続けました。社会に出て、楽しく生きるという方法があるのに、です。

 

無駄に楽しく生きることに、なんの意味があるのでしょうか。純粋な気持ちで、楽しさと向き合うことを拒絶し続けました。それは、わたくしなりの、歪んだ理由があったからなのです。

 

頼まれもしないフォロー残業を自ら申し出る、ズレた仕事の仕方にこだわりました。休日返上での出勤要請に、引き受けます!と偽りの余裕を装い続けました。時代とともに、職場環境も悪化していく経緯を目の当たりにしました。会社組織の施策問題の渦中に、自ら飛び込んでいくことがクセでした。

そして、もがき、苦しみ、衝撃を受け続けるのでした

 

経験値だけが強み?

 

毎日「酷使」を繰り返すと、やがて感覚がマヒしていくのです。何をもって、自分理論を貫いていたのでしょうか・・・。意味がわからなくなった瞬間に、とうとう、一歩も動けなくなってしまいました。

 

癒しのこと

 

大きな声で、威張れることは、ひとつもないのです。でも、体験談として、備忘録として、記していくことが大切だと考えています。もしかすると、あなたの人生と、思わぬところでリンクするかもしれません。

 

今は、ジャンルの垣根を超えただけの経験値だけです。それだけしか、持ち合わせていないという「思い込み」があるのも事実なのです。考え方を変えることで、思い込みこそが、唯一の強みになれば良しとしましょう。はたして、どうなることでしょう。自らをテストし、絶賛解析中です。

 

当ブログにたどり着いたあなたへ

 

 

何かのご縁で当ブログにたどり着いたあなたに感謝いたします。そして、あなたに思うことが、たったひとつだけあります。お役に立てるようなメッセージを、お伝えすることができれば・・・。それは、わたくし自身の明日への希望となるでしょう。

 

「なんだかドドドーンってキタ」
「シミジミ・・・かな」
「モグモグ、あと引く美味しさ?」

 

何かのご縁で、お読みいただく文章なのです。文中の一節だけでも、あなたのココロに響くような記事作りを心がけます。万が一にでも、奇跡のケミストリーがあったら、とてもステキな事だと思います。ブログを更新しながら、日々執筆できていることに感謝いたします。

 

キラクニ life ハピネス(https://kirakuni-life55.com/)について

 

当ブログは、雑記形式です。過去~現在の経験値を、最大限に活かせれば、という思いがきっかけです。個人の経験値ですから、あえてジャンルを絞らず、雑記形式としています。

 

茶柱一本の、小さな「福」が「ご縁」となりますように・・・。そして、当ブログが「縁起物」となっていくことを夢みて、発信し続けます。

 

ブログタイトルに込めた想い

 

 

ブログのタイトルである、キラクニ life ハピネス そのままの想いがあります。

 

  • 「キラクニ」⇒ 気楽に訪れていただいたあなたに
  • 「life」    ⇒ 人生や日常で起こるさまざまな出来事を
  • 「ハピネス」⇒ 共有や共感を「お福分け」あなたも福をお届け!

 

気持ちを楽にしていただき、目にとまった記事は、どうぞ自由にご覧くださいませ。

 

記事一覧はコチラ ⇒ サイトマップへ

 

茶柱のささやかな願い

 

わたくし、僭越ながら「茶柱」一本の精神ですすんでまいります。あなたに、小さな「福」をひとつでも多く、お届けしたいのです。あなたが今日も、小さなハッピーをみつけられますように・・・。

 

「茶柱-story」への、お問い合わせはコチラまで